2007年03月19日

県道佐野古河線で埼玉入り

070319_0805~0001.jpg
長距離サイクリングのため、特別更新態勢中。

4つの県をまたがることで知られる県道9号佐野古河線を自転車で東進中。たった今、埼玉県に入りました。

ただ、この県道は路側帯が皆無同然で、かつ大型トラックがバンバン通るので、ガードレールで区切られた歩道を通行するのが無難かも知れません。しかし、この歩道は一歩踏み外せば崖下に転落するような代物なので、慎重を要します。
posted by D Slender at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

板倉東洋大前

070319_0749~0001.jpg
今日は長距離サイクリングのため、特別更新態勢中。

東武日光線の板倉東洋大駅前で下りて、KONA Jakeを輪行袋から出して組み立てました。

何故ここで下りたかというと、東武日光線の群馬県最南端の駅であり、かつ快速停車駅だから。

実は、群馬県の地を踏むのは生まれて初めてなのです。
posted by D Slender at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地下鉄銀座線と東武線での輪行

070319_0618~0001.jpg
前エントリの続き。新橋で東海道線を下り、東京メトロ銀座線に乗り換えました。現在、東武伊勢崎線の浅草駅を出発したところ。

地下鉄でも東武でも、幸いラッシュには遭いませんでした。電車も比較的空いているものの、地下鉄の場合、列車自体の幅が狭いことがあり、座席脇に自転車を置くのは気が引けます。着席せずに電車の最前部か最後部に陣取るのが無難かも。

それにしても、先ほどJRの自動改札を抜ける際、自転車を改札機にゴンゴンぶつけながら通ってしまいました。改札通路の幅がもう少しだけ広ければ大変に有り難いのですが、自転車で輪行する人は世間では少数派なので、私の意見は届かぬ想いに終わるでしょう。
posted by D Slender at 06:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KONA JAKEで初輪行

070319_0452~0001.jpg
初電に間に合うように起きられたので、昨年12月に購入した自転車KONA Jakeで初輪行を敢行中。現在、東海道線普通車再前部車両に乗って移動中。混雑してはいないので、自転車をドア脇に置き、自らはロングシートの端に座っています。

初電に乗った理由は、このあと都内の地下鉄に乗り継ぐ予定なので、極力ラッシュを回避するため。それにしても、初電って案外乗客が多いです。ほぼ満席状態(満員ではない)。私が乗っている車両ではほとんどが中高年男性。世間的に、初電に乗る“必要”がある人はこんなに多いものでしょうか?

1時間30分しか眠っていません。のちほど自転車に長時間乗る予定ですが、居眠り運転しないように気をつけます。
posted by D Slender at 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

3月16日の走行距離

3月16日の走行距離
今日の午前中は自転車に乗りました。時間が限られていましたが、買い物がてら16.4kmだけ走りました。ローカルな話ですが、相模川の湘南銀河大橋付近(河川敷通過不可能な区間)の道順を完全に覚え込むのが目的。目的は達成しましたが、やたら北風が強く、河川敷を上流方向に漕ぐのが苦行でした。

話は変わりますが、ここで自分用メモ。昨日も松屋豚めし豚汁セットを食べました。今はFKベーコンエッグバーガーセット(今月4個目)を食べてます。

話をまた自転車に戻しますが、今日のような強風下に1時間足らずで16km走れれば、6時間走れば100km走れそうです。来週の月曜日には時間か作れそうですが、どうしましょう? 天気予報と相談して決めます。
posted by D Slender at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KONA Jakeを輪行袋に収納

私の自転車のKONA Jakeの前輪後輪を外して輪行袋に収納する練習をしてみました。使用する輪行袋は、オストリッチのロード220。シクロクロス車はロードバイクよりもタイヤが太くてゴツいイメージを持っていましたが、ロード用の輪行袋で無問題でした。
ロード220

続きを読む
posted by D Slender at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

3月13日の走行距離

今日の午前中から午後3時頃にかけて、自転車で自宅→実家→自宅を走ってきました。純走行時間は2時間54分16秒で、距離は55.2km。若干遠回りですが、信号待ちや歩道退避が比較的少なくて済む道を選んで走りました。
3月13日の走行距離

ここからはローカルな話ですが、海老名市と綾瀬市の境目辺りにある用田橋の交差点に信号を設置して欲しいものです。私は北東から南西へ走り抜けたいのですが、交差する県道20号線の車の量が結構多く、チャンスを見出すのが困難です。一旦歩道に退避して、少し北にある交差点に回って横断する手もありますが、肝心の歩道が荒れているのが難。歩行者自転車用の押しボタン信号で良いので、付いていると有難いです。

とは言うものの、この近辺で歩行者は殆ど見かけないので、実現はしないでしょうが… ちなみに、この交差点から北東方向に伸びる道は、交通量が余り多くなく、信号がなく、路面状態が良好なので、自転車ではとても快適に走れます。時折存在する細かいアップダウンや急カーブも楽しいです。
posted by D Slender at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

3月12日の走行距離

3月12日の走行距離
今日の午前中は、特に行き先を決めずに自転車に乗り、結局3月6日と同じ場所に行ってFKのベーコンエッグバーガー(今月3個目)を食べてきました。走行距離は約40km。

ここからは、思い切りローカルな話です。

今日の走行のテーマは“可能な限り相模川右岸に近い舗装路を北上する”でした。過去に何度か書いている通り、相模川のすぐ傍を通しで走れる道はありません。湘南銀河大橋付近と、戸沢橋〜ソニー厚木工場の辺りでは川から一旦離れねばなりません。特に湘南銀河大橋付近は、工場が多くて独特の雰囲気を持ち、しかも道が細く入り組んでいるので、慣れないと戸惑います。

あと、あゆみ橋から川沿いに南へ向かう道の辺りは、自転車と自動車のすれ違いでも恐怖を覚えるほどに道幅が狭いにもかかわらず、車の通行量がそこそこ多いのがちょっと嫌な感じです。自転車乗りのエゴを1つ言わせてもらえば、この道は自転車以外一方通行にするのが妥当だと思います。もしくは、どうしてもそこを通らねばならない車以外は通行禁止にするとか(←無茶言ってますが)。

明日は50kmくらい走る予定があります。
posted by D Slender at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

3月6日の走行距離

一昨日3月6日は、早く起きられたら自転車で長距離を往復するか、輪行(公共交通機関で自転車を運ぶこと)して遠い場所に行ってから自転車で戻ってくる計画があったのですが、睡眠の確保を優先すべき体調だと判断し、結局10時頃に家を出て買い物目的の中距離サイクリングをするに留めました。
3月6日の走行距離
ローカルな話ですが、平塚市内某所と海老名駅前間の往復。自転車で行くのは初めての場所。走行距離は34.9km。走行時間は1時間56分50秒ですが、これには目的地で押して歩いた時間も含まれます。ちなみに、行きは国道129号→県道601号の幹線道路コース。県道601号は初めてでしたが、途中の路肩(車道外側帯)が広い区間は相当に走りやすかったです。全ての車道がこんな感じであれば理想的なのに。とは言え、厚木市内中枢部にさしかかると、ごく普通の片側1車線道路になってしまいました。帰りは気分を変えて、極力相模川右岸近くを走るコースに変更。相模川は残念ながら河川敷サイクリングロード(CR)が完全整備されていませんが、一部開通区間は気持ちよく走れますし、CR以外の区間も信号は少なく、私が通ったときは交通量も少なかったので快調に走れました(とは言え、もし交通量が多かったら道が狭い分だけ走りにくくなりそう)。

海老名駅前のショッピングモール「VINA WALK」では、他の一般車に混じって車輪ロック式の駐輪場に駐めました。ドロップハンドルのKONA Jakeは雰囲気的に浮いていますが、気にしません。スポーツ車といえども一般車と同じように駐輪できる方がカッコいいと私は思っているので(この自転車観は少数派かも)。ただ、隣の自転車のハンドルともつれやすいのが気になりました。隣との間隔が比較的空いている装置を見つけて駐輪完了。
駐輪

続きを読む
posted by D Slender at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

3月1日の走行距離

3月1日の走行距離
時系列的には前エントリの続き。結局、本日の自転車での走行距離は47.9km、走行時間は2時間36分51秒、平均速度18.3km/hでした。とりあえず午前中限定で50km近く走れたので、午後3時くらいまで使える日は100kmいけそう。

前回ほぼ同じ道を走ったときに比べて平均速度が少しUPしているのは、タイヤを35C→30Cに交換したことと、走り慣れた道が影響しているような気がします。

ただ、一部工事中か何かで舗装が荒れている区間では、太目の35Cタイヤが恋しく感じられました。私の自転車観ではどんな道でも走れる自転車が好きなので、更にタイヤを細くすることはないと思います。
posted by D Slender at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

Jakeのタイヤを30Cに(他)

自転車KONA Jakeの購入後、パーツを幾つか交換しました。その中から、走行に直接関係する部分をとりあげて見ます。

60mmステム
まず、買ったときに付いていた90mmステムをBBB製のロード用60mm(通販で購入)に交換しました。Jakeは最も小さい49cmフレームでもトップチューブ長(ホリゾンタル換算)が532mmあり(参考:メーカーのpage)、身長163cm程度の初心者である私では少々キツイものがありました(後から知ったのですが、一部の通販店舗では適合身長165cm以上になっていました)。そこで、ステムを3cm短くしてハンドルを近くしました。これで快適。ステムを短くすると理論上はハンドルが若干クイックになりますが、私は気になりませんでした。

MKSプロムナードEZYとZefalハーフクリップ
次に、将来の輪行に備えて、ペダルを三ヶ島のプロムナードEZYに交換。工具不要で脱着できるペダル。プロムナードEZYは、フラットペダルとしては特に不満なく使えます。なお、取り付けの際、肉厚3mm以下の15mmペダルレンチを要することに注意(私は通販で購入)。

更に、ZEFALのハーフクリップを取り付けました。靴のサイズが25cm程度なので、小さいほうのMサイズで丁度良いです。効率良いペダルの踏み位置を常に確保できるのはGood。また、トウクリップやビンディングペダル等と異なり、外すのに失敗してコケる危険性がほぼ皆無なのも安全運転志向の私にピッタリ。ただ、右足をクリップに填めて漕ぎ出した後、左足を填めるには大抵の場合ペダルを裏返す必要があり、少々苦労します。また、プロムナードEZYとの取り付け相性は必ずしも良好ではなく、付属品のみで付くことは付きますが、作業が若干面倒です。

続きを読む
posted by D Slender at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

不定期連載・初心者によるスポーツ自転車入門(1)

はじめに


私がスポーツ自転車のKONA Jakeを購入したのは昨年の12月21日。2ヶ月が経過したところ。まだまだ初心者の私が、初心者の分際で「スポーツ自転車入門」を書いていきます。不定期連載で、全10回くらいに及ぶ予定です。非ヲタ的感性を持つ初心者だからこそ、未経験の方の役に立つ情報が提供できるのではないかと思っています。初心者ゆえに、自転車という乗り物の構造的な非完全性や、自転車業界(輪界)の非合理性を強く感じることもありますが、この手の話題も遠慮なく書く予定です。

なお、「できるだけ速く走りたいのでロードバイクに乗りたい」とか「悪路山道をMTBで踏破したい」などの明確な目的をお持ちの方には、当連載は向かないかも知れません。迷わずにそれらの自転車を購入すれば良いでしょう。

一方「スポーツ自転車ってどんなのだろう」とか「非ママチャリの自転車が欲しいけど何を買えばよいのかな」という類の興味をお持ちの方には、参考になる情報が提供できるかも知れません。

ところで、「スポーツ自転車」とは何でしょう? 人によってはレース目的の自転車のみを「スポーツ車」と呼ぶ狭い定義を採用しているようですが、私はその立場を採りません。当ブログでの「スポーツ自転車」の定義は、以下の2つの条件を満たす自転車とします。
  1. 前傾姿勢で乗ることを前提にデザインされている。長時間乗り続けるためには必須の条件だと思います。

  2. 原則的に前後輪とも工具無しでホイールを外せる(クイックリリース)。自力でのタイヤ交換やチューブ交換が容易にできることは、趣味としての自転車に不可欠だと感じます。ただ、内装変速は技術的にクイックリリースと両立しないので、内装8段車に限っては他の条件が揃っていればスポーツ車だと認めることがある。

また、「シティーサイクル」「ママチャリ」「軽快車」「婦人車」などと呼ばれるもの(日本で最も普及している自転車)は、総称して「一般車」と呼ぶことにします。

§1 貴方にスポーツ自転車は必要ですか?


私は昨年7月から折り畳み小径車「DAHON METRO」に乗っていますし、一般車にも乗ったことがあります。その際に感じた不満は「長距離を乗ると疲れる」ことでした。片道2〜3kmくらいまでなら大丈夫ですが、それ以上の距離では負担。また、特に一般車の場合は車重も最小ギアも重めで、急な坂を上るのも大変。比較的楽に長時間を乗れる自転車が欲しいと思い、スポーツ車購入の検討を始めた次第。

逆に、短距離の移動ならば、非スポーツ車でも十分ではないでしょうか。そもそも、私は一般車は相当に優れたものだと思っています。長距離や急坂を乗るのに向かない(*1)のは確かに短所ですが、前カゴに荷物を積むことを前提に作られた安定性、頻繁に駐輪する際の取り回しの良さ(*2)は一般車の大きな長所です。

よって、自転車を短距離(3km程度まで)の移動にしか使わないというのであれば、ママチャリなどの一般車で十分かも知れません。一方、自転車で長距離を楽に移動したい場合は、スポーツ車の導入を検討する価値があります。

今日はここまで。次回は、もしスポーツ自転車を購入するなら何を選ぶべきかについて、詳しく論じる予定です。


*1 最近では、距離が長くない急坂を上るだけなら電動アシスト自転車が最強だと言えるでしょう。
*2 小回りだけなら小径車が最強レベル

【「初心者によるスポーツ自転車入門」の各回へのリンク】
(1)(2)
posted by D Slender at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

湘南平への坂の斜度

ローカルな話題ですみません。また、間接的に自転車に関連する内容なので、カテゴリを「自転車」とします。

神奈川県平塚市の湘南平(高麗山公園)へ北側から上る道は、自動車や路線バスも通る舗装路であると同時に、自転車乗りの間ではかなりの急坂であることで有名。水平距離が2km足らずなのに、標高差は160mくらいあります。自転車で走ってみた感覚では少なくとも12%以上はありそうですが、残念なことに、道路に勾配表示がありません。

そこで、今朝は斜度を測りに行ってきました。

道具はこれ。東急ハンズ横浜店の工具フロアで購入したシンワ測定というメーカの勾配計です。明らかに道路の斜度計測用ではありませんが、何とかなるでしょう。
シンワ測定の勾配計

計測ポイントは、下の地図のA, B, Cの3箇所です。いずれも、感覚的に急に感じられる所。
湘南平への道

計測の際、道路に這いつくばるような感じで目盛り合わせをする必要があります。下手に怪しまれるのを避けるため、通行人や車が通らないタイミングを見計らって測りました。

繰り返しになりますが、専用工具ではないので数値の正確さは保証しません。また、仮に数値が正確だとしても、他にもっと急勾配の場所があるかも知れません。

では、計測結果を発表します。

A地点では8.4°でした。tan8.4°=0.147…なので、パーセント表示では14.7%
ここは、「湘南平へ1.*km」の大きな看板で左折してすぐ、マンションの前辺りですが、いきなりの12%越え。やはり、掟破りの激坂でした。

B地点では7.2°でした。tan7.2°=0.126…すなわち12.6%
ここは「ありんこくらぶ(特定非営利活動法人)」の前。A地点の激坂区間を過ぎたあと若干緩やかになるのですが、この辺でまた急になるように感じられます。

残りはC地点
posted by D Slender at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

相模川右岸下流

ローカルな話ですが、昨日の午前中は、自転車で近場の相模川河川敷に行って1時間ほど走ってきました。以前にも書きましたが、相模川には自転車道建設計画があるものの、完成予定は2013年で、まだまだ先。川沿いを上流から下流まで通しで走ることは残念ながらできません。しかし、未整備なりの面白さがあります。場所によって河川敷が綺麗に舗装されていたり、逆にダート(未舗装路)だったり、バラエティに富んでいます。

続きを読む
posted by D Slender at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

KONA Jakeにセンタースタンドなど

昨日、私の自転車の1つであるKONA Jakeに幾つかパーツを取り付けました。



続きを読む
posted by D Slender at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

2月13日の走行距離

昨日のサイクリング中に7つほどエントリを書きました。ここでは総括してみます。
070213_1344~0001.jpg
昨日の往復走行距離は64.6km、走行時間は4時間1分13秒でした。帰りは下り基調なのに往路のメータよりも平均速度が下がっているのは何故かというと、県立あいかわ公園内を押して歩いた約20分間もカウントされているからです。押して歩く間はメータをロックすれば良いのですが、メータにそういう機能が付いていることに気づいたのは帰宅後。

押して歩いた分を除外すれば、帰路の方がもちろん早かったです。しかし、ペースがさほど上がっていないと思われる方もいらっしゃるでしょう。まさにその通り。私は下りでスピードを上げるのが苦手。中学の頃、自転車で急坂を下っていてハンドル操作を誤り転倒して手を骨折した体験が影響しています。平均的なサイクリストに比べるとヘタレですが、安全運転第一ですし、高速を追求する趣味はないので、この苦手は敢えて克服しないことにしようと思います。

64.6kmはKONA Jakeでの1日の走行距離としては過去最長。脚はまだまだ余裕でしたが、前傾姿勢が強いタイプの自転車に乗って長時間前を見ていたため、後半は首が痛くて辛かったです。乗り続ければこの痛みは和らぐのでしょうか?

首の痛みさえ克服できれば、時間さえあれば1日に100km超走ることも余裕でできそう。ただ、仕事がある日は時間の制約で無理。仕事が休みの日曜に1日使えば可能ですが、個人的には他の自転車乗りが居ない日に走りたいのです(←超ワガママ)。

ここからはローカルな話になりますが、昨日走ったR421→県道54号→宮ヶ瀬は、神奈川の湘南県央地区から宮ヶ瀬方面に向かうルートとしては、自転車で最も走りやすいのではないかと思います。

距離だけなら、伊勢原から県道64号を通る方が有利になる可能性がありますが、土山峠越えを要します。検索したところ、かなりキツイ峠らしいです。しかも、土山峠の標高は300mを超えるので、宮ヶ瀬湖畔よりも高い所まで一旦上る羽目になります。峠好きの自転車乗りにはこちらの方がお勧め?

苦しいのが嫌いな私は、今後また宮ヶ瀬に行くことがあれば、やはりR421を選びます。
posted by D Slender at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

R412の平山坂

070213_1150~0001.jpg
宮ヶ瀬ダムから平塚方面への帰り道。自転車にとってちょっとした難所であるR412の平山坂を上りきったところ。愛川町と厚木市の境目。平山坂には斜度10%の標識がありました。国道としては急な方。距離が1km程度なのが救い。上りの場合、左側に歩道が設けられているので、そちらを通るのが無難かも知れません。私も途中からは歩道に上がりました。
posted by D Slender at 11:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮ヶ瀬ダム

070213_1038~0001.jpg
宮ヶ瀬ダム。これを見るのが今日の目的の1つ。

なお、県立あいかわ公園の南側入口から入り、公園内の「風の丘」を経由して、ここまで自転車を押し上げてきました。公園内は自転車走行禁止ですが、押して歩くことは十分に可能。
posted by D Slender at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県立あいかわ公園

070213_0951~0001.jpg
一応の目的地である県立あいかわ公園に到着。標高は多分200mくらい。標高差を考えると、30km余りを2時間足らずで来られたのは上出来と言えましょう。R129→R412→県道相模原愛川線というルートは上り基調でしたが、さほどキツくありませんでした。前インナーギアを使ったのは、途中の田代坂と公園直前の上り坂だけで、いずれも短距離でした。少なくともスポーツ自転車ならばさほど脚力が強くなくても大丈夫でしょう。

とは言え、出発は7時少し前だったので、停車時間を含めた総時間では3時間以上かかっています。休憩がてらブログを書いたり、初めての土地なので地図を頻繁に確認しながらなので、仕方ないですよねえ。
posted by D Slender at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。