2007年07月20日

7月19日の走行距離

昨日は、自転車KONA Jakeでサイクリングしてきました。走行距離は101.4km。昨年12月にKONA Jakeを購入して以来、1日の距離が100kmを越えたのは初めてです。
7月19日の走行距離

ルートは、神奈川県南西部の某所→湘南海岸東進→引地川遡上→泉の森緑地→南町田グランベリーモール→境川CR→江ノ島→湘南海岸西進→帰宅、という感じ。まともに走れば100kmを超えないはずが、途中で何度か道に迷ったので大台に乗ったのです(そのせいで平均速度も低めです)。

続きを読む
posted by D Slender at 23:52 | ムンバイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

太平洋岸自転車道(大磯)中枢部

070711_0849~0001.jpg
[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.18.18.24&lon=+139.18.08.71&fm=0
西湘バイパスと見事に平行しています。この区間はアップダウンがやや多め。

私が日本の独裁者だったら、日本の全ての高速道路や自動車道の脇にこのような歩行者自転車道の設置を義務付けます。

雨が降ってきたので帰ります。
posted by D Slender at 08:54 | ムンバイ 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太平洋岸自転車道(大磯)西端へのアクセス

070711_0833~0001.jpg
[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.18.13.98&lon=+139.17.19.61&fm=0
国道1号から大磯町の太平洋岸自転車道へアクセスする入口です。これ以外にR1には看板も立っているので、わかりにくくはないです。
posted by D Slender at 08:48 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太平洋岸自転車道(大磯)西端

070711_0819~0001.jpg
昨日はここまでは来なかったので、今日は大磯の太平洋岸自転車道を東から西に走破してみました。やはりCR途中の切れ目の不部分が道順的に難易度高めです。

今日も天気予報は雨ですが、今は束の間の晴れ間が覗いています。
posted by D Slender at 08:24 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

太平洋岸自転車道(大磯)東端

070710_1726~0001.jpg
[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.18.50.30&lon=+139.19.59.27&fm=0
正面に見えるのは大磯町の太平洋岸自転車道の東側出口。R134の花水川橋の海側にあります。ただ、ここには信号が無いし海側には歩道も無いので、自転車でCRを出て平塚方面(東京方面)に進もうとすると困ってしまいます。その場合、右に見える分かれ道で橋の下をくぐってR134の反対側から出るのが正解。金目川CRにも直結しています。それにしても、初めての人には分かりにくいCRです。

なお、自転車道の東端付近には海砂が堆積している場所が若干あったので要注意。これは海沿いCRの宿命でしょうか。
posted by D Slender at 17:38 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太平洋岸自転車道

070710_1701~0001.jpg
[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.18.44.03&lon=+139.19.38.13&fm=0
大磯の太平洋岸自転車道は、極めて短いことを除けば、とても良いCRだと思います。太平洋と西湘バイパスに挟まれた独特の景観は魅力的です。

今日は小雨が降り続いていますが、敢えて先日購入したMARIN novatoで少々走っています。初の雨天走行です。ディスクブレーキは雨天でも制動力が落ちないことは確認できましたが、タイヤと路面の間が若干スリッピーになると感じるので、やはり普段にも増して安全運転を心掛けています。
posted by D Slender at 17:21 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太平洋岸自転車道の切れ目

070710_1645~0001.jpg
[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.18.38.23&lon=+139.19.14.73&fm=0
神奈川県中郡大磯町にある太平洋岸自転車道の切れ目に来ています。この自転車道を通るのは初めて。うーむ、西湘バイパス(自動車専用道)の側道のような場所に入口があるので、初めてだと非常に分かりにくいです。もしも携電GPSが無かったら見つけられなかったでしょう。

しかも、この自転車道は短いのが残念。西は小田原辺りまで延びてくれれば嬉しいのですが…
posted by D Slender at 17:11 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

MARIN novatoで湘南平

070703_0705~0001.jpg
[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.19.13.73&lon=+139.18.38.14&fm=0

先日購入した自転車MARIN novatoで、神奈川県の有名な激坂の一つである湘南平に上ってみました。曇り時々雨で、展望台から眺める下界は霞んでいて、海もよく見えません。そのため、この景色だけ見ていると北アルプスの山にでも居るような気がして、これはこれで風情があります。

コンディションとしては余り良くないのですが、降雨を自己口実に3回ほど休憩をとりながら上ってしまったヘタレな私。湘南平はいつ来てもキツいです。ここを一度も休まずに上れる心肺能力が欲しいものです。

続きを読む
posted by D Slender at 08:23 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

MARIN novato購入

昨年12月には自転車KONA Jakeを購入しました。結構気に入っているので、当分の間は私のメイン自転車にするつもりですが、強いて不満点を挙げるなら、次の3つです。
1. カンチブレーキなので、雨天時にはブレーキ音が大きくなり制動力が落ちる。
2. ギア比はロードバイク(フロントトリプル)と同じなので、激坂を楽に登れるようにMTB(マウンテンバイク)並みの軽いギアも欲しい。
3. 私の身長ではタイヤサイズ700C(約27.5インチ)のKONA Jakeだとシートポストが殆ど出ないので、シートポストが出た状態の自転車にも乗りたい。

そこで、新しい自転車MARIN novatoを某通販で購入しました。
MARIN novato
販売価格は約56,000円です。比較的雨天に強いディスクブレーキ付き。普通の26インチMTBのタイヤをやや細めのスリックにし、サスペンションを取り払った感じの自転車。上記の3つの不満点は全てクリアしています。なお、普通のMTBを選ばなかった理由は、悪路メインで走る予定が無く、しかも同価格帯のMTBは重い(少なくとも13kg以上)からです。MARIN novatoの重量は、体重計を用いた簡易計測によると11kg強なので、5万円台の自転車としては結構軽量です。

早速30kmくらい走ってみました。

速度面では、やはり700CドロップハンドルのJakeに若干劣ります。タイヤサイズが大きい自転車は惰性で進んでくれる感覚が強くて楽なのですが、26インチのnovatoは少し物足りないです。とは言え、普通に街中を走る分には気になりません。

そういえば、私がフラットバーハンドルのスポーツ自転車に乗るのはこれが初めて。ドロップハンドルと比べて、距離が長めになると手首への負担を感じます。慣れもあるのかも知れませんが、この点ではドロップハンドルの方が良いかな、と思います。エンドバーをつけることで対処しようと思います。

以上のように、長めの距離を乗るならKONA JAKEの方が優れていますが、それ以外は満足です。激坂上りも、より低ギア比のnovatoの方が楽です(とは言え、湘南平クラスの長距離だと低ギア比でクルクル回し続けねばならないので、心肺への負担は結局さほど変わらないわけですが……)
posted by D Slender at 10:31 | ムンバイ ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

6月18日〜19日の走行距離

6月18、19日の走行距離
一昨日と昨日の自転車での走行距離は合わせて60.1kmでした。昨日は仕事が休みでしたが、諸用事のためまとまった時間が取れなかったのが残念です。

070619_1211~0001.jpg
ところで、以前に東急ハンズで買っておいたチェーンクリーナーを使ってチェーンを洗浄してみました。洗ったからといって漕ぎが軽くなるような効果は感じませんでしたが、走行中に脚を止めたときのフリー音が極めて小さくなったと感じました。うーむ、これは素直に喜べません。サイクリングロードなどで前を歩く歩行者に存在を気づいてもらいにくくなるからです。
posted by D Slender at 23:28 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

BELL CITIレビュー


[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.24.34.18&lon=+139.21.55.30&fm=0

6時過ぎに自転車に乗って家を出ましたが、雨が降ってきました。引き返そうかと思います。

これだけでは何なので、ヘルメットのレビューを。
070618_0655~0001.jpg
私は自転車に乗る際に原則としてヘルメットを被っています。使用ヘルメットはBELL(ベル)のCITI(シティ)。その名の通り、街乗りを意識したレーサーっぽくないデザインが私の好みに合っています。比較的安価で、ある程度の軽量と通気性も確保されていて、私のような非レース指向の自転車乗りにはお勧めできます。少々血痕が付着しているのは4月の交通事故の名残。血まみれのヘルメットを見た警察官に「痛そうだね」と心配されましたが、そんな擦過傷より右手指の骨折の方が重大だったわけですが。

070618_0703~0001.jpg
そして、パイザー部にはオプションのフリップミラーを付けています。小さな鏡ですが、少し右を向くだけで簡易的な後方確認ができるので便利です。

なお、CITIの上位モデルのMetropolisなら、付けられるオプションが増えたりするので、予算に余裕があればそちらもお勧めでしょう。
posted by D Slender at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

6月12日の最終走行距離

6月12日の走行距離
ローカルな自転車走行報告エントリです。遅くなりましたが、3日前の最終的走行距離は、メータ上で70.1kmでした。

色々なところを走りましたが、平塚花水橋〜秦野を走るのが主目的でした。その経路をALPSLAB ROUTEに投稿しておきました。花水橋から観音橋までは金目川右岸サイクリングロードを通行し、欠の上人道橋よりも上流部分では右岸から離れて一般道を走ります。

(携電用)

注意点は、観音橋の少し上流地点で一旦川沿いから離れねばならないこと(Alpslabは細い道をサポートしていないので上記投稿では分かりづらいでしょうが)と、欠の上人道橋付近に路面舗装が凸凹な細い激坂地点(この辺)が存在することでしょう。幸い短距離の激坂なので、私は登りも下りも押して通行しました。

何故このルートを走ろうと思ったか。平塚秦野間は県道62号が通っていますが、この県道は交通量多めの片側1車線で路肩や歩道も殆ど無いという、自転車にとって劣悪な環境です。県道を回避するルートの開拓は湘南地区自転車乗りの使命です。
posted by D Slender at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

6月12日の走行距離

070612_1125~0001.jpg
ほとんど初めての道だったので、いつもにも増して慎重に走ったり、時々道を間違えて遠回りしながら40.5kmを走って一旦帰宅しました。

ひとまず、今から昼寝します。
posted by D Slender at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秦野

070612_0856~0001.jpg
[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.22.16.60&lon=+139.13.35.87&fm=0
一応の目的地である秦野に着きましたが、このあと来た道を引き返すのが面倒で鬱です。
posted by D Slender at 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欠の上人道橋

070612_0819~0001.jpg
[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.21.26.41&lon=+139.15.46.96&fm=0
ここから右岸沿いダートを遡上してしまうと行き止まりにハマります。先程ハマってしまいました(泣)
posted by D Slender at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道間違えました

070612_0757~0001.jpg
[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.20.59.07&lon=+139.15.41.46&fm=0
道を間違えて金目川から離れてしまいました。

うう、今日のルートは難易度が高いです。
posted by D Slender at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金目川右岸CRの北

070612_0728~0001.jpg
[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.21.18.82&lon=+139.16.46.16&fm=0
神奈川県平塚市の金目川右岸に居ます。

金目川の下流にはサイクリングロードがありますが、観音橋のところで途切れます。今日のテーマは、CRが切れても可能な限り金目川右岸を遡ることです。

この辺は景色は良好なものの、一部ダートです。太目タイヤを履いてくれば良かった。
posted by D Slender at 07:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五領ヶ台高等学校

070612_0717~0002.jpg
サイクリング中。

交通安全最優先でいきます。

[GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.21.29.16&lon=+139.17.17.93&fm=0
posted by D Slender at 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

6月5日の走行距離

一昨日の自転車での走行距離は84.6kmでした。
6月5日の走行距離

この日は、初めて国道1号線経由で平塚から藤沢に行ってみました。予想通り、茅ヶ崎市内の一部区間は片側1車線で路肩(正確には車道外側帯)が狭いのに大型車などの交通量が多いことが判明しました。こんな状況でも自転車には車道を走る権利がありますが、対向車が多いと後ろから来る車が自転車をスムーズに抜けずに渋滞の原因になるおそれがあるので、車道を走るのは気が引けます。R1の歩道は自転車通行可ですが、「路肩が狭いと歩道も狭い」の法則により歩道も狭いので、歩道通行にも気を遣います。このように、茅ヶ崎市内のR1は自転車には少々厳しい道路。ロードバイク乗りを見かけないのも頷けます。

茅ヶ崎駅に近くなると路肩も歩道も広くなり若干走りやすくなりますが、茅ヶ崎駅前交差点は「左折専用レーンあり+歩道からは横断不能」という自転車泣かせの交差点であることに注意が必要です。

四ツ谷交差点で右折して県道44号に入る予定でしたが、うっかり直進してR1藤沢バイパスに入る寸前まで行ってしまい、慌てて引き返しました。R1藤沢バイパスと言えば、自動車専用道路でないにもかかわらず路肩も歩道も皆無で車が80km/h以上でバンバン飛ばすという、自転車乗りの立場から見ると最低最悪の道路であることで有名。

うーむ、やはり、湘南地区を東西移動するには、海沿いのR134かサイクリングロードを利用する方が無難なのでしょうか……

一昨日のルートのごく一部をALPSLAB routeに投稿しておきました。
ALPSLAB route(平塚→R1→境川CR→大和駅)携電用

その後、境川沿いに南町田のグランベリーモールに移動、その後境川沿いを南下して江ノ島→湘南海岸CR経由で相模川、という私にとってお馴染みのルートを辿って帰宅しました。
posted by D Slender at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

日没後の湘南海岸CR

070605_1915~0001.jpg[
GPS情報URL]
http://walk.eznavi.jp/map/?datum=0&unit=0&lat=+35.18.59.08&lon=+139.23.00.50&fm=0

湘南海岸のCRに居ます。日没時刻を過ぎましたが、完全には暗くなっていません。こんな時間にこの道を走るのは初めてですが、日中よりも歩行者が少なく、しかも雰囲気が良いのでなかなか良い感じ。ただし、街灯の類がないので、完全に暗くなったあとは少し怖いかも知れません。

湘南海岸のサイクリングロードは、景色や雰囲気の面では最上級と言えるかも知れません。路面に積もる砂が無ければ文句なし。とは言え、先々週に行われていた砂掻き作業のおかげで、今日は概ね快適に走れました。

間もなく完全に暗くなりそうなので、そろそろCRを出ます。
posted by D Slender at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。