2006年08月25日

坂東眞砂子さんコラムへの見解

作家・坂東眞砂子さんが日経に掲載したコラム「子猫殺し」に抗議が殺到している件がブログ界で大きな話題になっています。私も見解を書いておきます。

女流作家「子猫殺し」 ネット上で騒然(J-CAST)
坂東眞砂子さん「子猫殺し」コラム、掲載紙に抗議殺到(読売新聞)
騒ぎになっているのは「こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている」という文章ではじまる「子猫殺し」と題されたエッセイ。
 タヒチに住んでいる坂東さんは、家の隣の崖の下の空き地に、子猫が生れ落ちるやいなや放り投げているという。

猫に言葉が話せるなら、避妊手術など望むはずがないし、避妊手術を施すのが飼い主の責任だといっても、それも飼い主の都合。「子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずに済む」。そもそも、「愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。獣にとっての『生』とは、人間の干渉なく、自然のなかで生きることだ」。人間は、避妊手術をする権利もないし、子猫を殺す権利もないが、「飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない」。

「自分の育ててきた猫の『生』の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである」


人間の都合で子猫を殺すのと成猫を去勢するのは同等に残酷、というのが坂東眞砂子さんの主張なわけですな。おそらく、現代日本人の多数はこの考え方に同意しないでしょう。私も、子猫殺しよりは去勢の方がまだマシだと思います。

しかし、坂東さんの考え方がさほど突飛だと思いませんし、極端に残酷だとも思いません。昭和初期以前に遡れば、日本でも口減らしのための「間引き(新生児殺し)」が行われていたという歴史的事実があります(貧困や避妊技術未普及ゆえのやむを得ない選択だったのでしょうが)。非現実的な仮定ですが、坂東さんのコラムが60年前に発表されていたとしたら、抗議する人などほぼ皆無だったでしょうし、反感を覚える人もずっと少なかったと思われます。

文化や時代が異なれば、動物の生命に対する見方も異なるということを思い起こさせてくれるという意味で、坂東さんの主張には存在意義が十分にあると思います。賛同はしないですけどね。
posted by D Slender at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

全日本大学野球の記事の件

野球関連のエントリとみせかけて、実はそうではありません。

大体大が初V/全日本大学野球(日刊スポーツ)
このニュース記事の冒頭だけ引用しておきます。
<全日本大学野球選手権:大体大7−6青学大>◇最終日◇13日◇神宮◇決勝
 大体大(阪神大学)が、青学大(東都大学)の連勝記録を「19」で止め、初の大学日本一に輝いた。阪神としても初。打線が振るい、プロ注目の高市俊投手(4年=帝京)に11安打を浴びせて7得点。守っては、村木健介投手(4年=兵庫星陵)から村田透投手(3年=大体大浪商)の継投で逃げ切った。青学大は9回、吉田勇一郎外野手(3年=桐蔭学園)の3ランで1点差まで詰め寄る意地を見せたが、前半の失点が響き、選手権初の黒星を喫した。


この記事に若干の違和感を覚えました。

続きを読む
posted by D Slender at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

全国のコンビニ利用者への提案

更新に掛ける時間がなかなか取れないので,過去にwww.dslender.comの方に書いた文章を予約投稿で転載しておきます.

続きを読む
posted by D Slender at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

西村博之氏がライブドアに物申す

3日遅れの話題ですが……

ライブドア事件についての様々な識者の声を掲載するライブドア事件ブログ(ライブドアに物申す!)の3月4日付は、2ちゃんねる管理人の西村博之氏が登場していました。他の識者とは一味違う視点が西村氏らしいと思いました。

・「ライブドア事件」について

東証の判断も含めて、世間ではライブドアは有罪という判断が下されているみたいですが、実際に何をしたことでどういう法律に触れたのかというのを具体的に説明できる人ってどれくらいいるんでしょうか?
印象で物事を決め付けてしまうのは、「なんだかわからないけど、ライブドアってすごい」って持ち上げてた人たちと変わらないような気がします。

うーむ、この点では私は少し違う意見です。逮捕容疑については結構詳しく報じられているので、「印象で決め付けて」堀江被告を叩いている人は少ないのではないかと思います。とは言え、東京地検の情報を全て鵜呑みにして良いのかという問題はありますし、「堀江が悪い⇒マネーゲームが悪い」とか「堀江が悪い⇒市場原理主義が悪い」という類の論法は短絡かつ飛躍だと思います。マネーゲームそのものは違法ではありません。この辺はハッキリ区別して論じるべきでしょう。

・「堀江貴文」という人物について

サイバーエージェントという会社が上場したときに、サイバークリックというクリック保障型のサービスをひっさげて上場したわけですが、そのシステムを作ったのは堀江さんだそうです。
技術のこともわかっていて、ファイナンスのこともきちんと勉強していたようで、わりと努力家な部分はあると思うのですが、世間の人はそういう部分は知らなかったりするので誤解されやすい人なんだろうなぁと思います。

確かに、プログラマー・技術者としての堀江貴文をメディアがとりあげることは滅多にありませんでした。おそらく読者や視聴者が興味を持たないと判断していたのでしょう。メディアからの情報だけで全貌を把握できるとは限らないという好例です。

・その他、ご意見・ご指摘等ありましたら、ご自由にご記入ください。

今までどおり、がんばって普通に仕事をしていればいいとおもいますー
>社員の方々

西村氏の個性が最もよく顕れたのがここだと思います。ライブドア社員の皆様がどう感じたか、聞いてみたいところです。
posted by D Slender at 15:40 | ムンバイ 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

葬式での死に顔撮影の件

いかにも多数のブロガーがとりあげそうなマナー関連の話題。遅ればせながら、私も参加します。

念のための前置きを少々。私の個人的見解に賛同されない方も居るかも知れませんが、だからと言って「お前は間違っている」的な文句をつけるのは筋違いです。なぜなら、マナー問題には万人が納得する絶対的正解など大抵存在しないからです。

続きを読む
posted by D Slender at 01:34 | ムンバイ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

朝日新聞の車内広告

朝日新聞の車内広告
職場へ移動中。

電車内で見かけた朝日新聞の広告のコピーが格好良いので引用。
言葉は
感情的で、
残酷で、
ときに無力だ。
それでも
私たちは信じている。
言葉のチカラを。

ジャーナリスト宣言。
朝日新聞

朝日新聞は一部の人から嫌われているメディア。私自身、朝日ファンではありませんが(家では読売新聞を購読しています)、毛嫌いする必要も感じません。是々非々。

ともかく、朝日新聞には様々な中傷などものともせず、ジャーナリスト道を突き進んで頂きたいものです。
posted by D Slender at 13:22 | ムンバイ 🌁 | Comment(1) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

「準強姦」についてのメモ

被害者泥酔「記憶ない」 合意不可能か 京大生強姦事件(朝日新聞)
いま、大きな話題になっている犯罪事件に関するニュース。事件そのものに対しては、特にコメントしません。

次の箇所を読んで、法律の素人である私は少々疑問に思いました。
 集団強姦罪は、2人以上が共同した強姦罪または準強姦罪に適用される。抵抗不能にさせたり心神喪失状態に乗じたりした場合が、準強姦罪に当たる。府警は、酒を飲ませて抵抗不能にさせた上での集団強姦容疑で3容疑者を逮捕しており、立件に合意の有無は関係ないとしている。

相手が抵抗していると「強姦罪」、抵抗できないときは「準強姦罪」が適用されます。抵抗できない状態にしてから犯す方がある意味で悪質だと私は思うのですが、何故か語感を弱めるような接頭語「準」が付きます。

続きを読む
posted by D Slender at 02:35 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

スクールカーストについての雑感

ライブドアニュースの「ファンキー通信」から気になった記事をひとつ。「スクールカースト」なる言葉が存在することを、私は初めて知りました。

【ファンキー通信】学校で階層社会が本格化。人気者バトルロワイヤル?
 実は今、中学や高校などで、クラスが人気を基準としたグループで分断されているというのだ。インドのカースト制に階級のピラミッドがあるように、スクールカーストにも、人気ピラミッドが存在するという。そのグループ分けは、「1軍、2軍、3軍」「イケメン、フツメン、キモメン」など、各学校やクラスによって様々な名前で呼ばれ、各グループ間の交流がほとんどなくなってしまう場合も多い。このような階層の分け方には、「おもしろい」「カッコいい」などの要素が最も重要だといわれている。

 まぁ、昔からクラスには勉強のできる子とできない子がいて、なんとなくグループが分かれていたりしたものだし、これだけを見てみると、さして深刻な問題ではないように思われる・・・。

 しかし、これが人気階層の中の下層者に対するいじめにつながり、不登校やひきこもり、さらには自殺の原因にまでなっているというのだ。いじめに遭う子どもたちは、階層が低いからという理不尽な理由だけでいじめられるため、対人恐怖症や人間不信に陥るなど、心に残る傷も深い。


続きを読む
posted by D Slender at 13:17 | ムンバイ 🌁 | Comment(1) | TrackBack(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

落書きの罪状

先日のモブログエントリ「らくがきするな」で、
他人様の所有物に落書きするのは立派な犯罪(器物損壊)です。

と書いてしまいましたが、ほんの少しだけ事実と異なることに気づいたので、訂正しておきます。

他人様の所有物への落書きは、器物損壊罪か軽犯罪法違反になることが多いそうです。軽い場合は軽犯罪法で、やや悪質な場合は器物損壊という感じ。

たとえば、2002年の神奈川県では、被害届が出された157件のうち、器物損壊罪での検挙が10件、軽犯罪法での検挙が3件だったそうです。検挙率が低いような気もしますが、物証が残りにくい犯罪なので仕方ないでしょうか。
【参考】http://kanagawa21.jp/news/rakugaki/15.html

そして、今日の最高裁で、建物への悪質な落書きに建造物損壊を適用する判断が初めて出されました。
悪質落書き:「建造物損壊」が適用可能 最高裁が初判断(毎日新聞)
 公園のトイレに「戦争反対」などと落書きし、建造物損壊罪に問われた書店員の男性被告(27)に対し、最高裁第3小法廷(浜田邦夫裁判長)は17日付で、有罪とした1、2審を支持し、被告側の上告を棄却した。落書きには、軽犯罪法違反(30日未満の拘留または1万円未満の科料)が適用されることが多いが、決定は、悪質な場合は建造物損壊罪(5年以下の懲役)の適用を可能とする初判断を示した。被告の懲役1年2月、執行猶予3年が確定する。

今までこのような判断が無かったことが少々不思議。

ともかく、落書きはしないようにしましょう。
posted by D Slender at 23:46 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

朝日新聞への浦安市の抗議の件

「朝日新聞が新成人中傷」 浦安市長が社長に抗議文(共同)
 千葉県浦安市は13日、同市が東京ディズニーランド(TDL)で行った成人式についての朝日新聞のコラムが「本市の新成人に対する中傷だ」として、謝罪や掲載に至った経緯などの説明を求める市長、教育長名の抗議文を同社長あてに郵送した、と発表した。

 同紙の10日付夕刊の1面コラム「素粒子」は、成人式について「浦安の新成人。遊園地のネズミ踊りに甘ったれた顔して喜んでるようじゃ、この先思いやられる」とシニカルに書いている。

 浦安市は「新成人が自ら実行委員会を立ち上げ、皆で考えて作りあげた式だったのに『ネズミ踊り』という表現は配慮が足りない」としている。

 式はTDLで約40分間行われ、そのうち5分間程度、ミッキーマウスなどのキャラクターがショーに出演したという。

まずは私自身の見解を。TDLでの成人式に喜んでいるというだけでシニカルに捉えるのは如何なものかと思います(騒いで式進行を妨害するような新成人は叩かれても仕方ないですが)。つまり、この件に関しては朝日の記事を支持しません。

続きを読む
posted by D Slender at 16:32 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

耐震偽装事件・住民責任はゼロだと思う

耐震偽造事件に関して、「住民にも責任がある」という意見が出ているようです。


続きを読む
posted by D Slender at 15:23 | ムンバイ 🌁 | TrackBack(3) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

神奈川県警がネット遺失届開始

一見ローカルなニュースです。すみません。
神奈川県警ポスター
昨夜仕事から帰る途中、某町内自治会の看板に貼ってあるポスターを見て、神奈川県警がインターネットでの遺失届(落とし物をしたという届出書)の受付を開始したことを知りました。

そこで、神奈川県警のサイトに行ってみました。
 神奈川県警/落とし物(遺失物)の取扱いについて
今後万一落とし物をした場合に備えて、一読してみました。路上で遺失物を拾った場合7日以内に警察に差し出さねばならない一方、駅やデパート等の施設内で遺失物を拾った場合は24時間以内に駅員や店員等に差し出さなければならないそうです。へえ、路上と施設内では法律の扱いが違うのか! と一瞬驚いてみたものの、常識的に考えてみるとアタリマエでした。

続きを読む
posted by D Slender at 08:13 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

流行語大賞発表前日

今日は11月最終日。ゆえに明日は12月の初日すなわち、恒例の新語・流行語大賞(公式サイト)の発表日なのです。

候補60語を引用しておきます。


続きを読む
posted by D Slender at 03:58 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

PJニュースの森達也インタビュー

ライブドアのPJニュースで、森達也氏のインタビュー連載が始まりました。

森達也氏はテレビディレクター。「A」「放送禁止歌」などの意欲的で内容の濃い番組を多数製作しています。殊に「放送禁止歌」について、同名の書籍はノンフィクションの傑作だと思っています(このブログ開設前に感想文を書きました)。

連載は全4回で、今日(11/15)が1回目。リンクを貼ると同時に、印象に残るフレーズを引用しておきます。このエントリは後日更に追記します。

メディアに中立性はありえない=森達也氏(1)
メディアに中立性はありえない=森達也氏(2)

以下、印象に残る部分を引用しておきます
posted by D Slender at 11:20 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

死刑制度についての私見

【2012.10.26追記】2005年当時のニュース関連の記述を削除し、死刑制度に対する私の所感部分に加筆する改訂を加えました。【追記終わり】

死刑制度の是非に関する論争が絶えません。世界的に見れば死刑を廃止した国、していない国、復活させた国など、国家や地域によって千差万別。おそらく、死刑をすべきか否かは、絶対的に正しい結論が存在しない問題なのでしょう。

死刑廃止論の概略については、Wikipediaにわかりやすく書かれています。

では、これを機に私自身の死刑制度への考え方を書いておきます。勿論私の主張も万人にとって正しいわけではありません。自分自身にとって最も納得できるというだけです。

続きを読む
posted by D Slender at 12:40 | TrackBack(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

世界遺産で騒いだタレントの件

夕刊フジの芸能ニュースをソースにとりあげるのは珍しいのですが……

吉本タレント、世界遺産で大暴走も反省なし(ZAKZAK)
詳細はリンク先をお読みください。ここでは手短に要約します。吉本興業所属タレント数名が、テレビ番組のロケ中に知床半島の遊歩道で「バカ騒ぎ」していたのを注意した一般人男性に対し、村上ショージさんが「バカ、アホ」と暴言を繰り返したので男性が警察に通報し、最終的に村上ショージさんが男性に謝罪した、というニュース。

さて、私の感想を。

まず、男性が「バカ騒ぎ」を注意したことは好ましくないと思います。公共の遊歩道なのですから、騒ぎながら歩いても法的には何の問題もありませんし、私だったら自分の迷惑にならない限りは全く気にならないでしょう。「自然が豊かで静かな場所でバカ騒ぎするのはおかしい」というのは所詮はこの男性個人のマナー観に過ぎず、万人に通用する意見ではありません。

記事のラスト近く、テレビ局の見解を紹介した部分を引用。
 この騒動に、よみうりテレビは「本人に謝って了解を得た。吉本も放送前に謝って終わった話になってるんですけれども」。原生林でのバカ騒ぎについても、「世間からひんしゅくを買うようなロケはしていないのではないか」とまるで他人事の能天気な態度だ。

批判的な表現で締めていますが、私はよみうりテレビの見解の方に共感できます。

もちろん、村上ショージさんの「バカ、アホ」は恐らく殆どの人が暴言と認めるでしょうから、反省と謝罪に値すると思います。

一方、男性の注意行為も、暴言を吐かれても不思議ではないほどの、ある意味で失礼な行為であると考えます。

以前「マナー違反注意は失礼だ」にも書きましたが、一般に公の場での“マナー違反注意”は相当に慎重に行うべきだと思っています。
posted by D Slender at 01:22 | ムンバイ ☀ | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

災害時帰宅支援ステーション

image/dslender-2005-10-16T00:48:05-1.jpg
まだ帰宅してません。

セブンイレブンって「災害時帰宅支援ステーション」に指定されているんですね!! と驚いてはみたものの、「災害時帰宅支援ステーション」とは何か、全く知りません。「災害時に徒歩で帰宅する皆様を支援します」ってどういうこと?

後で調べて加筆します。

間もなく帰宅。雨はまだ強めに降っています。 (0:48)
続きを読む
posted by D Slender at 14:01 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

小林よしのり『靖国論』感想(1)

先日書いた高橋哲哉『靖国問題』感想に引き続き、靖国問題関連の本の感想です。

続きを読む
posted by D Slender at 16:08 | ムンバイ 🌁 | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

高橋哲哉『靖国問題』感想

先日の旅行中、博多の紀伊国屋で高橋哲哉氏『靖国問題』(ちくま新書)を購入し、帰りの電車の中で読了しました。


本題に入る前に、私の靖国問題に対する基本見解をもう一度書いておきます。

靖国問題というのは、文字通り宗教論争であり、誰の立場から見ても合理的で正しい結論など、絶対にあり得ません。「どのように戦没者を追悼すれば納得できるか」は個々人の感情論でしか語れないからです。靖国支持者が非支持者を論理的に納得させることは絶対に不可能です(逆も同様)。キリスト教の神とイスラム教の神はどちらが正しいか、論理的に結論が出ないのと同じです。

ですから、このエントリのコメント欄も念のためオフにしておきます。議論は無意味だと思うからです。

続きを読む
posted by D Slender at 22:55 | ムンバイ 🌁 | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

携帯電話が鍵になるロッカー

昨日外出した際、横浜市営地下鉄の某駅で「クロスキューブ」というコインロッカーが置かれていることに気づきました。私は初めて見ました。
ポストもついてるコインロッカー
郵便ポストと操作画面が付いています。操作画面を見てみると、荷物を預けたり取り出したりする以外に、他の人に渡したり、郵便局の「ゆうパック」で送ったりできるようです。しかも、携帯電話が鍵代わりで、ロッカーの利用料金は僅か3時間100円。
ポストキューブ画面
試しに荷物を預けてみました。操作画面で「預ける」に触れると、電話番号が表示されるので、その番号に携帯電話かPHSで電話を掛けます(番号非通知はNG)。操作画面が切り替わったら、料金投入口に100円玉を入れて、いずれかの空きボックスに荷物を入れて扉を閉めれば自動的にロックされます。現金でなくクレジットカード等で決済することもできます。荷物を取り出すときもほぼ同様。操作画面で「取り出す」に触れて表示された番号に電話を掛け、画面が切り替わったらボックスの鍵が自動的に開くので、荷物を取り出せばO.Kです。

通常のコインロッカーよりも安価で、鍵を持つ必要が無いところが非常に良いと思いました。操作開始から完了までの時間も大して掛かりません(携電 or PHSを持っていることが大前提ですが)。

さて、このロッカーを作っているのはエックスキューブという会社です。
【関連リンク】エックスキューブのサイトより、クロスキューブクロスキューブとは
現時点では、まだ全国に51箇所しかないのですね。

ところで、携帯電話を鍵に使うということは、ある程度の個人情報が会社に伝わることになります。この点を気にする人もいるかも知れませんが、私は「クロスキューブとは」の次の記述に納得しました。
無差別テロや犯罪などが多発する現在、特に人の集う公共の場に現在のようなコインロッカー設置されていてよいのでしょうか?弊社でもわずか4年間で「拳銃数十丁」「覚せい剤末端価格で4億円分」が発見されています。公共の場で はプライバシーの保護は大切ですが、利用者及びその周辺にいる大衆の安全を確保する必然性がより優先されると考えられます。今後は利用の透明性を把握す ることが、これらコインロッカーの管理者に望まれることであると思います。

結構凄いことがサラリと書いてあります。私としては個人情報の管理をしっかりやってくれればO.Kです。もっと普及して欲しいシステムだと思いました。
posted by D Slender at 02:59 | Comment(0) | TrackBack(3) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。