2005年11月03日

「楽天ミュージックダウンロード」の意義

今、IT業界では音楽ダウンロードサービスがナウい(笑)ようです。あの楽天も11月1日から開始しました。

楽天スーパーポイントサービス戦略を見る「楽天ミュージックダウンロード」(MYCOM PC WEB)
楽天とUSENは、音楽ダウンロード販売サービス「楽天ミュージックダウンロード」を開始した。USENが運営する楽曲ダウンロードなどの音楽総合サイト「OnGen USEN MUSIC SERVER」が、楽天ミュージックダウンロードを通じて楽曲の提供をおこなう。価格はシングル1曲当たり99円、アルバムは500円から。今回の音楽ダウンロードサービス開始は、楽天グループのサービス拡充と、それによる新たな顧客開発がねらい。

むむ、曲のラインアップ等がUSENと全く同じということでしょうか? 比べてみましょう。

「楽天ミュージックダウンロード」ONGEN

同じっぽいです。Pageの構成もそっくり。

ONGENと同様のサービスを楽天で利用する意義は、ひとえに「楽天スーパーポイント」が使えるということらしいです。

なお、同サービスでは、「楽天スーパーポイント」の利用も可能。楽天スーパーポイントは、「楽天市場」や「楽天トラベル」などの各種サービスを利用することでポイントが貯まり(100円支払うごとに1ポイント付与)、楽天市場での買い物の際に「1ポイント=1円」換算で利用できるというもの。9月からは「楽天ブックス」でも、そして今回からは新たに「楽天ミュージックダウンロード」でも利用可能となった。また、ローソン、ANA、TSUTAYAなど各種サービス機関と提携したポイント交換サービスも行っている。


そういえば、楽天は先月のTBSへの統合提案の中でも「番組視聴に楽天ポイントを付与」を主張しています(「TBS・楽天問題への所感」参照)。楽天は「スーパーポイント」をかなり重要視していることがわかります。

ところで、楽天トラベルを何度か利用している私もスーパーポイントを持っているはずですが、一度も利用していない気がします。楽天にとって、私は良き消費者ではないかも知れません。
posted by D Slender at 22:46 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

ドコモ、来年4月以降は最大3.6Mbpsに

私はauユーザですが、少々心を動かされるニュースです。

ドコモ、下り最大3.6MbpsのHSDPAを2006年4月以降に開始(CNET Japan)
 NTTドコモは10月28日、高速通信技術のHSDPA対応端末を2006年4月以降に開始すると発表した。通信速度は当初下り最大3.6Mbpsで、最終的には下り最大14Mbpsにまで高速化させる。

 これは同社代表取締役社長の中村維夫氏が決算発表会の中で明らかにしたもの。端末はデータカードと音声端末の両方を用意する。料金体系などについては明らかにしておらず、具体的な開始時期についても「2006年度前半のできるだけ早い時期」(中村氏)と述べるにとどめている。

個人的に、データ通信カードがどのようなものになるか、興味があります。

現行のP2402F2402は、通信量課金のパケット通信と通信時間課金の回線交換方式とを切り替えて使うことができます。これはauのカードにはないDocomoのメリット。仮に、このメリットを活かしたままで通信速度が最大3.6Mbpsまで達するならば、なかなか魅力的。購入を検討することになるでしょう。

携帯電話の通信速度については、auも来年には3Mbpsを超える予定です(過去記事「au、3.1Mbpsの通信サービスを開始へ」)。こちらも引き続き注目してまいります。
posted by D Slender at 10:40 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

Google日本語版の電卓機能強化

以前からGoogleには電卓機能がついていて、(tan(3π/11)+4*sin(2π/11))^2程度の計算は軽くこなしていたわけですが、このたび、より日常生活に密着した計算が手軽にできるような機能強化が施されました。

グーグルが電卓機能を強化--人生、宇宙、すべての答えは?(CNET Japan)

グーグルは10月28日、電卓機能を強化した。電卓機能は、通常の検索ワードの入力欄に計算式などを入力して、キーボードのEnterキーか検索ボタンをクリックすればその答えが表示される機能だ。

 基礎的な計算から物理定数を使用した複雑な数式までを処理できたが、料理材料の計量や旅行をする際の通貨換算、アパートを探しているときの坪と平米、華氏やマイルなどの温度や距離の単位の換算など、さらに機能を充実させた。

 強化された機能の例は以下のとおり。

「計量カップ」とか「大さじ」はGoogle認定の単位なのですね! ただ、マダガスカルの通貨が使えないのが個人的に少々不満です。

続きを読む
posted by D Slender at 12:17 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(5) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

J-COMがウィルコムと提携

ケーブルテレビのJ:COMに加入している人向けのニュースなので、ある意味ローカルです。すみません。私の自宅が加入しているので、とりあげてみます。

J-COMは、ウィルコムと提携してのPHSサービス「J:COM MOBILE」を2006年3月に開始すると発表しました。

J-COMがウィルコムとPHS事業で提携,固定電話へもかけ放題に(IT Pro)

 J-COMはウィルコムからPHS回線を借り受け,自社ユーザーに向けて提供する。月額利用料はウィルコムの「ウィルコム定額プラン」(月2900円)を基に,固定電話サービス「J:COM PHONE」などのサービス料金に合算したうえで割り引く。具体的な料金は検討中だが2000円台になる見込みだ。J-COMのPHSユーザー同士,およびPHSとJ:COM PHONEとの通話には固定料金を適用する(写真下)。さらに,J-COMユーザーとウィルコムのPHSとの通話もかけ放題になる。

J:COMの加入者にとっては、あらゆる携帯電話サービスよりも割安になりそうです。

ただ、気がかりな点もあります。
端末は,ウィルコムが11月下旬以降に発売予定の新機種を採用。

11月以降発売の新機種とは、9月に発表された4機種のことなのでしょう。これについては、過去エントリウィルコム新型音声端末に書いた通り、個人的にカメラ機能に力不足を感じています。また、今回に限らず、ウィルコムから発売された機種が数ヶ月後にJ:COMブランドで登場するのでしょうから、少々時代遅れ感を伴います。これは仕方がないのでしょうか……

当初は音声通話サービスを中心に売り込むが,将来的にはデータ通信サービスの提供も検討する。

個人的には、データ通信の方を早く実現してほしいのです。その際。ウィルコムの高速定額プランと同等のサービスをJ:COM加入者に割安で提供するプランを熱望します。
posted by D Slender at 22:23 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

How Much Is My Blog Worth?

ブログの値段を査定してくれる外国サイトです。

 How Much Is My Blog Worth?

ブログのURLを入力して「Submit」を押せば、結果があっという間に出てきます。

このブログで試してみました。


My blog is worth $19,194.36.
How much is your blog worth?


現時点で$19,194.36.ですか……って高すぎではないかと。

このスクリプトはTechnoratiのブログ検索エンジンを利用しているそうです。他に幾つかの有名ブログでも試してみましたが、ブログの人気度をかなり忠実に反映している良スクリプトであると感じました。例えば古田敦也さんのブログなんて$1,376,913.06ですよ。
posted by D Slender at 12:31 | ムンバイ 🌁 | Comment(1) | TrackBack(6) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

BlogPetが11月からリニューアル

当ブログのサイドバーにも貼ってある「BlogPet」が、11月からリニューアルすることが発表されました。
KDDI、ブログのマスコットサービス「BlogPet」を大幅にリニューアル(CNET Japan)
 BlogPetは無料で利用できるが、今回は新たに有料の「BlogPetプラチナオーナーズクラブ」も同時にリリースする。このサービスは月額315円(税込み)の会員制で、会員は「BlogPetコミュニティ」を開設できるほか、ペットには他のユーザーのペットが遊びに来られる機能など特典がつく。

SNS的なコミュニケーションですか。私自身は引きこもり属性なのでグループ機能オフで使い続けるかも知れないですが、多くのユーザには受けるのではないかと思われます。

 また、ユーザーの要望が多かったアクセスログの保存期間の延長や、相互のユーザーに閲覧した履歴を残す「ぺたぺた(足跡)機能」と「アクセス解析」の同時使用が可能になる。そのほか、ペットが話す俳句が画像で残る「俳句機能」、占い師監修の本格的な占いなども提供される。

私はBlogPetのアクセス解析機能を現在は使っていません。生ログが見られるのが魅力ですが、決して使いやすいとは言えないからです。でも、機能が増強されるなら再考の余地アリ。それより、個人的には「俳句機能」や「占い機能」の方が楽しみだなあ。
posted by D Slender at 23:54 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

KDDI、「W33SA」などの新製品3種を発表

auユーザとして、一応チェックしておきたいニュースです。

KDDIが、他キャリアに先駆けて、移動体向け地上デジタル放送サービス“ワンセグ”に対応する携帯電話「W33SA」を発表しました。最大5人までのリアルタイムチャットができる「Hello Messenger」という機能も搭載しています。

KDDI、ワンセグ対応の『W33SA』など携帯電話3機種を発表(ASCII 24)

「W33SA」以外にも、PCサイトビューワが売りの「W32T」と、CDMA 1X機でカメラの画素数の高さが売りの「A5515K」も発表されました。いずれも「Hello Messenger」を搭載しています。詳しいスペック比較は次のリンクで。

『W33SA』『W32T』『A5515K』のスペック(ASCII24)

個人的にはテレビを殆ど見ないので「W33SA」には興味を持てません(しかも「W33SA」はカメラ性能がいまひとつ)。リアルタイムチャットにも関心が無いので、私的には今回の新製品はスルー。

ところで、auの新製品は大抵3機種くらい同時に発表されます。各機種によって売りとなる機能が違います。今回も「Hello Messenger」は共通ですが、他の機能は分散しています。全ての機能をフル装備したスーパー端末を作ろうという発想はないのでしょうか? 端末の値段が少々高くても、機能オタクのような嗜好を持った消費者は買うかも知れませんよ。というか、私が買うかも知れません。
posted by D Slender at 14:59 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

読売ニュースポッドキャスト配信開始

今朝の読売新聞で、読売がPodCastでの音声ニュース配信をはじめたことを知りました。

読売ニュースポッドキャスト

毎朝6時更新だそうです。最新ニュースをざっと耳で聴くには良いかも。ライブドアニュースが早い時期からこの種のサービスを行っていますが、大手新聞社が参入する意義は大きいと思います。

ところで、ココログのサービスが使われています。やはり、大手プロバイダのニフティは大新聞社からの信頼が厚いのでしょうか。毎日新聞も10月7日からPodCastを配信していたことに気付きました。
毎日新聞ポッドキャスト
ただし、こちらはWeeklyなので、最新ニュースチェック、という感じにならないのが残念。

聴き方ですが、各エントリの音声ファイルを直接ダウンロードして聞くことも可能ですし、音声配信用のRSSのURL(アイコンになってます)をiTunesなどのポッドキャスティング対応ソフトに登録すれば、番組更新ごとに自動ダウンロードされるようになります。このブログの右サイドバーのRSSラジオにも登録済みなので、よろしければどうぞ。
posted by D Slender at 13:31 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(7) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

http://trans.hiragana.jp/ruby/

つい先程知ったのですが、日本語pageのURIの前に"http://trans.hiragana.jp/ruby/"を付けてアクセスすると、漢字にふりがなをつけてくれるのですね。たとえば、

 http://trans.hiragana.jp/ruby/http://www.dslender.com/hokuto/

一部のレイアウト情報は無視されますが、その辺は大目に見ましょう。「懐かしい」が「ふところかしい」になっているのはご愛嬌ということで。
posted by D Slender at 11:48 | ムンバイ 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

超個性的ツールバー「TEGRET TB2」

最近、GoogleやYahoo!をはじめとして、様々なネットサービスがブラウザ用のツールバーをリリースしています。世の中にあるツールバーを全部インストールして表示した日には、おそらくWeb pageを表示するスペースがなくなることでしょう。

とはいえ、殆どのツールバーは検索機能+自社pageへのリンク+αという感じの機能で、ある意味で似通っています。

ところが、次に挙げるツールバー「TEGRET TB2」は、その「+α」の部分が非常に独創的です。「直子の代筆」「美穂の旅」などのユニークなソフト・サービスで知られるテグレットの製品。

世界中のどのWebページにもコメントやトラックバックを掲載できる!
■ 初心者向け機能
・質問に答えるだけで文書が完成する、「直子の代筆」
・現在見ているHPと関連するサイトの一覧表示!

■中級者向け
・範囲指定してすぐに携帯電話にその内容をメールで転送機能!

■ 上級者向け機能
普通のブログでないホームページに、トラックバックを実現するTB2 トラックバック機能
コメント欄がないホームページにコメントを実現する機能

■ すべてのユーザーが笑える機能
非まじめ人生相談や世界の面白ニュース&コメント

インストールして試してみました。「世界中のどのWebページにもコメントやトラックバックを掲載できる!」とありますが、要するにテグレット社のサーバにユーザのコメントやトラバを表示しているだけで、ツールバーをインストールしていない人は当然ながら見られません。しかも、このソフトはWindows + IE限定なので、ユーザはある程度制限されます。だから、全世界に向けて発信しているという感じはしません。そういう意味では中途半端。とは言え、将来的にTEGRET TB2のユーザが爆発的に増えれば、TEGRETへのトラバが世界的に影響力を持ち得るのですが……あり得ないかな。

ただ、個人的にテグレットという会社の目の付け所が好きです。また、Web版「直子の代筆」は全面的にツールバーに統合されるので、「直子の代筆」のヘビーユーザは当然インストール推奨でしょう。
posted by D Slender at 13:15 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィルコムW-ZERO3は凄い(多分買わないが)

先日のエントリWindows搭載携帯電話発売へで言及した、日本初のWindows Mobile搭載スマートフォン「W-ZERO3」が正式に発表されました。12月下旬発売予定。

続きを読む
posted by D Slender at 09:02 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

ウィルコムのエリア拡大計画

ウィルコムのPHSを他の携帯電話と比べたときの弱点といえば、現時点では
1. 高速移動中に感度が落ちること
2. 地方などで使えるエリアが限られること
の2つが挙げられるでしょう。

しかし、2番目については来年度に解消されるかも知れません。

【特報】ウィルコムが来年度にカバーエリアを大幅拡大へ (IT Pro)
 ウィルコムは10月19日,来年度をメドにカバーエリアを大幅拡大する考えを明らかにした。基地局の増設に加え,変調方式やアンテナなどに新しい技術を採用して1基地局がカバーできる範囲を携帯電話並みに拡張する。


 今年度中には人口カバー率を99%まで引き上げる予定だが,「それでも十分とは考えていない」(八剱社長)として,さらなる拡大を目指す。「人口カバー率を100%近くまで引き上げたうえ,(人口カバー率算出の基準となる)市町村役場の周辺以外でも,十分に使える広いカバーエリアを目指す」(同)。

 基地局のカバー範囲は,ファームウエアの更新で拡大できる見込み。「来年早々には実現したい」(黒澤泉プロダクト統括副本部長)。ただし端末のファームウエア更新が必要なことも考えられるため,現ユーザーへの具体的な対応などは検討中としている。

私はKWINSのデータ通信カード(ウィルコムのPHS網を使用)を使用していますが、昨年の旅行中、離島ではPHSカードが使えず、やむなく通信費が高い携帯電話に繋いでモバイルしたことが思い出されます。携帯電話並みの地域がカバーされれば地方在住の人でも安心して使えるようになり、更にウィルコム需要が増えることが考えられます。

現ユーザへのフォローが現時点で具体的になっていないのが少々気がかりですが、発売予定のスマートフォンの出来次第では、来年度以降ウィルコムへの乗り換えも選択肢に入れておくつもりです。
posted by D Slender at 08:10 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

SNS利用者急増?─総務省調査より

日本のブロガー人口は473万人、SNS登録者は399万人--総務省が発表(CNET Japan)

総務省の調査によると、2005年9月末現在で、日本のブログ登録者は473万人で、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)登録者は399万人とのことです。

半年前の2005年3月末の調査では、ブロガーが335万人、SNS登録者が111万人でした。

前回調査結果が出た当時、関連エントリ「アンチ出会い系サイト」で「SNSの利用者は多いと感じる」と書きましたが、今回も同様の感想です。SNS利用者が急増している印象を受けます。私が依然としてブログの殻に閉じこもっているのに、世間の方がずっと先に進んでいるのでしょうか? というか、私のWeb生活はブログ書きだけで手一杯です。

しかも、2007年3月末にブログ782万人、SNS1042万人になると総務省が予想していることに更に驚き。利用者数が逆転してしまうのですか!

どちらかというと引きこもり属性の私にとって、自分の文章をつらつらと書くだけのブログの方が性に合っているのですが……

果たして、再来年3月には私もSNSに参加しているでしょうか。乞うご期待(って誰も期待しないですよね)
posted by D Slender at 23:35 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

Windows搭載携帯電話発売へ

最近の携帯電話の多くは多機能で、中にはPDAに匹敵するような機種もあるわけですが、ついにWindowsを搭載した携帯電話端末が日本でも発売されるそうです。

Windowsスマートフォン、日本国内で発売へ(日経パソコン)
 発売されるのは、マイクロソフトのモバイル機器用OS「Windows Mobile」を搭載した携帯電話端末、通称「Windowsスマートフォン」だ。

 国内初のWindowsスマートフォン端末は、まず、シャープから提供される見込み。通信事業者はウィルコムになると見られる。マイクロソフトとシャープ、ウィルコム3社の事業提携や、新端末、新サービスの詳細は今週にも発表される予定だ。

 Windows Mobileは、パソコンのWindowsとのデータ連携が行いやすいのが特徴。マイクロソフトが提供する携帯機器用のOfficeソフトなどを搭載することも可能で、今年8月には新バージョンの「Windows Mobile 5.0 日本語版」の提供が開始されたばかりである。

かつてのWindows CEのPDA以上の機能が携帯電話で実現するならば、相当の需要が見込めると思われます。通信事業者がウィルコムというのも楽しみ(Docomoなどに比べて通信費が抑えられる?)

今週末に全貌が明らかになり次第、詳しく評価してみたいものです。
posted by D Slender at 01:43 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

Yahoo!エリア検索(β)

Googleの地域検索サービスのβ版「Googleローカル」については、10月7日のエントリ「Googleマップとローカルが統合」でレビューしました。

そして、Yahoo!も同様のサービスへ参入してきました。
ヤフーが地域情報検索サービスに参入--地図の移動はマウス操作(CNET Japan)
 ヤフーは10月11日、日本国内の店舗や施設を地名や駅名などの場所を指定して検索できるサービス「Yahoo!エリア検索」(ベータ版)を公開した。

 検索窓は、地名や駅名、目的地の郵便番号などの「場所」を入力する欄と、施設の名称や種類などの「キーワード」を入力する欄に分かれている。検索した場所は自動的に履歴に残るので、場所の入力欄の横にあるボタンをクリックすると履歴を表示できる。

早速「Yahoo!エリア検索」(β)を試してみます。Googleで試したときと同様、「佐世保」「バーガー」で検索してみました。
うーむ、現時点では8件のみ(しかもモスバーガーが重複)。名店「Bigman」もヒットしていません。β版とは言え、少々物足りない出来になっています。
yahooローカル画面
優れている点もあります。たとえばヒットした施設のリンクをクリックすると、すぐに住所や周辺地図が表示されるのはGood.

Googleの検索結果で20件以上(ただしハンバーガー屋さんでないものも含む)ヒットしたのとはかなり違います。

GoogleとYahooとでこれほど結果が違う原因は、CNETの記事中の次の部分に暗示されています。
検索対象は、Yahoo!電話帳の企業情報やYahoo!グルメの飲食店情報、Yahoo!地域情報のレジャー施設、Yahoo!ムービーの映画館情報、Yahoo!ヘルスケアの病院・診療所情報など約900万件だ。

なるほど。Yahooの方は登録された施設の情報しか表示されないわけですな。一方、Googleの方は、Webを可能な限り検索してハンバーガー屋らしきもののProfileが見つかり次第、片っ端から表示している感じでしょうか。通常のWeb検索エンジンにおける個性の違いがそのまま反映している感じです。

やはり、現時点ではノイズも含めて根こそぎ拾ってくれるGoogleの方が、私にとっては実用的。とはいえ、両者ともまだベータ版。正式版稼動まで、両者が切磋琢磨して機能や精度のアップに励んでくれると嬉しいです。
posted by D Slender at 09:53 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Macromedia Studio8発売

マクロメディア「Studio 8 日本語版」はケータイやビデオなどに注力--RSSもサポート(CNET Japan)
マクロメディアは10月12日、「Macromedia Studio 8 日本語版」の販売を開始した。Studio 8 は、Flashのオーサリングツール「Macromedia Flash Professional 8」とウェブオーサリングツール「Macromedia Dreamweaver 8」、ウェブグラフィックツールの「Macromedia Fireworks 8」、ウェブコンテンツの更新ツール「Macromedia Contribute 3」、コンテンツをFlash文書やPDFに変換できる「Macromedia FlashPaper 2」の5つのツールが統合した製品だ。

私は「Macromedia Studio MX 2004」のユーザです。「Studio 8」にアップグレードするべきか、せざるべきか、迷っています。アップグレードは5万400円ですか…… 実はMac用とWindowsと2ライセンス持っているので、両方アップすると10万越え……

私の場合、Web作成ソフト「Dreamweaver」を最も多用するので、新バージョンでどのように進歩したかが最も気になるところ。CNETの記事の2ページ目から引用。
 一方、Dreamweaver 8では、デザインビューを使ったXSLT開発で、RSSフィードなどのXML形式のデータをドラッグ&ドロップでウェブページに統合できるようにした。関連ニュースサイトのヘッドラインをトップページに表示させるようなことが可能だ。フィードはRSS、Atomともにすべてのバージョンに対応している。コードビューではXMLとXSLTをサポートする強化されたコードヒント機能が利用できる。

これって、RSSを提供するブログやニュースサイト等の見出し表示をDreamweaverだけでできるということでしょうか? だとしたら素晴らしいと思います。

 また、CSS機能が1つのパネルに集約され、視覚的にCSSを管理可能になった。CSSレイアウトを視覚化できるので、上級者でなくてもCSSを使った複雑なレイアウトをデザインビューで確認したり、編集したりできる。

CSS対応が更に強化されたことも歓迎。

欲しくなってきました。Dreamweaverのみのアップグレードだと25200円ですか。どうしましょう。依然として検討中です。
posted by D Slender at 09:23 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

Olympus Voice-Trek Vを私的評価する

私はRIO SU70という携帯音楽プレーヤーを所持しています。しかし、音楽鑑賞には使わず、専ら、付属ボイスレコーダーを用いての音声ブログ収録に利用しています。メーカーの想定外の使い方といえましょう。既にメーカーは撤退済みですが…(参考:Rio販売終了

逆に、ボイスレコーディング機能が主で音楽再生が従であるような製品が10月28日にオリンパスから発売されます。Voice-Trek Vシリーズの新製品、V40とV50です。

オリンパス、WMA/MP3音楽再生、USBマスストレージクラス対応のICレコーダー発表(MYCOM PC WEB)

私個人の興味は、V40もしくはV50を音声ブログ収録マシンとして使えるかどうかです。MYCOM PC WEBのpageではよくわからなかったので、オリンパスの公式サイトに行ってみました。
オリンパス〔Voice-Trek V-40 V-50 TOP〕
オリンパス〔Voice-Trek V40 V-50 主な仕様〕

検討の末、購入を見送ることにしました。次の2点が引っ掛かったからです。
1. 録音された音声の記録形式がWMAなので、パソコンでMP3に変換しないと音声ブログ(Podcasting)サービスにUPできません。
2. 電池は単4アルカリ。エコロジー的に考えても、ここは充電池の方が良いかと。USB経由で充電できればなお良い。

とは言え、音声ブログ収録がメインである私のようなユーザは希少。良い点も数多くあります。なかなかの小型軽量。「連続再生」「リピート再生」「早聞き、遅聞き再生」「インデックス機能」などの充実した再生機能は、さすがICレコーダーをメインとした機械だけあります。スタンドアロンのボイスレコーダーとしては優れていると感じました。
posted by D Slender at 12:21 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Googleマップとローカルが統合

グーグル、「Googleローカル」と「Googleマップ」を統合
(CNET Japan)
グーグルは10月6日、地域情報サービス「Googleローカル」と地図情報サービス「Googleマップ」を統合させたと発表した。サービスのブランド名は「Googleローカル」に統一される。

 両サービスの日本語版は2005年7月に開始し、それぞれ別のURLで提供されていた。サービスの統合により、GoogleローカルもしくはGoogleマップのいずれかのページにアクセスすれば、従来のGoogleローカル機能であるお店やサービスを検索するための検索ボックスと、Googleマップ機能である地図検索用の検索ボックスの表示がワンクリックで切り替えられるようになった。

おお、「Googleローカル」にアクセスすると、従来の「Googleマップ」と同じ地図が初期表示されます。これなら、「Googleマップ」中心のユーザの使い勝手を損なうことはないでしょう。なお、検索ボタンの右横の「地図を検索」「お店やサービスを検索」をクリックすれば、それぞれ従来の「Googleマップ」と「Googleローカル」の機能に切り替わります。

試しに「バーガー」「佐世保」で検索してみました。
Googleローカル
店の名前をクリックすると、即座に地図に反映するのがいい感じ。

2つのサービスが統合されたことで、使いやすさは進歩したと思います。まだβですが、今後、地域情報検索にはまずコレを使ってみよう、と私に思わせるだけの出来です。
posted by D Slender at 02:03 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(4) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

Yahoo!検索がロボット主体に

昨日のニュース。うっかり書き忘れていました。

ヤフー、予定どおり検索結果ページをロボット主体にリニューアル(CNET Japan)
 ヤフーは10月3日、予定どおりウェブ検索サービス「Yahoo!検索」を「Yahoo! Search Technology(YST)」によるロボット検索の結果を優先して表示する仕様にリニューアルした(関連記事)。

 これまでのYahoo!検索では、Yahoo!サーファーがカテゴリに分類して登録したサイトを検索する「カテゴリ検索」と、YSTがウェブを巡回して関連サイトを検索する「ロボット検索」による検索結果を一覧で表示してが、今回のリニューアルでロボット検索を中心とする表示に切り替えた。カテゴリ検索の結果は、タブで切り替える。

 リニューアルした検索は、これまでの日本語と英語に加えて、37言語のウェブサイトを検索できるようになった。さらに、英語ページに加え、中国語と韓国語のページも、日本語に翻訳して表示できる。

私の場合、数ある検索サイトの中で最も頻繁に利用するのはGoogle(ロボット型の代表格)です。他と比べてヒット数が多く、根こそぎ拾ってくれる安心感があります。

しかし、Googleが拾わずにYahoo!が拾うpageも確かに存在します。だからYahoo!も時には欠かせません。

Yahoo!登録サイトを優先表示しないという方向性には賛同します。ただ、ロボット主体にすることで万一Googleと大差なくなってしまったら存在意義が減じるでしょう。Googleが拾わないpageを拾いつつ、より多数のpageがHITするような改善が望ましいと思います。
posted by D Slender at 22:29 | ムンバイ ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

ウィルコム新型音声端末

以前「「京ぽん」後継機種はカメラ無し」に書いた通り、カメラ機能を強化すればウィルコムのPHS音声端末はもっと人気が出るのではないか、と私は思っていました。

さて、昨日、ウィルコムがPHS音声端末の新機種を同時に4機種も発表しました。

Java、Bluetoothも ウィルコム新型端末の狙い(ITmedia+D)

記事の中ほどの図などから判るとおり、4機種とも、PCサイトを閲覧できるフルブラウザを搭載し、POP/SMTPメールを送受信できます(個人的にこれが魅力)。ただ、写真付きモブログを多用するブロガーである私としては、カメラが最高でも130万画素なのが残念。現在使用している200万画素の携帯電話の代替にはなりません。ここがクリアされていれば多分購入に踏み切っていたでしょう。ウィルコムさんはユーザを一人獲得し損ねたことになります。そもそも、私のようにブログ投稿メインのユーザはターゲット外なのでしょうが…

そんなわけで購入しませんが、4機種の中から強いて私好みを1つ選ぶとすればWX310SAです。ICレコーダが付いていて、音声ブログ収録に使えるからです。
posted by D Slender at 08:06 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。