2005年12月28日

オリコンのCM好感度ランキング

年末ネタ。テレビを殆ど見ない私がとりあげるのも何ですが…

発表!『2005年 年間テレビCM好感度ランキング』!(ORICON STYLE)

オリコンの独自アンケートです。結果だけ抜粋しておきます。

高校生部門では
1位:大塚製薬『ポカリスエット』*
2位:アイフル『どうする?アイフル』
3位:サントリー『DAKARA』*
4位:ブルボン『ブルボンガム』*
5位:キリンビバレッジ『午後の紅茶』*

F1層(女性・20才〜34才)とF2層(女性・35才〜49才)編では、
1位:アイフル『どうする?アイフル』
2位:そんぽ24損害保険『自動車保険のそんぽ24』*
3位:NTT東日本『フレッツ光』
4位:キリンビバレッジ『午後の紅茶』*
5位:サントリー『DAKARA』*

なお、私の印象に残っていないCMには*をつけてあります……って殆どじゃん。

面白いことに、オリコンアンケートでランクインしたCMと、CM総合研究所によるCM大賞「10傑」に選ばれたCMとは、一つも重複していません。今年は、専門家にも一般大衆にも受けて、更に私のようなテレビを殆ど見ない人間の印象にも残るような大傑作CMに乏しい一年だったのかも知れません。
posted by D Slender at 16:33 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

本田美奈子さん追悼番組

今日の21:00〜22:52に、フジテレビ系列で本田美奈子さんの追悼番組『金曜エンタテイメント追悼特別企画「天使になった歌姫本田美奈子〜夢と闘いの38年」』が放映されます。

放映まであと約2時間30分。関心をお持ちの方はお見逃し無く。私はその時間帯は仕事ですが、録画予約を済ませてあります。Gコードは347055ですよ。

帰宅したら見ます。視聴後、このエントリへの追記の形で感想を軽く書く予定です。
(12/16 18:30)

続きを読む
posted by D Slender at 09:30 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

横田めぐみさんの絵に思う

当ブログでも拉致問題を扱うようになったのか、と思われそうなタイトルですが、そうではありません。あくまでも芸能ネタが主です。

有名ブログ「ザイーガ」さんの先日のエントリ
 【画像】横田めぐみさんが拉致される直前に描いたアルフィーの高見沢
で、北朝鮮拉致被害者の横田めぐみさんが描いた高見沢俊彦さんの絵のTVキャプチャ画像がUPされていました。「ザイーガ」では、「これ、高見沢に見えないんですけど」という論調。

私は、それとは異なる感慨を抱きました。少々書いてみます。

続きを読む
posted by D Slender at 12:36 | ムンバイ 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

CM大賞「10傑」

テレビを殆ど見ない私がこのニュースをとりあげるのも何ですが、年末ネタということで。

CM総合研究所によるCM大賞「10傑」が発表されました。
[CM大賞]今年の代表作品10作(毎日新聞)

まずは10傑を引用。
インテル:企業イメージ:サボテン編
江崎グリコ:ポッキーチョコレート:お見合い編
NTTドコモ:携帯電話:新キャラ登場編
大塚製薬:オロナミンCドリンク:もしも私が校長先生なら編
シャープ:エコロジーライフ:アクオスと家族編 キャンペーン
ダイハツ工業:ムーブ:ヒーローインタビュー編
東京海上日動火災保険:「トータルアシスト」:自動車サッカー編
日本民間放送連盟:CMのCMキャンペーン:腹話術編
ライフ:ライフカード:カードの切り方が人生だ〜出会い編
ロッテ:グリーンガム:スポーツを応援マリーンズ編

繰り返しになりますが私はテレビを殆ど見ないので、以上のようにアッサリ書かれても映像が思い浮かばないCMが大部分。実際に未視聴のものも含まれるかも知れません。

そんな私でも、インテルの「サボテン編」だけは鮮烈に印象に残っていて、内容もハッキリ覚えています。初見の人にも的確にメッセージを伝える力を持っているという意味で、企業イメージCMの傑作ではないかと思います。
 10傑の一つ、インテルの企業イメージ広告は、裁判長が突然歌い出す「裁判長編」など4作品が今年、放映された。なかでもサボテン編は、女の子に電話をする男の子にサボテンが針を吹き付け「あいたい!」と言わせ、デートに成功させるストーリー。アピール度が高かった。


その他には、日本民間放送連盟の「CMのCM」はかろうじて映像が思い浮かびます。

ところで、CMに贈られる賞としてはACC CM FESTIVALも有名ですが、こちらは既に9月に決定済み。しかも2004年7月から今年の6月までに製作されたCMが対象なので、年末に1年を振り返るには相応しくないのが難点です。
posted by D Slender at 22:31 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

本田美奈子.さん追悼番組について

昨日、ワイドショーやスポーツ紙などで一斉に報じられていましたが、11月9日に亡くなった本田美奈子.さんの追悼番組が、12月16日の午後9時からフジテレビ系列で放映されます。

本田美奈子.さんの追悼番組…フジで16日午後9時から(サンスポ)
番組では、病室での写真や肉声テープが公開されるそうです。サンスポで使われている写真を見て感じたことが一つ。明らかに見られることを意識して撮られています。タレントとしてのプロ意識を感じます。当然ながら、復帰できることを信じていたのでしょう……

12月16日当日は、忘れずに録画予約せねば。
posted by D Slender at 08:55 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

紅白歌合戦の出場歌手決定

第56回 NHK紅白歌合戦 出場歌手決まる(公式サイト)

今年の大晦日の19:20から放送されるそうです。

私は「PRIDE男祭り」を見ることにしているのでどうでも良いのですが、次記事との絡みもあるので、一応リンクだけ。
posted by D Slender at 07:24 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

漫画家・御茶漬海苔さん

ライブドアの今日の「デイリー4コマ」に載っている作品
 「PxOシリーズ 65歳法」
が私のツボにハマりました。面白かったです。究極の少子高齢化対策。うーん、とてもブラック。

これを機に、作者の御茶漬海苔さん(すごいペンネームだ)がどんな人なのか興味が少し湧いたので調べてみました。ご本人のサイトがすぐに見つかりました。
 御茶漬海苔の館
なるほど、ホラー漫画畑の人ですか。私はこの分野の漫画に馴染みはないのですが、実写ホラームービーの監督も手掛けていらっしゃるとのこと。機会があれば観てみたいです。

posted by D Slender at 00:51 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

ユーミン「ノーサイド」全国高校ラグビーのテーマに

ユーミンこと松任谷由実さんの1984年の楽曲「ノーサイド」といえば、ラグビー選手への深いリスペクトが感じられる歌詞と、転調などの技術を巧く使った個性的かつ印象的なメロディを持つ名曲だと思います。

更に、「ノーサイド」が収録されたアルバム『NO SIDE』は凡作が皆無に等しい名盤。古今東西の大衆音楽アルバムの中で、個人的に4番目に好きなのです。

タイトルから少し話が逸れますが、1984年当時、『NO SIDE』の収録曲の中で「DOWNTOWN BOY」が気に入っていると松任谷由実さん本人が語っていた記憶があります。

現代に目を転じましょう。「ノーサイド」が、12月27日から始まる第85回全国高校ラグビーのテーマに使われることになりました。スポニチの記事から少し引用します。
名曲「ノーサイド」が花園テーマ(スポニチ)
来春メジャーデビュー予定の男女ユニット「Fonogenico(フォノジェニコ)」がカバーする。ラガーマンにとって“アンセム”とされてきた名曲が、ユーミンの許諾を得て生まれ変わる。

未デビューのアーティストを起用するとは思い切った決断ですが、新鮮な感じがして良いのではないでしょうか。ところで、“アンセム(anthem)”とは「聖歌」とか「賛美歌」という意味。思わず辞書で調べてしまいましたよ。私にとっては定着していない外来語。

何をゴールに決めて何を犠牲にしたの……「ノーサイド」は、ゴールキックを外した選手を観客席から見る目線で描かれたバラード。84年の発売当時は平尾誠二率いる同大が大学選手権3連覇、社会人では新日鉄釜石が日本選手権7連覇を果たすなど、ラグビー黄金時代だった。

そう! 思い出しました。当時はラグビー観戦がかなり人気を集めていました。その後21年間で、完全にラグビーとサッカーの世間的注目度が入れ替わったような印象があります。

高校ラグビーのテーマ曲は、第79回大会から設けられた。TBS系列で放送される中継などで使われ、高校生たちのドラマを彩る。しかし「ノーサイド」は常に候補に挙がっていたものの「ど真ん中すぎる」(関係者)との理由でなかなか実現しなかった。

「ど真ん中すぎる」から採用を却下されていたとは、面白いです。

ちなみに、私自身は未だにラグビーのルールがよく分からないほどのラグビー音痴です。すみません。とは言え、「ノーサイド」が使われることをきっかけに、今年の年末年始はラグビーに少しだけ注目してみようかと思っています。
posted by D Slender at 00:39 | ムンバイ ☀ | Comment(1) | TrackBack(1) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

「ぱちんこ水戸黄門」ポスターに想う

私はパチンコをはじめとするギャンブル類は一切やらないのですが、街のパチンコ屋で見かけた「CRぱちんこ水戸黄門」のポスターが気になったので、とりあげます。
ぱちんこ水戸黄門のポスター
東野英治郎演じる黄門さまと、あおい輝彦の助さんと、伊吹吾郎の格さんが写っていますが、東野英治郎時代にはあおい輝彦も伊吹吾郎も登場していません。
【参考】水戸黄門(テレビドラマ) - wikipedia
とは言え、わざわざ現実とは異なる組み合わせでポスターに起用されるということは、この3人が最も多くの視聴者の印象に残っているのかも知れません。

ちなみに、私が物心ついた頃の水戸黄門は、東野英治郎と里見浩太郎の助さんと大和田伸也の格さんの時代でした。だから、以前にも書きましたが、現在の里見黄門には違和感を覚えてしまうのです。

【関連サイト】CRぱちんこ水戸黄門公式サイト
【関連エントリ】水戸黄門占い
posted by D Slender at 12:21 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

しょこたんさいと開設

ブログの更新ペースが速いことで知られるアイドル・中川翔子さんの携帯電話専用サイト「しょこたんさいと」が開設されました。ご本人のボイスブログ(有料)つき。

【スタッフより】ケータイサイトのお知らせ(しょこたん☆ぶろぐ)
恋の弥次郎兵衛(しょこたん☆ぶろぐ)

しょこたんさいとのURIはhttp://i.wetown.jp/i/index.php?uid=NULLGWDOCOMO&aid=95です(もちろん携帯電話専用)。

早速アクセスして、ワタナベプロの携帯サイト会員登録を済ませました(月額315円)。会員登録すれば、ボイスブログなどの諸サービスにアクセスできます。

ボイスブログは良いです。所定の番号に電話をかけてアクセスするので、翔子さんご本人と電話しているような気分も味わえます。特に、しょこたん☆ぶろぐでおなじみの「ギザ」を肉声で聴けたのが嬉しかったです。
posted by D Slender at 02:49 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ドラマ「火垂るの墓」放送日

8月6日のエントリで取り上げた実写ドラマ「火垂るの墓」は、日本テレビ系で本日の21:00から放送されます。

滅多にテレビを見ない私ですが、これは見ます。この時間帯は仕事なので、録画予約をしておかねば。ちなみにGコードは68186197ですよ。

日本テレビの公式サイトにリンクを張っておきます。

終戦六十年スペシャルドラマ「火垂るの墓 ― ほたるのはか ―」

原作やアニメ版とは異なり、松嶋奈々子さんが演じる「叔母さん」を主人公に据えていますが、その割には公式サイトや予告動画は清太と節子中心の構成。しかも、オーディションで選ばれたという2人の子役は、まさにアニメ版のイメージそのままです。やはり清太と節子は「火垂るの墓」の象徴なんですねえ。

また、原作やアニメで重要な役割を果たしていた「サクマ式ドロップス」の缶は、どうやらドラマでも登場するようです。どのように使われるか、少々楽しみです。

録画予約が完了しました。明日辺り、このエントリに追記する形で簡潔な感想を書く予定です。続きを読む
posted by D Slender at 02:46 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

小西真奈美さんの誕生日

当サイト常連の方なら、私がとある名作SPAMメールをきっかけに小西真奈美さんに注目するようになったのをご存知かと思います。

今月に入ってから、小西真奈美の日めくりムービー「今日の大丈夫。」を見るのが日課になっています。今日付のムービーを見て、小西真奈美さんの誕生日が10月27日であることに気付きました。

小西真奈美公式サイトABOUT

おめでとうございます。
posted by D Slender at 12:18 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

武富士のダンサーズ

見落としていた3ヶ月前のニュースに関連するエントリを今書きます。無視できないほど重要だからです。

かつて、消費者金融会社の武富士のTVCMといえば、「ダンサーズ」の踊りが定番でしたが、2003年の12月頃を境にテレビから消えていました。

しかし、今年の7月から、オーディションで選ばれた新メンバーによるネットCMが流されていたそうです。全然知りませんでした。
新「武富士ダンサーズ」はネットCMで テレビから切り替え(ITmedia)
 消費者金融のテレビCMは、啓発CM以外で放映許可を取るのが難しいが、「あのダンスがもう一度見たいという声を多くいただいた」(武富士)ため、テレビ以外でプロモーションすることにした。

 武富士ダンサーズは1991年に初代を結成。4代目となる今回は、オーディションで選ばれた15人で構成する。振り付け師にはTRFのSAMさん、CHIHARUさん、ETSUさんを起用。ヒップホップの要素を加えた斬新なダンスに仕上げたという。

 バックの音楽は従来と同じ「シンクロナイズド・ラブ」。アレンジを変えたバージョンを新たに制作した。

うーむ、現在は消費者金融会社のテレビCMの許可が下り難いのですか! 社会的にはヒール(悪役)扱いされている業種だけに仕方がないのでしょうか? 日本って意外に言論・表現の自由がないことを思い知らされます。(この件について色々言いたいことはありますが、書き始めると長くなりそうなので差し控えます)

ともかく、武富士ダンサーズのサイトにリンクしておきます。
 DANCE-CH.TV(武富士公式サイト)

ライブドアのサイトでも特集が組まれています。独自のダンス映像が見られるそうです。
 TAKEFUJI DANCERS

帰宅したら鑑賞します。現在は非ブロードバンド環境に居るのです。
posted by D Slender at 21:58 | ムンバイ ☁ | Comment(1) | TrackBack(6) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

小西真奈美さんの日めくりムービー

9月28日のエントリ「小西真奈美がDTIのCMに出演」に書いた通り、今日から小西真奈美さんのDTIのCMが始まりました。

そして、新生DTIのサイトでは、今日から
 小西真奈美の日めくりムービー「今日の大丈夫。」&デスクトップウォッチ
というコンテンツが開設されました。オープニングの「日めくりムービー!」の台詞で、私は既に激萌え状態。更に「今日の大丈夫。」をクリックすれば、小西真奈美さんが出演する動画が起動し、「きっと成功しますよ。大丈夫。」という風に励ましてくれます。日めくりムービーは来年の元旦まで毎日更新されます。テレビCFも見ることができます。

これから毎朝アクセスして、こちらの事情も知らないのに無責任に励ましてくれる小西真奈美さんに萌えたいと思っています。

【追記】おお、毎日の「今日の大丈夫。」の内容をUPするブログが開設されています。
 DTI presents 小西真奈美の「今日の大丈夫。」
リンク&トラバしておきます。
posted by D Slender at 23:49 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(2) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

小西真奈美がDTIのCMに出演

DTI、イメージキャラクターに小西真奈美さんを起用、女医姿で「大丈夫。」(MYCOM PC WEB)
ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は27日、同社の新イメージキャラクターに女優の小西真奈美さんを起用、10月よりCM展開を開始すると発表した。同日開催された記者発表会には小西さんも登場し、新生DTIのサービス開始に花を添えた。

個人的に、ページの後半に載っている女医コスプレの小西真奈美さんに(;´Д`)ハァハァ

posted by D Slender at 08:15 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

葬儀のBGM

今日は、自分の葬式について考えてみます。まずはこのニュースから。

団塊男性、葬送曲はビートルズ=4分の1「葬儀なくていい」

冠婚葬祭互助会のくらしの友(本社東京)が七月、1947年から49年までに生まれた首都圏の男性400人を対象に、インターネットを通じて調査した。  
従来型の葬儀をしたいとの回答は全体の32.0%。これに対し、オリジナルな式を希望した人は15.0%、しなくていいと答えた人は25.3%に上り、参列者を家族や親族、友人らに限りたいとの意見も目立った。
流したい音楽のトップは、ビートルズの「イエスタデイ」。ビートルズでは、ほかに「レット・イット・ビー」などもランクインした。2位以下は「川の流れのように」「マイ・ウェイ」が続いた。 

団塊世代ではない私ですが、このアンケートに答えてみます。

25.3%の人々同様、私も葬儀不要。遺骨は生ゴミにでも出して捨てても構いません。

とはいえ、葬儀を開いてくれるのであれば、BGMにして欲しい曲があります。第3希望まで書きます。

続きを読む
posted by D Slender at 12:31 | ムンバイ ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

「しょこたん☆ぶろぐ」レビュー

昨日は中川翔子「しょこたん☆ぶろぐ」(ゴマブックス)の発売日でした。独自の感性と更新ペースの速さで人気のしょこたん☆ぶろぐの書籍化。

職場近くの書店では、中川翔子さんと並び称される眞鍋かをりさんのブログ本の隣に平積みされていました。さすが書店。事情をよくご存知で。

目次はゴマブックスのページにあります。

手に取って見てみました。これまでの「しょこたん☆ぶろぐ」のエントリが多くのページを占めています。個人的には人物相関図と用語紹介が載っているのが良いと思いました。友達アイドルなどの登場人物について、ブログ本体には説明が書かれていないからです。

中川翔子さん本人のファンの方や、「しょこたん☆ぶろぐ」を深く理解したい方にとっては必携の一冊かも知れません。

【関連エントリ】眞鍋かをりさんのブログ本を購入
posted by D Slender at 09:46 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

モクセイの花

中北千枝子さん死去、CM「ニッセイのおばちゃん」 (ZAKZAK)
名脇役・中北千枝子さん死去(スポーツニッポン)
私はこの人の顔を知りません。映画やドラマの類を殆ど見ないですし、おそらく世代的にもズレているからです。「ニッセイのおばちゃん」のCMについては、CMソングは印象に残っていますが、出演者の顔は全然印象に残っていません。

このニュースを機に、CMソングについて調べてみました。

「♪ニッセイのおばちゃん 自転車で 笑顔を運ぶふるさとよ♪」(CMバージョンの歌詞)
この歌のタイトルは「モクセイの花」で、歌っているのはデューク・エイセス。作曲したのは、CMソングの帝王、小林亜星氏です。やはりこの人は凄い。思わず、Amazonで小林亜星氏のCD「小林亜星CMソング・アンソロジー」を衝動的に注文してしまいました。「クラシアン」もこの人の作品でしたか!


「モクセイの花」が流れる日本生命のCMは1969年から始まっているのですね。私が物心付く前。いつ終了したかは定かではありませんが、1990年代までは続いていたような気がします。曲の魅力に支えられた伝説のCM。日本生命さんには、是非これを機にサイトで懐かしのCFを公開して欲しい気がします。
posted by D Slender at 10:16 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

眞鍋かをりさんのブログ本を購入

眞鍋かをりさんといえば、ブログ「眞鍋かをりのココだけの話」が大人気の“ブログの女王”。先月の末には、ブログと同名のブログ本も発売されました。


昨日、仕事の休憩中に立ち寄った書店に本が並んでいるのを見つけました。ただ、私は買うか否か3分ほど躊躇しました。本編の内容はほぼ事前予告の通り(過去エントリ眞鍋かをりさんのブログの書籍化で言及)でしたが、思ったよりブログ本文のページ数が多いのです。既にWeb上で読んだものを1300円払って紙の上で読む価値はあるのか? 何度も自問自答した末、結局購入しました。決め手は一つ一つのブログ記事に書き下ろしの【追記】が付されていることと、ラスト近くのインタビュー記事が結構面白そうだったこと。

ところで、書店に張られていた宣伝用ポスターに使われている写真には萌えました。女教師風のグレーのスーツにメガネ。本の中では小さめのモノクロでしたが、ポスターでは大きなカラー写真。日本のブログ人口はまだまだ多数派ではないので眞鍋さんブログを知らない人も世の中には多いと思いますが、それでもあのポスター写真に惹かれて買ってしまう人も居るのではないか、と思えるほどに良い写真でした。ここで紹介できないのは残念。

読了。購入して良かったです。先程言及した「メガネ写真」以外にも眞鍋さんのグラビアが目立ちます。どの写真も力作。眞鍋さん本体のファンの方なら、本文の内容を抜きにしても買う価値がありそうです。

なお、眞鍋さんのブログの現時点での最新エントリブログ本で握手には、本の発売記念握手会の様子が書かれています。
posted by D Slender at 08:28 | ムンバイ 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

「北斗の拳」切手シート予約販売

今日の日刊スポーツに、次のような記事がありました。
ケンシロウが切手になった!(日刊スポーツ)
人気コミック「北斗の拳」が切手でよみがえる。「北斗の拳 写真付き切手シリーズVol.1」(3150円)で、主人公のケンシロウのほか、ラオウ、ジャギなどの人気キャラクターがデザインされた10種類の切手が、オリジナル特製フォルダーに収められる。全国の郵便局などで予約販売中。

「北斗の拳」ファンとしては買わずにいられるものか、というわけで、通信販売を期待して郵便局のサイトに行ってみましたが、この切手については何も載っていません。何と不親切な、郵便局に行かないと買えないのか、と思って更に検索してみたら、既に7月20日の時点でITmediaで紹介されていたのですね。普段見ないゲーム関連のサイトなので、気付きませんでした。
「北斗の拳 写真付き切手シリーズVol.1」発売(ITmedia Games)
ベルシステム24は、コミック「北斗の拳」をデザインした切手「北斗の拳 写真付き切手シリーズVol.1」を、全国約万5000局の郵便局窓口および一部書店、コンビニで発売する。7月25日より。価格は3150円(税込)。スタンプワールドのホームページでも受け付ける。

日刊スポーツがなぜ今日になってから載せたのかというと、一時応募殺到で品切れ状態になり、9月1日から増補第2版の予約が開始されたからなのですね!

一部書店でも売っているようですが、ともかくスタンプワールドのサイトに行って予約注文してきました。予約の期限は9月30日まで。商品の到着は10月末になるそうです。

続きを読む
posted by D Slender at 13:35 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。