2007年11月09日

駅構内喫煙者による暴行事件への所感

傷害:駅での喫煙注意され殴る 容疑の男逮捕 東京・府中(毎日新聞)
 東京都府中市のJR南武線府中本町駅で10月、禁煙場所での喫煙を注意した男性が、喫煙していた男に殴られ、顔面骨折で全治7週間の大けがをしていたことが分かった。駆け付けた警察官に傷害容疑で現行犯逮捕された男は「注意され、頭に来て殴った」と供述、傷害罪で起訴された。男性は「モラルを守れない人を注意してなぜ暴行されるのか。今後もルール違反には間違っていると言っていきたい」と話している。

 起訴されたのは、川崎市の無職、原田康秀被告(41)。起訴状などによると、原田被告は10月11日午前10時45分ごろ、府中本町駅ホームでたばこを吸い、川崎市の会社員、市川敦さん(34)から「喫煙場所で吸ってもらえませんか」と注意を受け立腹。市川さんを追いかけて顔や肩、腹を殴るけるなどし、顔面骨折などのけがをさせた。


似たような事件は1999年にも起こっています.例えば次のリンクを参照.
【関連リンク】http://www3.ocn.ne.jp/~muen/tobaccoless/youbou/koutsusyogaibousi9905.html

まず,喫煙を注意した会社員男性の正義感や勇気は賞賛に値すると思います.もし私が同じ立場だったら,トラブル回避のためにスルーしたことでしょう.単なるマナー違反の注意なら逆に好ましくないと思うのですが(この点は過去エントリマナー違反注意は失礼だを参照),駅の禁煙エリアでの喫煙は鉄道営業法34上に反するれっきとした違法行為なので,注意行為は妥当,というか,むしろ注意するのが筋です.

続きを読む
posted by D Slender at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

池袋パルコ飛び降り事件への所感

女性飛び降り、男性巻き添えか 2人重体 池袋駅前(朝日新聞)
 6日午後1時ごろ、東京都豊島区南池袋1丁目の池袋駅前の路上で、「2人が血を流して倒れている」と119番通報があった。池袋署員が駆けつけたところ、男女が倒れており、2人とも意識不明の重体。同署は、女性が「池袋パルコ」の屋上から飛び降り、地上にいた男性にぶつかったとみて調べている。

 調べでは、女性は都内の25歳、男性は千葉県内の37歳とみられる。

 池袋パルコは9階部分が屋上になっている。屋上には高さ約3メートルのフェンスがあり、フェンスの上の有刺鉄線に女性ものジャンパーが引っ掛かっていた。屋上にある高さ約1.8メートルの空調設備の小屋に、女性もののスニーカーが置いてあったという。

 屋上には従業員しか入れないが、階段から屋上につながるドアの鍵が壊されていた。また、屋上に設置されたビデオカメラに、女性が一人で歩いている姿が映っていたという。


順当に考えて,男性会社員側から女性の遺族への慰謝料請求が行われることでしょう.遺族はたまったものではありません.

やむを得ず自殺する場合は,他人に絶対迷惑をかけず,かつ安らかに死ねる方法を選ぶべきでしょう.繁華街での飛び降りは他人に危害を与える可能性大です.やはり総合的に見て首吊りが妥当なのでしょう.

最後に,読売,毎日,産経新聞のサイトにもリンクだけしておきます(ちょっと確認したいことがあるので).
池袋パルコから女性飛び降り自殺、巻き添え男性が意識不明(読売新聞)
飛び降り自殺:女性が池袋パルコから 巻き添えで男性重体(毎日新聞)
池袋パルコ前 女性飛び降り男性巻き込む(産経新聞)
posted by D Slender at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

腕相撲ゲーム機事故への所感

痛いニュースです。

アトラス、腕相撲ゲーム機を自主回収・骨折事故などで(日経)
 
ゲーム機開発のアトラスは21日、アミューズメント施設向けゲーム機「腕魂(うでだましい)」を自主回収すると発表した。腕魂は機械と腕相撲をするゲーム機で21日現在、利用者が骨折するなどの事故が3例報告された。事故の詳しい状況や原因は調査中としてる。

 アトラスは国内の工場で同ゲーム機を製造。7月26日の発売以来、アミューズメント施設などに150台を出荷している。すでに設置店舗には稼働を停止するよう通知している。


このニュースを見て私が真っ先に思い出したのは、漫画『北斗の拳』でケンシロウと腕相撲で対決して腕を折られたギュウキ(アミバの部下)です。

それはともかく、一般に、腕相撲による骨折は決して稀ではありません。「腕相撲 骨折」辺りでWeb検索すると、それらしいpageが結構多くHITします。おそらく、骨の強度や力の入れ方などの条件が揃ったときに骨折が起こるのでしょう。

ましてや、機械相手では危険度は倍増します。地力では人間より機械の方が遥かに上。機械が力をうまく手加減することでゲームとして成立しているわけです。

今回事故を起こしたゲーム機はプログラムか構造に特別な問題があったのかも知れません。しかし、遊ぶ側としては、腕相撲ゲーム機が持つ一般的な危険性は常に認識しておくべきでしょう。

そういえば、私は腕相撲ゲームで遊んだ経験がありません。

【関連リンク】「腕相撲 骨折」でGoogle検索して最上位にHITするPageにリンク and TBしておきます。
腕相撲で骨折(旅空日記)
posted by D Slender at 02:06 | ムンバイ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

横浜市職員学歴詐称の件

過去エントリ「学歴逆差別」は止めように関連するニュースです。

技能職員ら700人が学歴詐称と申告/横浜市(神奈川新聞)
大阪市などで職員が採用時に学歴詐称していた問題を受け、横浜市は二日、技能職員ら約八千人を対象にした学歴詐称に関する自己申告の速報を発表した。詐称を自己申告した職員は約七百人。しかし、市行政運営調整局によると、専門学校卒など詐称に該当しない職員が申告したケースも百〜二百人程度いるものとみられ、実際の処分対象者は百人以上減る見通しという。同局は申告者の書類審査を厳正に行い、三十一日までに処分対象者を確定する。

 市は七月三十一日までに詐称を申し出た場合に限り、停職一カ月の懲戒処分とし、申告せずに八月一日以降、詐称が判明した場合、懲戒免職とする方針を表明。今回、懲戒免職を恐れ、詐称に該当するか不安で申告した職員も多いという。

 大阪市などでは今年四月、職員が大卒や短大卒なのに最終学歴を高卒と偽り、採用資格のない技能職員に採用されていたことが明らかになっている。横浜市も二〇〇二年度まで、清掃関連など技能職員の採用選考について、大卒や短大卒の受験を認めていなかった。

 行政改革などで〇三年度から技能職員の採用選考を実施していないが、過去の採用時、大阪のような詐称が行われていた可能性もあり、職員に自己申告させていた。


記事を文面どおりに読むなら、「大卒以上を採用しない」という規則は横浜市では2003年で撤廃済みということですか。とりあえず喜ばしいことです。過去の学歴詐称が規約違反であることは確かなので処分は止むを得ませんが、自己申告で停職1ヶ月に留めたのは賢明でしょう。

さて、「大卒以上は採用しない」という規則を未だに用いている自治体があるとしたら、即刻撤廃して欲しいものです。過去エントリに書いたとおり、頑張って学歴を得た人が報われないのは納得できませんし、何より大学全入時代に相応しくない愚則です。
posted by D Slender at 01:19 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

ヤマダ電機池袋店レビュー

群馬県発祥で東京以外の関東地方で勢力を誇るヤマダ電機が、東京都内に進出しようとしています。

ヤマダ電機、次は新宿出店へ 都心へ攻勢(ITmedia)
 家電量販店最大手のヤマダ電機は、東京都内進出の1号店としてJR池袋駅東口に新設した都市型店舗「LABI池袋」を13日開業する。これに先だって12日記者会見した同社の山田昇社長は、今後3年間で「LABI」を毎年約3カ所のペースで出店し、本格的に都心部の駅前商圏に攻勢をかける考えを表明。具体的な今後の計画では「新宿出店の希望はある。話は進めている」とし、池袋と並ぶ都心の家電量販店激戦区で、競合のヨドバシカメラが本拠とする新宿駅周辺にも進出する方針を明らかにした。


続きを読む
posted by D Slender at 08:20 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

JR3社IC乗車券相互利用に関する遅すぎる所感

2ヶ月前のニュースに今更反応してみます(昨日までニュースの存在に気づかなかったのです)。

JR3社のSuica・TOICA・ICOCA、来年3月から相互利用可能に (ITmedia 5月16日)

JR東日本、JR東海、JR西日本の3社は5月16日、3社のIC乗車券「Suica」「TOICA」「ICOCA」の連携・相互利用が可能になる新サービスを2008年春から提供すると発表した。

例えば関東在住でSuica所有者の私が名古屋辺りに行った場合(行ったことないですが)、現地のJR列車をSuicaで利用できるようになります。

ただ、次のような制約があるので、喜びは半減します。
ただし注意したいのは、あくまでも“相互利用”であり、エリアをまたがっての利用ができるようになるわけではない点だ。たとえばSuicaでJR東日本の駅から在来線(東海道線など)に乗り、JR東海管轄の駅で降りる、といったことはできない。

うーむ、東海道線の熱海(JR東日本)から函南(JR東海)までわずか190円なのにICカードが利用できないわけですか。一方、熱海から東京までの1890円区間はICカードで行けるわけで、理不尽な思いがします。特にエリア境界近辺の住民は納得し難いのではないでしょうか。設定が面倒なのかも知れませんが、ここはひとつ、エリアをまたがっても利用できるようにして欲しいものです。
posted by D Slender at 23:00 | ムンバイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

ドラえもん“最終話”勝手に出版事件

「ドラえもん」最終話、勝手に作る=出版の37歳男性が謝罪(時事)
 藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」の最終話を勝手につくって漫画化し、販売した男性(37)が、出版元の小学館(東京都千代田区)と著作権を持つ藤子プロに謝罪し、売上金の一部を支払っていたことが29日、分かった。
 小学館などによると、「最終話」は20ページの冊子で、電池切れで動かなくなったドラえもんを、35年後にロボット工学の第一人者に成長したのび太が修理し、よみがえらせるというストーリー。絵も本物にそっくりだった。
 同様のストーリーは1998年ごろからネット上で出回っており、男性が「田嶋・T・安恵」の名で2005年秋ごろに漫画化。一部約500円で書店に販売を委託し、昨年夏までに約1万3300部を販売したとみられている。
 
ニュース記事のタイトルは「最終話、勝手に作る」となっていますが、謝罪した男性が話を作ったわけではありません。ネット上に既に存在したストーリーを勝手に漫画化して利益を得たのがマズかったわけですな。

「最終話」の非公式マンガについては、確かに2005年の一時期にネットで出回っていました。当時私もダウンロードしました。

インターネット歴が浅い方々の中には非公式「ドラえもん最終話」をご存知ない方もいらっしゃるかも知れません。そこで、関連サイトにリンクしておきましょう。
ドラえもんの最終回(第1話が有名な“電池切れ編”です)
posted by D Slender at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

三菱東京UFJ銀行員猥褻報道への所感

「内定もらえる」と誘い胸触る=三菱東京UFJ行員を逮捕−女子大生被害・大阪(時事)
 リクルーター(採用担当者)を名乗り、面接と称して会った就職活動中の女子大生に無理やりキスするなどしたとして、大阪府警曽根崎署は19日、強制わいせつの疑いで、大阪府貝塚市二色、三菱東京UFJ銀行難波支社行員の白石真也容疑者(24)を逮捕した。容疑を認めており、同署は余罪があるとみて調べを進める。

 調べによると、白石容疑者は4月8日、リクルーター面接と称して、岡山県内の国立大学4年の女子学生(21)を、大阪市北区内のカラオケ店に誘い込み、「私がプッシュしたら内定がもらえるかもしれない」などと言って、胸を触るなどのわいせつ行為をした疑い。

事件自体はありがちな猥褻行為なので、特にコメントすることはありません。
 
続きを読む
posted by D Slender at 08:46 | Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

高島屋の「声を掛けないカード」の件

2005年3月のエントリとんかつ屋のサービスのあり方に書いた通り、私は、買い物の際に店員から声を掛けられることを快く思いません。

同様の人は決して少なくないと思いますが、世の中には何故か声掛けサービスが少なくありません。例えば洋服屋さんだと、廉価な店よりも比較的高価な店の方が、声を掛けられるケースが目立つような気がします。やはり、高額商品は若干無理しないと売れないのでしょうか?

デパートは高価店に属すると思いますが、高島屋の一部店舗では次のような試みがなされているそうです。

声かけないでね…カードを付けて静かに買い物(読売新聞)
 百貨店「高島屋」は立川店(東京都立川市)などで、静かにショッピングを楽しみたいという客に声かけを控えるサービスを始めた。

 希望する客には、店内に用意したカードを首にかけてもらい、店員からは話しかけないようにする。

 カードの名称は「S.E.E.(シー)カード」。英語のSilent(静かな)、Easy(ゆったりとした)、Each(それぞれ)の頭文字から取った。「シーッ」と、人差し指を口元にたてるしぐさの図柄が描かれている。

 今月4日から立川店と岐阜店(岐阜市)の2店で試験導入した。立川店では、27日までに利用した客はまだ5人だが、「アイデアはいい」「今後も使ってみたい」と反応は上々という。


カードを利用する客が少ないのは、カードを首に掛けるのが恥ずかしいとか、カードをもらうために店員に話しかけるのが面倒くさいなどの理由が考えられます。

このニュースを読んだ瞬間は「高島屋Good job!」と感じましたが、よくよく考えると大したGood jobではないと思えてきました。カードを身につけた客に声かけを控えるということは、裏を返せば「声を掛ける方がデフォルト」だと店側が考えていることになります。非コミュ型顧客である私としては少々物足りないです。

高島屋の関係者の皆さん、ここはひとつ、発想を逆転して「カードを付けた客にだけ声を掛けて、声かけしない方がデフォルト」としてみればいかがでしょうか。そうすれば、私は高島屋で積極的に買い物しますよ。
posted by D Slender at 17:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

PASMO品薄ニュースへの所感

昨日大きく報じられたニュースなので、既に様々なブログがとりあげているとは思いますが……

パスモ:販売制限 「見通し甘すぎる」との批判も(毎日新聞)
首都圏の私鉄、バス共通ICカード乗車券「PASMO」(パスモ)の販売が、人気過熱による在庫切れの恐れから8月まで定期券に制限されることになり、「サービス開始から1カ月足らずで在庫切れとは見通しが甘すぎる」との批判も出ている。

 一部私鉄では独自の販売制限策を取る動きもあり、京浜急行電鉄は定期券の販売も12日から品川、横浜など主要4駅に限定する。小田急電鉄も新宿、小田原など4駅、相模鉄道も横浜、海老名など6駅にそれぞれ定期券の販売を限定する。


見通しが甘い、というのは確かにその通りかも知れませんが、私は全く別の感慨を抱きました。

販売制限が8月まで続くとは、PASMOの生産には意外と時間が掛かるのね。ひと頃のNINTENDO DS liteを思い出しました。PASMOはICカードなので、やはりICの調達が大変なのでしょうか。
posted by D Slender at 23:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

神奈川の新条例で客引き撲滅か

旧聞に属しますが、今月はじめにこんなニュースがありました。神奈川ローカル。
神奈川で新条例施行 エステ店客引きを摘発(日テレNEWS24 ただし既にリンク切れ)

コピーしてあったので全文引用します。
 神奈川県の新しい迷惑防止条例が1日から施行され、マッサージなどの客引きを深夜に行うことが禁止となった。警察は1日未明、中国エステ店の客引きを摘発した。
 迷惑防止条例違反で現行犯逮捕されたのは、中国国籍・馬纓容疑者(39)で、1日午前1時過ぎ、神奈川・横須賀市内の路上で「マッサージいかがですか」などと客引きを行った疑いが持たれている。神奈川県ではこれまで、わいせつな店への客引きは禁止されていたが、違法風俗店の多くはマッサージ店を装って路上での客引きを行っていた。

 1日から新しい条例が施行され、深夜にマッサージなどの客引きが禁止されることになったのを受け、警察は県内全域で取り締まりを行っていく方針。


そう言えば、私の自宅の最寄り駅付近にも、深夜頃に「お兄さん、マッサージいかがですか」と客引きするアジアンテイスト豊かな女性が居ましたが、今月に入ってから全く見掛けなくなっています。新条例の威力恐るべし。

以前から思っているのですが、この手の客引きに付いていった後どうなるか、という体験談の類をネットで見かけません。関係者もしくは経験者の方のコメントを消極的にお待ちします。
posted by D Slender at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

7月からJR東のKIOSKはキオスク

JR東日本:「キヨスク」を「キオスク」に変更へ(毎日新聞)
 JR東日本は4日、管内の駅売店の愛称「キヨスク」を7月1日から「キオスク」に変更すると発表した。ローマ字表記が「KIOSK」で利用者に混同されることが多く、「国際的な読み方に合わせる」(清野智社長)のが理由だが、他のJR5社は当面変更の予定はない。


ひょっとして、JR東日本の中の人は当ブログの2月18日のエントリをご覧になったのでしょうか……なんてことはないでしょうが、「キオスク」と読む方が色々な意味で自然なので、JR東日本の決定は合理的だと思います。
posted by D Slender at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

【訃報】前川清死去

4日前に前川清さんが亡くなっていたことに、つい先ほど気づきました。私にとって、一昨年の10月に森進一さんが死去したときと同等の衝撃です。

読売の記事を引用します。
前川清氏=元参議院事務総長:おくやみ
前川清氏(まえかわ・きよし=元参議院事務総長)19日、心不全で死去。85歳。告別式は22日午前10時30分、東京都杉並区高円寺南2の33の32カトリック高円寺教会。喪主は妻、薫(かおる)さん。

不勉強な私はこの方のことを全く知りませんでした。ご冥福をお祈りします。

なお、歌手で元クールファイブの前川清さんの方は、現在58歳で、勿論健在です。
posted by D Slender at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

不二家「安全宣言」に思う

2日前のニュースに関するエントリなので消費期限切れかも知れませんが、健康被害のおそれは皆無なので、今書きます。

不二家「安全宣言」へ、ファミリーマートは独自検査(読売新聞)
 コンビニエンスストア大手のファミリーマートは28日、チョコレートやクッキーなどを製造する不二家の菓子工場への立ち入り検査を3月上旬にも行う方針を明らかにした。

 不二家は1日、桜井康文社長が記者会見し、大幅に減産してきた菓子について「安全宣言」を行い、同日から本格的な製造を再開する。しかし、ファミリーマートは、顧客への安心感に万全を期すため、神奈川県と静岡県に計3か所ある不二家の菓子工場に対して独自に検査することにした。

 一方、製造の本格化に伴い、不二家に技術支援している製パン最大手の山崎製パンは、不二家製の菓子を系列のコンビニ「デイリーヤマザキ」などで販売する。しかし、他の大手小売りは販売再開に慎重で、菓子の販売が広がるかどうかは不透明だ。不祥事が発生した埼玉工場(埼玉県新座市)を含む洋菓子5工場の製造再開は、従業員教育などに時間がかかるため、3月中旬から下旬になる見通しだ。

とりあえず、「不二家」は「不二家」として存続することは確定でしょうか。雪印乳業の二の舞にはならずに済んだようです。雪印の場合と異なり、健康被害の事例はほぼ皆無なのですから、順当だと思います。

そう言えば、1月14日のエントリで「私は不二家の回し者でも不二家好きでもありません」と書きましたが、よく考えると「カントリーマアム」と「LOOKチョコレート」は好きかも知れません。自分では滅多に買わないのは確かですが…… 近い将来不二家製品販売が完全復旧した暁には、不二家への激励の意義をこめて、この2製品を積極的に消費してみようかな、と思っています。
posted by D Slender at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

家畜病原菌「気腫疽菌」がヒトに初感染

アマチュア病気評論家を自任する私ですが、「気腫疽菌」は初耳でした。何と、ヒトへの感染が確認されたのは史上初ですか!

牛「気腫疽菌」、世界初の人感染…千葉で男性死亡(読売新聞)
 千葉県の船橋市立医療センターは22日、同県内の50歳代の男性が、主に牛の病気の原因とされる「気腫疽菌(きしゅそきん)」に感染し、死亡したことを明らかにした。

 気腫疽菌は破傷風菌の仲間で、通常は土の中などに存在する。人への感染が報告されたのは世界初という。

 同センターによると、気腫疽菌は、傷口などから動物の体内に入り、筋肉が壊死する「気腫疽」を発症させる。若い牛や羊に発症例が多く、致死率は非常に高いとされる。

 死亡した男性は2006年2月、高熱と胸の打撲傷で、同センターに搬送された。男性は搬送時、既に心肺停止状態で、すぐに死亡。のどの炎症を起こし、体全体が膨れ上がり、特に肺の膨張が著しかったため、男性の肺の組織を調べると、気腫疽菌が検出され、肺の筋肉が壊死(えし)していた。

 同センターは、「気腫疽菌は人には感染しないというのがこれまでの『常識』だった。くわしい感染経路を調べることが今後の課題」としている。


死亡から原因公表まで約1年を要しているのは、やはり“常識外れ”の事態だったからなのでしょう。医学が十分に発達したと思われている現代でも、まだまだ未知の領域はあるものだな、と実感させられます。
posted by D Slender at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

昼寝は心臓病に良い?

関西テレビの某捏造番組のせいで、「○○は身体に良い」という“研究結果”を懐疑的に捉えてしまう人が巷に増加しているかも知れません。私の場合、某番組の問題抜きで元々疑り深いのですが……
【関連過去エントリ】納豆ダイエット捏造番組の件

さて、次のニュースはどうでしょう?

心臓病の良薬は昼寝=ストレス解消効果(時事)
米欧共同の研究で、心臓病の予防には昼寝が一番良いことが分かった。午後のひと時に少しでもうとうととすることでストレスが消え、心臓病によって死亡する危険性が大きく減るものと考えられている。≪写真は、ジャカルタでうたた寝をするオートバイ・タクシーの運転手≫
 研究は6年間にわたって、20−86歳の2万3000人を上回るギリシャ人の男女を対象に行われた。それによると、毎週、少なくとも合計3時間30分の昼寝をする人は、昼寝をしない人よりも心臓病で死亡する率が37%低かった。働いている男性に限れば昼寝の効果はさらに劇的で、毎日もしくは時折にでも休憩時間を取って眠っている人の心臓病による死亡率は、そうでない人に比べて64%も低かった。働く女性の場合は、データが不十分ではっきりとした結果は出せなかった。
 研究者は、おそらくストレスを解消する作用がある昼寝の効果で、心臓発作が減るのだろうと分析している。シエスタ(午後の昼寝)をする習慣のある地中海諸国やラテンアメリカの諸国では、冠状動脈性心臓病の率が低いことが知られている。

うーん、これに関しても、「昼寝は心臓病予防に良い」と断言まではできないような気がします。記事だけでは統計的な有意性がいまひとつ不明確ですし、仮に統計的信頼性が確保されたとしても、調査対象がギリシャ人男女だけ、というのが少々偏っている可能性もあります。

とは言え、科学的正当性とか心臓病とかは抜きにして、昼寝は身体に良さそうです。私は日常生活で実感しています。昼寝不要なほどに夜の睡眠が取れればベストですが、そうでない場合、ほんの数分間の昼寝でも頭脳がスッキリします。残念ながら、日本の一般企業には勤務中の昼寝を許容する文化はありませんが、ここはひとつ昼寝許容を堂々と掲げる企業が現れても良いのではないかと思います。運用次第では、従業員の集中力も業績もUP!! となるかも知れませんよ(まあ、実現はしないでしょうが…)。
posted by D Slender at 23:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

エディオンとビックカメラが事業統合へ

エディオン:ビックカメラと提携 統合実現すれば売上首位(毎日新聞)
 家電量販店2位のエディオン(名古屋市)と首都圏地盤の同5位のビックカメラ(東京都豊島区)は8日、資本業務提携すると発表した。2年後の事業統合を目指す。統合が実現すれば売上高で最大手のヤマダ電機(前橋市)を上回り、国内首位に浮上する。家電量販店業界は大規模再編が進んでおり、その動きが加速する可能性が高い。


東北地方で生まれて今は首都圏に住む私がこのニュースを読んで真っ先に思ったことは、
「エディオンなんて聞いたこともない企業が家電量販店2位なの??」

公式サイトを見てみました。やはり、中部以西の西日本が中心。関東地方にも店舗はありますが極めて少数。私が知らないのも当然。あ、でもデオデオもエディオングループですか。デオデオなら知ってます。数年前には自宅の近所にもデオデオの店舗がありましたが、今は消えています。エディオンは関東地方から撤退傾向にあるようです。やはり、関東地方ではヤマダ電機辺りが強いのでしょうねえ。

そんなエディオンにとって、関東地方中心に出店しているビックカメラとの提携は、地域的な意味でもメリットがあると思われます。
posted by D Slender at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

不二家の厚労省衛生規範破りへの所感

不二家洋菓子販売休止事件について」「不二家問題への対応」に引き続いての不二家問題関連エントリです。

以下のニュースを知り、「不二家は何てひどい企業なんだ」と思う人は少なくないと思います。

食中毒菌、国の基準逸脱・不二家、独自にマニュアル(日経)
 消費期限切れの原料を使い洋菓子を製造・出荷していた不二家の洋菓子工場で、食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌や大腸菌群を検出しても社内基準以下ならば商品回収の必要はないと、マニュアルで定めていたことが25日、わかった。また、プリンを泉佐野工場(大阪府)で実際に製造していたのに消費期限を付けずに出荷した問題について、同社は本社の指示があったことも認めた。

 厚生労働省が定める洋生菓子の衛生規範は、黄色ブドウ球菌や大腸菌群が検出されない状態でなければ「販売しないこと」としている。違反しても罰則はないが「最低限の目安」とされている。同省食品安全部は「(不二家は)どのような論理で基準の数値を設けたのか、理解できない」と話している。


私から補足すると、通常の大腸菌(群)は基本的に健康被害には直結しません。にもかかわらず厚生労働省が食品から大腸菌群を完全排除している理由は、存在の有無が清潔さの指標になるからです。

一方、黄色ブドウ球菌は通常大腸菌よりも有害性は大。2000年の雪印集団食中毒の原因菌でもあります。黄色ブドウ球菌が食品中で増殖すると、毒素エンテロトキシンを産生します。加熱してもこの毒素は消えません。毒素が体内に入ると、悪心と嘔吐を主とする中毒症状を起こします。ただし、大抵の場合は短期間で治癒します。

さて、不二家がやらかした「厚労省規範破り」に対する私の所感を書きます。

続きを読む
posted by D Slender at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

納豆ダイエット捏造番組の件

昨日から今日にかけて世間で話題になっている「納豆ダイエットデータ捏造番組」の件について、正直な所感を書きます。

納豆ダイエットデータ捏造、メーカーは販売減少懸念(日経)
 関西テレビ放送(大阪市)の情報番組「発掘!あるある大事典2」が、納豆のダイエット効果について実験データを捏造した問題で、納豆メーカーからは売り上げの低下など悪影響を懸念する声が上がっている。

 だいもんじ食品(福島市)では、7日の放送後注文数が3―4倍に。「放送前より売れ行きが下がるのではと心配している。短い間ですがいい思いもさせてもらったので仕方ないかな」と斎藤伸一専務(45)は苦笑い。「健康食品だということには変わりはないので誤解しないでほしい」

 納豆の“本場”水戸市のだるま食品は注文の増加で連日残業。21日まで増産態勢を組んでいた。高野正巳社長(61)は「従業員も疲れがピーク。そろそろブームも終わりかなと思っていたけどこんな形になるとは。消費者に不信感を与えたのは残念。正直にやってもらわないと困る」と語気を強めた。
(太字は引用者による)


続きを読む
posted by D Slender at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

松屋での暴力事件の記事について

以下のニュース記事に違和感を覚えました。
飲酒後に牛丼店で上司なぐり死亡させる、会社員を逮捕(読売新聞)
 牛丼店で飲食中に勤務先の上司を殴ったとして、警視庁代々木署は20日、横浜市都筑区川和町、広告会社社員鈴木隆浩容疑者(32)を傷害の現行犯で逮捕した。

 上司は殴られた弾みでいすから転落し、頭を強打して死亡、同署で傷害致死容疑に切り替えて調べている。同署によると、鈴木容疑者は同日午前2時45分ごろ、渋谷区初台1の牛丼店「松屋フーズ初台店」で飲食中、上司の世田谷区下馬1、同社役員山下康幸さん(46)と口論になり、山下さんの顔を数発殴った。カウンター席のいすから転げ落ちた山下さんは、床に頭を強く打ち、病院に運ばれたが、約1時間半後に死亡した。

 消防から連絡を受けた同署員が店内にいた鈴木容疑者を取り押さえた。2人は別の場所で酒を飲んだ後、牛丼店に立ち寄っていた。


続きを読む
posted by D Slender at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。