2006年06月12日

小関のベース踏み忘れでわかったこと

昨日のプロ野球交流戦のロッテ vs. 巨人戦で、走者の小関が3塁ベースを踏み忘れたため打者の李のホームランが取り消されてシングルヒットになるという事件が起きました。打者自身の踏み忘れは前例がありますが、走者の踏み忘れで本塁打が無効になったのはNPB史上初だそうです。

昨日、私はたまたまテレビでこの場面の放送を見ていましたが、テレビ東京が小関の走塁を映していなかったのは少し残念。

私はプロ野球ファンのつもりですが、この事件を通じて驚いたことが2つあります。1つは、2アウト走者ありでのHRの際に走者がベースを踏み忘れればヒット扱いになること。知りませんでした。審判の皆様は、当然このくらいの規則は頭に入っているのでしょう。

もう1つは、次の記事から引用します。
史上初の走者ベース踏み忘れ幻弾…G今季最悪6連敗
 ロッテの三塁手・今江が先発・渡辺俊に「バカヤロー」と大声を出した。次打者・斉藤へ投球する前、声に気づいたサブマリンは今江にボールを送り、そのまま三塁を踏む。

 今江「ホームランの時はいつも見るようにしている。三塁ベースの内側を通っていった。いつも見ているから、距離感的におかしいな、と。審判に聞いて、知らんぷりされましたけど、アピールはタダでできますから。でも、渡辺さんが次の打者に投げようとしていたので、バカヤローと叫びました」

むむ、こういう状況では年上の同僚に対して「バカヤロー」と叫んで良いのですねえ? それとも「バカヤロー」は「送球しろ」との合図? 

プロ野球もなかなか奥が深いと思いました。
posted by D Slender at 12:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月09日

イチロー.360越え

先日日米通算2500安打を突破したイチローですが、個人的には安打数よりも打率に興味があります。

昨日(日本時間では今朝)の試合ではまたも「猛打賞」を記録し、打率を3割6分台に上げてきました。シーズン当初の不調が嘘のようです。詳しくは次の記事を。
イチロー3安打、打率3割6分2厘に(CNN)

ところで、イチローは現時点でアメリカン・リーグの打率2位ですが、この点に注目する日本のニュース記事は案外少ないと思います。

ア・リーグ打者成績 打率(読売新聞)
6月7日(現地時間)時点で、イチローの打率のトップとの差は.013です。昨日の試合が反映されていないので、今はもう少し差が詰まっているでしょう。

ここは是非、3割6分以上の高レベルでの首位打者を狙って欲しいと思っています。いっそのこと4割でも可。
posted by D Slender at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

ハッスルが6月18日に全国放映

日本のエンターテイメントプロレスの旗手的存在である「ハッスル」の6月17日の興行が、翌18日にフジテレビ系列の地上波TVで放送されることが決まったようです。ハッスルの地上波全国放映は初めて。

高田総統の“ビビッてたじろぐ計画”が遂に明らかに『ハッスル・エイド2006』地上波全国ネット放送決定(ハッスル公式サイト)

試合を見るだけなら地上波でなくてもGyaoで十分ですが、会場の臨場感のようなものも伝えてくれると良いと思います。また、これを機にハッスルがより多くの人の目に触れることで、理解者が増えると良いなと思います。

6月17日の『ハッスル・エイド2006』については、一般メディアではカイヤの参戦が最大の話題になっているようです。私はTAJIRIに最も注目しています。いまのところニューリン戦が有力ですが、WWEで最も高い評価を得た日本人プロレスラーが、ハッスル屈指の演技者であるインリン嬢を相手にどのようなパフォーマンスを見せてくれるか、楽しみです。
posted by D Slender at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

NPB交流戦について

実施2年目を迎えたプロ野球の交流戦が一昨日から始まりました。

【NPB公式サイト】日本生命セ・パ交流戦

2日目を終えて、パ・リーグのチームの2勝8敗。しかも昨日はセの全勝。

昨年からご覧の方はご存知の通り、私はパ・リーグファン。是非、パのチームの皆様の奮起を望みたいものです。

なお、昨年の交流戦はパの105勝104敗7引き分けで、ほぼ互角でした。1990年代の後半は、セの方が日本シリーズやオールスターで優位になるケースが多かったのですが、近年は実力が均衡しているように感じられます。

今年の交流戦も、ほぼ互角になれば良いな、と思っています。

【昨年のエントリ】交流戦、パの勝ち越し決定
posted by D Slender at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

渡真利審判員倒れる

久しぶりに世間のニュースを題材にしたエントリをひとつ。

巨人−阪神戦で、球審が突然倒れる(livedoor スポーツ)
伝統の一戦で思わぬハプニングが発生した。21日、東京ドームで行われた巨人−阪神1回戦の4回、球審を務める渡真利克則審判員が突然倒れ、そのまま担架に乗せられて退場した。同審判員は検査のため、救急車で病院に向かった。


渡真利克則審判員といえば、元は阪神等に在籍したプロ野球選手で、引退後すぐに審判員に転身したことで有名。現役当時、私はファミコンの野球シミュレーションゲーム「ベストプレープロ野球」が大好きで頻繁にプレイしていましたが、「渡真利って名前のインパクトの割りに今一つ使えないな」と思っていました(すみません、あくまでもデータ上のことです)。

「渡真利克則」で検索したところ、Wikipediaの項目にもなっていることに気づきました。おお、何と、渡真利氏は2003年9月2日の広島対阪神戦でも試合中に倒れているとは! 知りませんでした。2005年にも長期病欠しています。身体は大丈夫なのでしょうか。

一番驚いたのは、昨日倒れたことがWikipediaに即日反映されていること。Wikipedia書きの皆さん、仕事が速いですねえ。
posted by D Slender at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

ライオンと寝技

人間とライオン
格闘技ファンである私の心に残る6秒の動画を。

B/W man wrestling w/ lion on ground(Google Video)

生身の人間がライオンからサイドポジションを取っています。すげえ!

とは言え、ここからの決め技が無いのは人間にとって辛いところ。関節技は極まらないでしょう。パンチを入れようとしてスペースを空けると反撃されそうですし、それ以前に人間のパンチではライオンに効かないでしょう。

そもそも、このライオンは単にじゃれているだけで、攻撃するつもりは無いようです。

「ライオンはパーフェクトな生き物」と評したのは畑正憲氏。おそらく、このライオンが一旦本気を出したら、人間のサイドポジションなどあっさり返され、餌食になってしまうでしょう。文字通りの餌食に。
posted by D Slender at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

来年からセ・リーグ「ポストシーズンゲーム」実施

来年から、プロ野球セ・リーグでも「プレーオフ」が行われることがほぼ確定しました。

セも来季からプレーオフ導入!来月以降にパ側と協議スタート(サンスポ)
 セ・リーグ理事会が7日、都内の連盟事務所で開かれ、来季から日本シリーズ出場権を争う「ポストシーズンゲーム(プレーオフ)」を導入することで合意した。現行のレギュラーシーズン146試合を堅持すること、シーズン1位をリーグ優勝とすることを条件に、現行の日本シリーズの抜本改革も含めて、今後はパ・リーグを巻き込んで検討に入る。


昨年11月の検討委員会時点でのセ・プレーオフ案は難点満載でした(過去エントリセ・プレーオフ案第1弾を参照)。パ・リーグと共同で行うとすれば余り変なことはできないでしょうから、今後、良い具体案が出てくることが期待できると思います。また、シーズン1位をリーグ優勝と定めることには大賛成です(個人的にはパでもそうして欲しい)。ペナント・レースとは別次元のポストシーズンならではの面白さを見せてくれることを期待します。

なお、私の基本的なポストシーズン観については、以下の過去エントリに書いてあります。
私的プレーオフ改革案プレーオフ、シーズン1位で無条件1勝に
posted by D Slender at 09:49 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

WBC1次リーグ・日本は2位通過

韓国に逆転負け…日本はA組2位(スポニチ)
 第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の1次リーグA組最終日は5日、東京ドームで行われ、日本は韓国に2―3で逆転負けし、2勝1敗で同組2位に終わった。韓国は3戦全勝で1位となり、両チームは12日(日本時間13日)から始まる米国での2次リーグで準決勝進出を懸けて戦う。

 日本は2―1の8回、4番手の石井弘(ヤクルト)がイ・スンヨプ(巨人)に逆転2ランを喫した。打線は2回までに2点を先行したが、3回以降は2安打無得点に抑えられた。

複数のメジャーリーガーを含む韓国チームの投手力は日本に引けを取らないので,調子が良ければそう簡単に打てません.ですから日本の今日の負けは決して意外ではありません.日本としては,この敗戦を糧に2次リーグまでに対策を練れば良いと思います.

個人的には,韓国のイ・スンヨプ(巨人)の活躍が目を引きます.

一昨年と昨年はロッテに在籍していました.ロッテを応援している人なら分かると思いますが,シーズン中のスンヨプはいまひとつ信頼し切れない面がありました.ホームランは結構打つけど穴がある感じ.ところが,昨年のポストシーズンでは期待以上の活躍.日シリでは優秀選手にもなりました.成長? それとも大舞台向き? 巨人に移籍した彼がペナントレースで活躍できるか否か,興味があります.何となく「信頼し切れないモード」に逆戻りするような予感がしていますが,根拠薄弱な予感なので信頼しないように.
posted by D Slender at 22:56 | ムンバイ ☀ | Comment(1) | TrackBack(2) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

アリスターがハリトーノフに勝利

先日2月26日に行われたPRIDE31の結果の中で個人的に一番驚かされたのは、アリスター・オーフレイムがセルゲイ・ハリトーノフに勝利したことでした。

【公式サイト】PRIDE31の結果

今までミドル級で闘ってきたアリスターが、体重を増やしてヘビー級戦線に参入しての第1戦で、PRIDE3強(ヒョードル、ノゲイラ、ミルコ)に次ぐ実力者であるハリトーノフに完勝するとは! なお、ハリトーノフの一本負けはPRIDE初。

試合の動画がYouTubeに流出していたのでリンクしておきます。
Pride 31 Alistair Overeem vs Sergey Kharitonov

この試合のアリスターを見る限り、寝技が強いヘビー強豪(ヒョードルやノゲイラ)にはさすがに勝てないかも知れませんが、それ以外のヘビー級選手相手だったら十分に勝機があると思います。今後、ますます要注目な選手です。
posted by D Slender at 02:45 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

遅塚団長のコメント

日本のメダル獲得数が1個に終わったトリノオリンピック関連のニュースに対して、すっげえ下らない感想を書いていいですか? いいですね。

遅塚団長「選手団のスリム化も」(スポニチ)
 トリノ五輪日本選手団の遅塚研一団長(67)が26日、メーンプレスセンター(MPC)で大会の総括会見を行い、フィギュア女子の荒川静香(24=プリンスホテル)の金メダル1個に終わった結果について「最低の結果」と話した。

 海外派遣としては史上最大の112人の選手団を編成しながら惨敗に終わった原因について「スノーボードなどは強化担当者がメダル確実と報告していた。情報収集を確実にしないといけない」とし「各競技団体に猛省を促したい。今後は、選手団のスリム化も考えたい」と、今後は派遣枠があっても代表を送らないケースが出てくる可能性を明かした。



異様にくだらない感想
posted by D Slender at 17:16 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

荒川静香選手金メマイ

オリンピック関連の話題にもかかわらず、関東ローカルなエントリです。すみません。

女子フィギュアの荒川静香選手は、トリノ五輪で私が唯一注目していた日本人選手ですが、ほぼ完璧な演技で、見事に金メダルを獲得しました。

先ほどからテレビのチャンネルをハシゴしているのですが、荒川選手が出場する「金芽米」のCFがやたら目に付きます。

「金芽米」とは、トーヨーライスから発売されている米の商品名。精白米と玄米の中間的な精製法で作られているそうです。

【公式サイト】トーヨーライス金芽米とは?(1)
おお、早速「おめでとう!金メダル」が表示されてます。中の人は仕事早いですねえ。

そして、荒川選手の出演CMはイベント・キャンペーンで見ることができます。関東地方限定のCMだそうです。個人的には、「おかわり、いいですか」のときの荒川選手の表情が素敵だと感じます。なお、インタビューも読めます。
posted by D Slender at 09:19 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

NBAのNate Robinsonの美技

バスケットボールやNBAに特段の興味があるわけではない私がこの話題をとりあげるのも何ですが…

http://www.nba.com/allstar2006/rising_stars/(nba.com)によれば、先日行われた「Sprite Rising Stars Slam Dunk」というダンクシュートのコンテストで、Nate Robinson(NY Knicksに所属)が優勝したそうです。

コンテストの様子を報じた動画
特に、1分辺り以降のNate Robinsonの跳躍力には驚きました。まさに美技。この超大技のみを見たいなら、こちらの動画の方が良いかも知れません。

蛇足
posted by D Slender at 10:20 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

HGはWWEに進出できるか

昨年の「ハッスルマニア」でプロレスデビューを果たしたHGが、本場米国のWWEに出場することになるかも知れません。

【ハッスル】HG全米進出!?TAJIRIが“橋渡し役”名乗り(サンケイスポーツ)
ハッスル軍入りが電撃決定した元・米WWE戦士のTAJIRIが18日、お笑いタレント・HGの米国進出計画をぶち上げた。「彼は人の目を引く。ビデオを見たWWE選手の間でも話題になっている」。将来的なWWEへの橋渡し役を買って出た。TAJIRIはWWEから6月の(ECW)ペイパービュー大会出場のオファーも受け取っており「まずは、電波に乗せてハッスルポーズを世界に広める」とやる気満々。3月5日の横浜大会でのハッスルデビューも決定した。


現時点では具体性皆無の話ですが、果たしてHGは米国で通用するでしょうか。

WWEスーパースターの一人である“伝説のレスラー”リック・フレアーは「この世界でトップに立つのは喋りができて腕が立つ奴だ」と自身のDVDの中で述べています。HGの場合、まずは喋りを支える英語の勉強と、筋肉をつけるトレーニングが必要かと思います。それさえクリアすれば、彼のパフォーマンス自体は米国でも十分に通用すると思われるので、結構いけるのではないでしょうか。
posted by D Slender at 12:12 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

アニマル浜口氏が日本代表監督に就任

アニマル浜口氏が初のレスリング代表監督(日刊スポーツ)
 日本レスリング協会は10日、4月のアジア選手権(カザフスタン)の女子日本代表監督に、アニマル浜口氏(58)が就任することを発表した。同氏が日本代表監督を務めるのは初めて。アテネ五輪女子72キロ級銅メダルの長女京子(ジャパンビバレッジ)も同大会のメンバーに入っている。同氏は昨年5月のW杯で特別コーチに就任。総監督で日本協会の富山英明強化委員長からは北京で開催する今年の世界選手権、08年北京五輪まで続投を要請されていた。今大会では、娘はもちろん、選手全員に気合パワーを注入する。当初は木名瀬重夫専任コーチが監督に就任する予定だった。


このニュースを知って、少し驚きました。アニマル浜口氏といえば元プロレスラーで、娘の京子さんにレスリングの基礎を教えたことは確かですが、自身はボディビルからプロレス入りしているので、競技レスリングの経験を持っていません。今まで「特別コーチ」待遇だったのはそんな理由ではないかと思っていました。
【参考】アニマル浜口/レスラーノート

五輪や世界選手権レベルとなると、相当高い技術指導が必要な気がするのですが、浜口氏で大丈夫なのでしょうか? と、一旦は思ったものの、きっと大丈夫なのでしょう。技術指導に秀でたコーチが脇に控えているからです。

今回の正式な監督就任は、話題性や精神面の強化を重視した判断なのではないでしょうか。浜口氏が監督だと、気合は入りそうです。

【追記】今年の全国高校サッカーで初優勝した野洲高校の山本佳司監督も、自らの競技経験を持たない人であることを思い出しました。
高校サッカー初優勝、野洲の山本佳司監督(1月10日 読売新聞)
posted by D Slender at 13:32 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

藤田元司さん死去

昨年12月に亡くなった仰木彬氏に次いで、プロ野球史に残る監督がまた一人鬼籍に入りました。

藤田元司さん死去、74歳…巨人で新人王・日本一監督(読売新聞)
 プロ野球読売巨人軍の元監督、投手の藤田元司(ふじた・もとし)氏が9日午後6時40分、心不全のため、都内の病院で死去した。74歳だった。

 藤田氏は、愛媛・西条北高(現・西条高)、慶大、社会人の日本石油で右の速球派投手として活躍。1956年の都市対抗野球に優勝して巨人入り。

 1年目の57年に17勝を挙げて新人王。翌58年には29勝を挙げて最高殊勲選手。59年にも27勝で最多勝、最高殊勲選手に輝いた。現役8年間の通算成績は119勝88敗。

 引退後、長嶋茂雄監督の後を引き継いで巨人監督に就任した81年にいきなり日本一に輝き、王貞治監督の後に2度目の監督に就いた89年にも近鉄との日本シリーズで3連敗から4連勝の大逆転で日本一に。人情味あふれるさい配で、監督通算7年で4度のリーグ優勝、2度の日本一を達成した。今年初めに体調を崩して入院していた。

私は現役時代を知りませんが、監督としての藤田氏はとても印象に残っています。特に、2度目の日本一に輝いた1989年前後は、槙原、斉藤雅、桑田などの強力先発投手陣の力をフルに引き出す采配をしていたと感じます。当時アンチGだった私にとって、ある意味で「憎い」監督でした。

7年間で4度の優勝とは、かなりの高率。勝率面でも、300試合以上の監督の中では通産勝率第4位!
監督勝率(プロ野球データライブラリー)

文句なしに名監督。ご冥福をお祈りいたします。
posted by D Slender at 22:36 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

バレーボールを足で蹴る件について

バレーボールに疎い(サッカーほどではないですが)私がこんなエントリを書くのも何ですが…

菅山かおる、キックで魅せた(livedoorスポーツ)
ニュース見出しを見た瞬間、バレーボールの試合で乱闘になって、菅山かおる選手が相手か審判に見事なハイキックをぶちかましたのか、と本気で思いました。しかし、記事を読んでみると、全然違いました。

第1、第2セットを連取。第3セットには、チームの好調ぶりを象徴するかのようなスーパープレーも飛び出した。NEC松崎のスパイクをブロックに入った菅山が、自陣に吸い込まれ、落下しそうになったボールを左足で蹴り上げてつなぎ、得点に結びつけた。このプレーでJTの勢いは一気に加速した。

バレーボールで足を使って良いとは知りませんでした。私が中学高校の頃の体育の授業では、「腰から下でボールを扱ってはいけない」と習いましたよ。

ルールがいつ変わったのか、調べてみました。次のブログ記事がとてもわかりやすいと思いました。

バレーボールのルールについて(ちょび♪の日記)

1995年からのルール改正で、ボールは身体のどの部分で扱っても良いことになったそうです。他にも、リベロやラリーポイント制など、私が学生の頃には無かったルールにも言及されています。

それにしても、バレーボールって他のスポーツに比べてルール改正が激しいと感じます。
posted by D Slender at 12:36 | ムンバイ 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

Katy柔術のサイト

総合格闘技や、柔術・サンボなどの組技格闘技に興味がある方向けのエントリです。

先ほど、Google VideoでRachel Jiu-jitsuという海外動画を見つけました。Rachelという女性が何かのブラジリアン柔術大会の決勝戦で戦っています。ギを着ないルール。技術が拮抗していて、かつ膠着もせず、結構面白い試合です。BGMなんて付けない方がなお良いのですが。

更に調べてみると、実は上記の動画はヒューストン近郊に道場を持つ
 「Katy jiu-jitsu」の公式サイト
にUPされていることが分かりました。おお、サイト内の「MEDIA」には現・PRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルの試合映像(サンボルール?)もあるではありませんか! ヒョードルは試合開始早々綺麗に相手に投げられていますが、そのあとの寝技は凄い凄い。ヒョードルの強さが際立つ一戦でした。
posted by D Slender at 02:56 | ムンバイ 🌁 | Comment(2) | TrackBack(2) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

箱根駅伝復路雑感

第82回東京箱根間往復大学駅伝競走は、亜細亜大学が初優勝を飾りました。

ひとまず、読売の箱根駅伝特集pageにリンクしておきましょう。

例年、箱根駅伝はあとから結果をチェックする程度でじっくり観ません。特に2日目の復路は往路ほどの順位変動が無かったり、優勝争いの行方が既に見えていたりして、個人的には余り興味が持てないことが多いのです。

ところが、今年の復路は、当初は順天堂大が往路の勢いのまま行くかと思わせておいて8区での大ブレーキ。5連覇を狙う駒沢大が一旦TOPに立つものの、亜細亜大が8, 9区で好走を見せて逆転、という目まぐるしい展開。目が離せませんでした。

亜細亜大は区間1位が9区だけ。絶対的に強いランナーには恵まれていません。戦前に優勝候補に挙げた人は居なかったでしょう。まさに全員で勝ち取った優勝という感じ。しかも史上初の往路6位からの逆転優勝にはびっくり。にもかかわらず、復路優勝が亜細亜大ではなく法政大であることには二度びっくり。

このように、見所満載の今年の箱根駅伝は、ショースポーツとしても大成功だったといえるでしょう。ショーではないわけですが。

個人的に最も印象に残ったのは、城西大学のアンカー高岡選手が見事な走りを見せながらも総合では10秒差でシード権獲得を逃したことと、高岡選手が区間1位であることをTVの放送席が無視していたこと。それだけ見所が多かった大会ということです。
posted by D Slender at 15:52 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(3) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

プロ野球100質に回答しました

昨年に引き続き、サイト「プロ野球ファンに100の質問」に掲載されている100の質問の2005年度版に回答しました。

私の回答(www.dslender.comに保存しました)

一プロ野球ファンとして、この100質に回答しないと年が越せません。
posted by D Slender at 14:19 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

「ハッスル・ハウス」結果

そういえば、一昨日と昨日は「ハッスル・ハウス」でした。ハッスルといえば、今や日本のエンタメプロレスを牽引する存在。11月3日の「ハッスル・マニア」は私的には外れ試合が少ない見事な興行でした(今でもGyaOで見られます)が、今回はどうだったのでしょうか?

とりあえず、ライブドアスポーツの試合結果pageにリンク。

ハッスル・ハウス〜クリスマススペシャルpart1 試合結果(livedoorスポーツ)
HGは11/3に出さなかった(というよりインリン様相手では出せなかった?)技で勝利したようです。

ハッスル・ハウス〜クリスマススペシャルpart2 試合結果(livedoorスポーツ)
鈴木健想は2日間とも負けブックですか。和泉元彌戦から通算すると3連敗。負けて光れるのが一流エンタメプロレスラーの必要条件。

さて、特に私が注目した記事は…
インリン様 ハッスル最後を飾る涙のM字ビターン(livedoorスポーツ)
今年の“話題賞”インリン様はついに見納めですが……
インリン様は「3、2、1、モンスター」の掛け声と共に、回転台の上で最後のM字を披露。インリン様が回転台から降りると、台上には『M』の文字が刻まれたタマゴが残された。高田総統は「まだ温かいな」と言いながらも、インリン様の分身となる新たなる戦力を孵化(ふか)させるべく大事そうに持ち帰った。

ストーリーはまだ続くようです。さすが高田総統。
posted by D Slender at 00:08 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。