2008年06月09日

映画「僕の彼女はサイボーグ」簡潔レビュー

同居人に誘われて映画「僕の彼女はサイボーグ」を観てきました。

個人的には,この映画には全然期待していませんでした。各メディアでの公式PRから判断して,人間とサイボーグとの単なるラヴ・ストーリーに過ぎないと思っていたからです。

ところが,実際に観てみると,そこまで単純な話ではなく,意外に面白かったではありませんか。期待が皆無だっただけに,尚更面白く感じました。結末付近の展開はまさに私好みです。

ストーリー以外には,綾瀬はるかが非常に魅力的に撮れているのが特筆に値します。更に相手役の小出恵介については,他の役者ではこの役は無理ではないかと思えるほどにピタリとハマっていると感じました。

ただ,細かく見ると色々と疑問点が存在する映画だとも思います。監督・脚本が韓国人であるせいか,台詞や時代考証が不自然に感じられる場面がありましたし,大地震の場面の大袈裟さは都合が良すぎるようにも思えました。この辺を欠点と感じるタイプの人には向かない映画かもしれません。私は細かいアラに対しては寛大なタイプの人間なので,映画を十分に楽しめたというわけです。

なお,映画未見で今後観に行く予定の人は,事前知識は公式サイト程度の情報に留めておきましょう。間違ってもネタバレが書かれたブログや掲示板に近づくのは避けるべきです。
posted by D Slender at 01:05 | Comment(1) | TrackBack(2) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 同居人と仲良くしていければ、人生楽しいですよね。
Posted by DS鹿 at 2008年06月13日 02:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99892181

この記事へのトラックバック

「僕の彼女はサイボーグ」合格!でもラスト10分は不要かな
Excerpt: 「僕の彼女はサイボーグ」★★★☆オススメ 小出恵介、綾瀬はるか主演 クァク・ジェヨン監督、2008年、120分 初めからサイボーグと分かっているから、 もっと破壊的でムチャクチャな..
Weblog: soramove
Tracked: 2008-06-14 22:15

僕の彼女はサイボーグ
Excerpt: 僕の彼女はサイボーグ (2008)今回の映画は、「僕の彼女はサイボーグ」です。本作「僕の彼女はサイボーグ」は、素朴な青年と未来から来たサイボーグの美女とのファンタジックなラブストーリーです。監督は韓国..
Weblog: 映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」
Tracked: 2008-10-17 06:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。