2008年05月11日

映画「相棒」簡潔レビュー

5月1日のエントリ「相棒」についての続きです。

結局、旅行中に今治市内のシネマサンシャイン(フジグラン今治内)で映画「相棒」を観賞してしまいました。普段のTVドラマに比べると迫力重視のつくりになっていて、それはそれで映画としてはアリだと思いますが、ミステリ的にはちょっと物足りなかったです。最終的真犯人に繋がる伏線はちゃんと張っておいて欲しかった。とは言え、総合的には及第点でした。観客動員は好調のようですし、これを機にドラマの方の「相棒」の人気が更に上がると良いと思います。
posted by D Slender at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96353216

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。