2008年02月01日

NAVITIME地下街に対応か(2980)

当ブログ通算2980個目のエントリです。今月中の3000本安打達成は確実となりました。

それはさておき、au携電ユーザにとって注目に値するニュースを1つ。
KDDIとナビタイム、地下街でGPSを利用する実証実験に参加(IT media)
 ナビタイムジャパンとKDDIは1月31日、2月1日から2月14日まで大阪の阪急三番街で行われる実証実験「みて! ふれて! つかおう! ユビキタス体験 in 阪急三番街」に参加すると発表した。auの携帯電話によるナビゲーションサービス「EZナビウォーク」を地下街で使う実験となる。

GPSを用いて現在位置を把握するEZナビウォークなどのナビゲーションサービスは、衛星からの電波が届かない地下では利用できない。そのため、実験では屋外に設置したアンテナでGPSからの電波を受信し、地下に再送信する「GPS再放射システム」を使用。これにより、地下でもEZナビウォークによる歩行案内を可能にする。

 実験はEZナビウォーク対応携帯を持っていれば一般ユーザーでも参加できる。期間中は地下街で専用メニューから実証実験エリアの店舗が検索できる。


地下街でもGPSが使えれば確かに便利です。素人の直感ですが、アンテナを立てるコストの問題がクリアされれば、技術的には支障なく実現できそうな気がします。

ところで、私は初めての場所を歩くときなど、EZナビウォークを駆使しています。とても便利ですが、些細な不満が2つあります。

1つは、測位に若干のタイムラグがあるので細道ゴチャゴチャの場所だと迷いやすいこと。ただ、厳密なリアルタイム測位だと携電の電池消耗が激しくなるので仕方ないのかも知れません。

もう1つは、自転車の速度に対応したナビができないこと。携電の画面を見ながら自転車に乗るのが危険なのは言うまでもありませんが、音声ナビなら無問題でしょう。だから自転車モードがあっても良いと思うんですがねえ。
posted by D Slender at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。