2007年12月27日

2007年の鉄道マナーアンケートと座席対面問題の件

日本民営鉄道協会(旧私鉄の業界団体)が毎年末に発表している「駅と電車内のマナーアンケート」の結果が今年も公表されました。詳しくは協会のpageからリンクされているpdfファイルを参照してください。ここでは「お客さまが最も迷惑に感じる行為」の総合TOP10を引用しておきます。
1位 座席の座り方 15.2%
2位 携帯電話の使用 12.2%
3位 泥酔状態での乗車 12.2%
4位 乗降時のマナー 12.2%
5位 電車内で騒ぐ 10.8%
6位 ヘッドホンステレオの音漏れ 8.1%
7位 荷物の持ち方・置き方 7.8%
8位 女性の化粧 5.9%
9位 所構わず電車の床に座る 5.7%
10位 たばこについて 3.5%

座席の座り方は4年連続の1位だそうです。なお、昨年度の結果については当ブログでエントリを書いています。
【関連エントリ】電車内迷惑行為観

ランク内に煙草の件が入っているのは厳密には変だと思います。何故なら、鉄道施設の禁煙箇所での喫煙は鉄道営業法違反だからです。つまり、マナー以前の違法行為です。

煙草は論外として、それ以外の9つの中で個人的に全く迷惑を感じないものは携帯電話使用とヘッドホンの音漏れと女性の化粧です。理由は昨年のエントリに書いたので繰り返しません。

ところで、私が電車内の他人の行為で迷惑、というより見苦しく感じるものが2つあります。

クロスシートでの足伸ばし
1つは、上の画像のように、4人掛けの自由席座席で靴を脱いで対面の座席に足を掛ける行為です。これはアンケート1位の「座席の座り方」に含まれるかも知れません。何故この行為が嫌いかというと、その席に座りたい人が躊躇する可能性が大きいからです。また、欧米的思考の持ち主である私にとって、公共の場で靴を脱ぐこと自体に多少の抵抗があります。

もっと嫌いなのは、特急やグリーン車などで2人掛けロマンスシートを対面状態にしておきながら、元に戻さずに電車から降りる行為です。これはアンケート結果には含まれていないようです。
座席を対面状態にして元に戻さない
公共のものを動かしておきながら原状復帰しない人の神経が私には信じられません。

以上のように、(これまで何度か書いてきたことですが)どんな行為を迷惑に感じるかは人それぞれなので、マナー論議で万人が納得する結論が得られることは望み薄ですし、見ず知らずの他人のマナーを注意するなど不毛かつ危険だと思います。ゆえに、私も上に書いたような「対面状態の座席を戻さない人」をリアルで咎めることは絶対にありませんし、ブログで「止めてください」と呼びかけることもしません。
posted by D Slender at 23:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私としては、座席(クロスシート)の座り方で、靴底を車内の壁や目の前の座席になすりつける(脚を組む)座り方が嫌いです。器物損害です。自分のものでないのをいいことに、酷すぎます。
Posted by N at 2010年01月28日 16:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。