2005年08月21日

ダツ

ダツ
先日の休みの日に珍しくテレビを見ていたら、フジテレビの夕方のニュースでダツを特集していました。ダツとは、嘴のように鋭く尖った頑丈な口と歯を持つ魚。漁師やダイバーが刺される事故が全国で起きています。刺される場所が悪いと絶命したり失明したりするのです。
【参考1】ダツ(アクアコーラル企画)
特に事故は夜間におきます。魚の習性で、光に向かって突進してきます。よく時代劇で聴く「飛んで火に入る夏の虫」ならまだかわいいのですが、ダツが突っ込んで来た日には大変です。

○夜間のダイビングでの水中ライトの向け方には注意が必要です。ライトは体から離し、海底に向けて照らすこと。
 四方八方に照らしたり、ふざけたりしないこと(とても危険です)。特に水深1mまでの浅い部分での事故が多いので浅瀬では特に気をつけましょう。

少し補足します。テレビニュースの実験によると、夜間にダツに向けて水平に光を当てたときのみ突進してきました。単なる光刺激への反射に過ぎず、人間に危害を与える意図は皆無。

テレビでは眼をダツに突かれた衝撃写真もオンエアされていました。次のサイトにも画像が載っています。(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
ダツ(SeaKayak釣ing 釣魚大ZEN)

まあ、私は一生海に潜らないと思うので大丈夫なのですがね。

ところで、サンマ、サヨリ、トビウオ、メダカなどは分類学上すべてダツ目であるという事実に少し驚きました。多様な種の魚を代表するダツって偉いんですね(違)。特に、メダカのように生息域もサイズもダツとは違う魚がダツ目とは。
ダツ目(Wikipedia)


posted by D Slender at 10:14 | シンガポール ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。