2005年08月05日

国内宿泊予約サービス三つ巴

7月26日に書いた記事「楽天トラベル手数料値上げの影響」の関連記事です。

その後、楽天トラベルが一定期間の手数料値下げ方針を打ち出していました。
楽天トラベル、一定期間手数料値下げ 顧客離れ食い止め
楽天トラベルは7月26日、宿泊施設向けのシステム利用料を値下げする期間限定キャンペーンを始めた。9月1日にスタートする新契約体系での料金値上げに対して宿泊施設の反発が高まっており、契約更新が進んでいないことに配慮した。

 8月10日までに契約更新した施設に対して、2007年3月31日まで、システム利用料を最大1ポイント引き下げる。

実績がある会社だけに、これによって顧客離れは当面食い止められそうです。

一方、リクルートとヤフーが旅行サービスを共同展開することになりました。これにより、楽天トラベルに匹敵する国内最大級のネット旅行予約サービスが誕生することになります。
リクルートとヤフー、旅行関連サービスで提携--国内最大級の予約サービス(CNET Japan)
両社はまず、「日本最大級の国内宿泊施設予約サービスを構築する」としており、リクルートが展開する国内宿泊施設予約サービス「じゃらんnet」の契約宿泊施設を、Yahoo! JAPANが展開する総合旅行サービス「Yahoo!トラベル」および「Yahoo!ビジネストラベル」から予約できるようにする。これにより、「Yahoo!トラベル」で予約できる国内の宿泊施設の数は、これまでの約8500施設から約1万5000施設になる。両社は、2005年9月にはプレサービスを開始し、2006年1月より本サービスを開始する予定だ。

楽天トラベルに加盟する施設数は(従来は)約17000ですから、15000になれば十分に肉薄します。万一、楽天トラベルが加盟数を減らすことがあれば、逆転の可能性もあると思います。

以上、楽天トラベルユーザとしては見逃せないニュースでした。

ところで、今回の発表によって最も危機を感じているのはライブドアの子会社ベストリザーブではないでしょうか。実績で楽天に水を空けられ、知名度でヤフーandリクルートに劣っているのですから……


posted by D Slender at 02:06 | シンガポール ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

宿泊予約サイト分析-1
Excerpt: これだけ一度にニュースがあると面白い。ネット宿泊予約業界夏の陣。 ヤフートラベルとじゃらんの提携 http://www.asahi.com/business/update/0802/114.html ..
Weblog: 俺なりのたわごと
Tracked: 2005-08-13 12:47

楽天トラベル vs ヤフートラベル
Excerpt: 旅行予約サイト最大手の楽天トラベルと3位のヤフートラベルの覇権争いが注目されています。先日、ヤフーが2位のじゃらんnetと業務提携をしましたが、今度は楽天トラベルが国内外の旅行商品の企画・販売ができる..
Weblog: 我ら、地域の仕掛け人!
Tracked: 2005-08-31 08:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。