2007年04月26日

米国でフルオロキノロン耐性淋菌増加

前エントリに続き、医学関連の話題です。

一昨年の7月のエントリ薬剤耐性淋菌の増加に関連しています。米国で、薬が効かない淋菌が急増しているそうです。

米で薬効かない淋病急増 対策センターが勧告(産経新聞)
 米疾病対策センター(CDC)は、淋病(りんびょう)を引き起こす淋菌に薬が効かない耐性菌が急増してきたため、フルオロキノロン系の抗生物質を使用しないよう米国内の医療関係者に勧告した。有効なのはセファロスポリン系だけとなり、CDCは「新しい抗生物質の開発が急務だ」としている。

 全米26の都市を対象に昨年実施した調査で、男性の淋病患者に占めるフルオロキノロン耐性淋菌の割合が、使用を控える基準の5%を超える6.7%になっていた。2001年調査(0.6%)の約11倍に急増した。

 淋病は米国でクラミジアに次ぎ2番目に多い性感染症で、毎年約70万人が新たに感染するとされる。ペニシリン系やテトラサイクリン系抗生物質には既に耐性で、これまでフルオロキノロン系が第1選択薬だった。

古典的な抗生物質のペニシリンは、既に淋病には無効なんですねえ。薬が効かない少数の菌が生き残り、遺伝子が急速に広がっていくことにより、耐性菌が主流になるというわけです。新薬開発と細菌の耐性獲得のいたちごっこ。

ふと思いましたが、淋病を撲滅してしまうことってできないのでしょうか? 地球上の全人類を1ヶ月くらい性交禁止にして、その間に全淋病患者を徹底治療すれば淋菌は滅亡しそうな気がするのですが………余りにも非現実的な方法ですな。
posted by D Slender at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。