2007年01月25日

「ゆとり教育」はそのままでもOK

教育と政治に絡むニュースですが、「社会派DS」ではなくこちらに書きます。

ゆとり教育見直しに異論続出=与党(時事)
見出しは「異論続出」となっていますが、「与党内で意見が分かれている」の方が実情に近いようです。以下、記事を引用します。

 自民、公明両党は24日、衆院第1議員会館で教育再生検討会(座長・大島理森元文相)を開き、政府の教育再生会議がまとめた第1次報告について協議した。会合では、再生会議事務局長を務める山谷えり子首相補佐官の説明に対し、出席者から「ゆとり教育」の見直しに異論が続出。政府に対し、来週改めて見直しの狙いなどを説明するよう求めた。
 会合では、これまでゆとり教育を推進してきた文部科学相経験者らが、授業時間数の10%増加などについて「知識向上に重点が置かれている。ゆとり教育が目指す人間力の向上が大事だ」などと相次いで反対論を表明。さらに、体罰の基準緩和を明記したいじめ対応策に関しては、「現場の視点を持つべきだ」との指摘が出された。
 これに関連し、公明党の斉藤鉄夫政調会長は都内で記者団に対し、出席停止制度の積極活用について「教育の放棄にならない対策を与党で練る必要がある」と述べ、政府に慎重な対応を求めた。
 一方、自民党の町村信孝元文科相は都内で記者団に対し、「報告がこれまで進めてきた教育改革とまるで違った方向に進んでいるとは受け止めていない」と一定の理解を示した。


ゆとり教育導入を一因とする学力低下が生じているのは事実。何らかの対策は必要だと思います。意欲と能力に恵まれた学生の才能開花が遅れるようでは、社会的損失になるからです。

しかし、ゆとり教育を完全撤廃して昔に戻るのが良いかどうかは疑問。そもそも、全ての生徒・学生が高度な知識や学力を身につけるのは無理ですし、その必要もありません。無理なことに挑戦しても徒労に終わる可能性があります。また、仮に落ちこぼれが多数存在しても、一握りの優秀な人が学問を究めれば科学はちゃんと進歩できます。

教育改革をするなら、ゆとり教育の枠組みはそのままに、優秀な生徒が積極的に発展的学習を進められるサポートを強化する、という方向性が理想だと思います。更に、頑張った人が社会的に報われるような文化であって欲しい。残念ながら今の日本社会はそうなっていないと感じます。そのためには、(以前にも書きましたが)政治や文科省レベルでの教育改革では不十分かも知れません。企業経営者をはじめとした雇用側の意識改革も必要ではないかと思います。

なお、いじめ対策も大事な教育改革ですが、この件に関する私の所感は、別の機会に譲ることにします。

【関連過去エントリ】 私の教育観については、以下のエントリに詳しく書いてあります。
フィンランドの教育事情
「反学歴社会」を検証してみる
posted by D Slender at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。