2012年10月04日

天理市の横断歩道轢き逃げ事件

無信号横断歩道での交通事故のニュースが最近特に目立つと感じています。以下のニュースは轢き逃げ事件でもあるため、特に悪質だと感じます。

ひき逃げ:小4はねられ重体 奈 良・天理の国道(毎日新聞)

3日午後8時45分ごろ、奈良県天理市石上町の国道169号交差点を近くの 小学4年生、前川聖(しょう)君(1 0)が横断中、左から来た車にはねられ た。車は逃げ、前川君は頭などを強く打 ち、意識不明の重体。県警天理署はひき 逃げ事件として捜査している。

同署によると、現場は信号機がない交 差点。前川君は当時、同じ小学校の男児 と一緒で、星を見るために近くの空き地 に行く途中だったという。男児らの話で は、黒っぽい車が前川君をはねた後、そ のまま進行方向へ逃走したという。


被害者の回復と犯人逮捕を心から念願します。

【後刻追記】容疑者が逮捕されたようです。
<ひき逃げ容疑>天理で小4重体 近くのパート従業員逮捕
posted by D Slender at 20:49 | 神奈川 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 横断歩道問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういう痛ましい惨劇を目にするたび、すべて横断歩道は歩車分離式信号にするべきだという意見に同意し、それを推進したい気持ちが強まるものです。
暴走自動車により、なんらの罪もない、それも子供が、子供の命が奪われたのですから
社会はもっとシビアに考え、自動車のわがままよりも、市民らの安全を第一に確保するという当たり前の信念を、もっと道路に反映するべきだと私は考えます。
Posted by 佐藤 at 2012年10月21日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。