2006年11月18日

国内36年ぶりの狂犬病死者

狂犬病の男性が死亡(スポニチ)
厚生労働省は17日、フィリピンで犬にかまれ、帰国後に狂犬病を発症した京都市の60代の男性が同日未明、入院先の京都市内の病院で死亡したと発表した。

 国内での狂犬病による死亡は1970年、ネパールで犬にかまれ、帰国後に発症した男性が死亡して以来。

 狂犬病は通常、人から人には感染しないが、京都市保健福祉局は「念のため」として、男性が接触した可能性のある人について感染の有無を調べる。

 男性は8月末、フィリピンで野良犬にかまれ感染したとみられている。11月1日に帰国後、水を怖がるなど狂犬病に特徴的な症状が現れて13日に入院、意識不明の重体となっていた。

 狂犬病の潜伏期間は1―3カ月程度。いったん発症すると進行が早く、ほぼ100%死亡するとされる。


狂犬病が発症後死亡率ほぼ100%の恐ろしい感染症であることは、昨年のエントリ狂犬病で既に記してあります。海外で犬やコウモリなどの危険動物に咬まれたら、潜伏期間中にワクチンを接種しなければなりません。ワクチンは正しく打てば効果大だそうです。

さて、昨年のエントリでも参考になるサイトのリンクを書いておきましたが、これを機に幾つかリンクを追加しておきます。

狂犬病(京葉獣医師会)
狂犬病ウィルスが脳に達すると爆発的に増殖することが書かれています。一旦発症するとまず助からない原因の一つなのでしょう。また、狂犬病を発症した犬の画像があります。

Wikipedia -狂犬病
発症しても命が助かった事例がこれまで6件あることが記されています。とはいえ、世界では年間数万人が死亡しているわけですから、助かった事例は正真正銘のレアケース。やはり、事実上死亡率100%と言って良いでしょう。狂犬病患者の画像もあります。

Malady of the Month Archives - Rabies
英語のサイト。Wikipediaで使われているのとは別の狂犬病患者画像があります。狂犬病の恐水症状の凄まじさが伝わってくる画像です。なお、狂犬病は英語でrabies、恐水症状はhydrophobiaです。
posted by D Slender at 12:31 | Comment(0) | TrackBack(2) | 科学・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

比で日本人が狂犬病発症
Excerpt: 衝撃のニュースが入ってきた。[:雷:]京都の男性が狂犬病発症 比で感染、1970年以来  厚生労働省は16日、京都市内の60代の男性が狂犬病を発症し、意識不明の重体になっていると発表した。男性は8月..
Weblog: JOCV セブねっと
Tracked: 2006-11-19 01:45

今年2人目の国内狂犬病患者
Excerpt: ほんの1週間前に国内36年ぶりの狂犬病死者が出たばかりだというのに、今年2例目の国内狂犬病患者が発生してしまいました。 横浜でも狂犬病、60歳代の男性が重体(産経新聞) 厚生労働省は22日、フィリ..
Weblog: dslenderブログ
Tracked: 2006-11-22 17:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。