2006年10月19日

「真性引き篭もり」の「馬鹿だ」論

私のお気に入りブログの一つ真性引き篭もりといえば、個性的な文章と着想をもつブログ論などで有名。

本日のエントリコメント欄に対するコメントとかには、「真性引き篭もり」のコメント欄に寄せられたコメントに対する批判的なコメントが書かれています。詳しい事情についてはリンク先を熟読していただくとして、Web上での他者批判に関する一般論として、次の箇所が印象に残りました。

しかし、注意せねばならぬことがある。
「馬鹿だ」と書くのは簡単すぎるという点である。

「馬鹿だ」と書くだけなら、誰でも何時でも一瞬で出来る。そして、この世界は、他者を不愉快にさせるという目的だけの為に「馬鹿だ」と言う輩、書く輩で満ち溢れている。

即ち、誰かを名指しで「馬鹿だ」と書く場合は、それら他者を不愉快にして自己満足を得るという目的だけの為の「馬鹿だ」と区別可能な形で、しっかりと「馬鹿だ」と書かねばならぬのである。

そうでないこと、つまり「他者に不快感を与えて自己満足を得る為の馬鹿だ」ではないことを証明するには、普通、膨大な労力が必要となる。論拠を述べて、なぜ故に対象者が馬鹿であるかを書き、その問題の全てを指摘し、整理した上で、「間違いを犯した」とか「認識不足」といった領域を越え、もはや「馬鹿」と呼ぶしかない。と断った上で、「馬鹿だ」と言わねばならない。

ところが、そんな「馬鹿だ」は滅多と無い。

これは、「馬鹿だ」に限らず、「氏ね」とか「死ね」にもあてはまるでしょう。ブログのコメント欄やある種の掲示板などで頻繁に目にする安易な一行批判。大嫌いです。心の中で書き手を心底から軽蔑しています。

今後とも、私自身が決してその種の批判を書くことがないように留意してまいる所存です。

【関連過去エントリ】Webでの批判の際の心構え
posted by D Slender at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | ネット問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

中国株の【ど素人達】が100万以上稼ぐ【中国人超投資術!】
Excerpt: 一部の中国株内情を知るものが荒稼ぎしている極秘の中国株投資ノウハウ暴露!昨年40部限定販売したところ、なんと【1時間で完売】!雑誌・新聞からの取材依頼が殺到。知識・経験ゼロ、資金ほぼゼロで100万円以..
Weblog: 中国株で絶対儲ける会
Tracked: 2006-10-19 15:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。