2006年09月18日

松屋ひとすじ15年

松屋牛めし接写
職場の休憩中。松屋の牛めし(豪州産)を食べてます。今日は接写してみました。

さて、今日は吉野家の牛丼販売再開ということでメディアが騒いでいますが、こんな日でも私は松屋を選びます。以前に書きましたが、私が競合店舗の中で松屋を最も好む理由は、ひとえに食券方式。ということは、仮に吉野家が食券方式を採用したら、私が吉野家ユーザーに転じる可能性は大いにあります。私という貴重な消費者の志向を見抜けない吉野家経営陣の不明は批判されるに足りるでしょう。

そういえば、私が最後に吉野家に入店したのは約15年前。まだ学生でした。ということは、私は松屋ひとすじ15年。

吉野家
ところで、夕方のこの時刻であっても吉野家の行列は途絶えていません。皆、再開された牛丼(米国産)を求めているのでしょう。一方の私は、4人しか客が居ない松屋店内で悠然と牛めしを完食。

どちらの立場の方が恵まれているでしょうか? 食べ物のために待ち時間を消費する行為を低く評価する私にとっては断然後者。しかし、世の中には逆の考え方の人も多いはず。

異なる主張の人どうしが分かり合うことの難しさは、こんななところにも現れるのです。
posted by D Slender at 18:10 | Comment(2) | TrackBack(1) | moblog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
吉野家に15年行ってないとは驚きです。ちなみにFK以外のハンバーガーショップには何年行ってないのでしょうか?
Posted by DS狸 at 2006年09月18日 23:15
FK以外のハンバーガー屋さん(ファストフード店)を最後に利用したのは昨年4月(マクドナルド)でした。

FKは松屋より店舗数が少ないので、他の店を利用せざるを得ないことが多いと思われます。
Posted by D Slender at 2006年09月19日 16:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『食い逃げされてもバイトは雇うな』感想(?)
Excerpt: 2005年に公認会計士・山田真哉氏の著書『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』という本がベストセラーになったことをご存知の方も多いでしょう。 先日、同じ著者の近著『食い逃げされてもバイトは雇うな』(光文..
Weblog: dslenderブログ
Tracked: 2007-06-10 02:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。