2011年12月01日

2011流行語大賞への簡潔な所感

今日は無信号横断歩道に関する文章はお休みにして、一般的なニュース関係から。「ユーキャン新語・流行語大賞」の結果を引用しつつ「これは違うだろ」とツッコミを入れるのはブロガーにとっての年末の風物詩です。

本日2011年度の大賞とトップ10が発表されたので、まずは公式サイトから引用しておきます。
◎年間大賞・トップテン 
 なでしこジャパン
◎トップテン
 絆
 スマホ
 どじょう内閣
 どや顔
 帰宅難民
 こだまでしょうか
 3.11
 風評被害
 ラブ注入

個人的にサッカーに全く興味が無いので、大賞の「なでしこジャパン」にはピンときません。そもそも昨年以前から割と広く知られている言葉ですから、今更感を覚えます。「スマホ」「帰宅難民」「風評被害」辺りも、確かに今年脚光を浴びた出来事に関する用語ではあるものの、昨年以前から私の中では定着していた言葉なので、今更感を覚えます。

さて、私的流行語大賞を1つ選ぶとすれば、「建屋」です。今年の原発事故をきっかけに、発電所内の建築物を業界では「建屋」と呼ぶことを初めて知りました。おそらく大部分の日本国民も同様でしょう。今年ならではの「流行語」にふさわしいと考えます。次点は「計画停電」かな。いずれも本家ユーキャンではノミネートされていましたが、惜しくもトップ10には入りませんでした。
posted by D Slender at 21:00 | 神奈川 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。