2004年06月22日

若年blog

既にblog界では有名かもしれませんが…

けいてぃ (KATIE) の日記
2歳の女の子によるblog

そして、つい先日、最若年bloggerの記録を破る人が出現。
しょうまにっき
1歳の男の子です。

この調子でいくと、近日中に0歳児日記もお目見え?


posted by D Slender at 14:45 | 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | URL紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「救急車内から病院へ心電図を送る方法」「救急車内から病院へ心電図を送る方法」

パソコン心電計を利用して
救急車内から病院へ心電図を送る方法

ご予算及び貴施設でのパソコン活用術で下記の方法が考えられます。
もし、この他にも、良い方法がございましたら、お知らせ下さい。

a, 一旦心電図を、12誘導若しくは6誘導で取得した後、
インターネットで送信する方法
 
b, 心電図をモニターしている最中に、12誘導又は6誘導心電図
  を病院でも同時に監視したい場合、
  市販の同時表示ソフトウエアで、遠隔のPCに同時表示する。

c, テレバイタルのソフトウエアを採用する方法

d, 心電図を12誘導又は、6誘導で、単発的に、画面の一場面
  をウィンショットなどの市販のソフトウエアで送る方法
  いずれも可能。

e, 救急車内で連続12誘導心電図を30分まで記憶して、
  後でインターネットなどで送信する場合、
  
f, 長時間の心電図を記憶もし、且つ上記の機能も持たせる場合は
  非観血血圧付き。
Posted by パソコン心電計 at 2007年11月05日 06:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。