2011年08月30日

横浜トリエンナーレ2011(日本郵船海岸通倉庫会場)

前エントリに引き続き横浜トリエンナーレ2011の簡潔な感想を。日本郵船海岸通倉庫は前回に引き続きメイン会場の1つに選ばれています。入口がわかりにくい会場です。同じ住所(多分)の日本郵船歴史博物館のほうが通りに面していて紛らわしいのです。ここはひとつ関係者の配慮で、日本郵船歴史博物館の建物の随所に「トリエンナーレ会場はこちら→」のような目立つ貼り紙類を貼りまくっても良いのではないかと思われます。

こちらの会場は家庭の某事情により半分ほど観覧したところで退場せざるを得なくなってしまいました(涙)。何とかしてもう一度見に行きたいなあ。その中で2番目に印象に残った作品の画像を添付します。落合多武「猫 彫刻」です。僅かに音が出る作品です。しまった、私の靴の一部が写っている。
猫彫刻

一番印象に残ったカールステン・ニコライ「フェーズ」は撮影していません。プロジェクターを用いた作品なのですが、ブース内でじっくり鑑賞している観客が私の他に複数いたので、撮影音を出すのがためらわれたからです。興味ある方は「トリエンナーレ 2011 フェーズ」辺りでweb検索を各自でどうぞ。
posted by D Slender at 23:21 | ムンバイ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。