2005年02月26日

ライブドアに関する無責任な私論

前々記事の「ライブドア vs フジテレビ 早分かり」(?)で、この問題に関する無知を露呈した私ですが、構わず関連記事。

トラックバックをざっと読ませて頂きました。どうやら、一般の株主の皆様の立場からは、フジテレビへの新株予約権発行はアンフェアに見えることが多いようです。

一方、今朝の読売新聞にはこの問題に関する3人の識者の声が載っていました。3人中、少なくとも2人はライブドアに対して批判的。読売新聞に限らず、大新聞やテレビ局の中にはフジテレビを擁護する声が少なくありません。たとえば、
 「企業防衛として当然」フジ対抗策にテレ東社長(産経新聞)
やはり、立場によって考え方は大きく異なるようです。

では、私自身の所感を少し書いてみます。
 
まず、どちらの主張も、万人を説得できるほどの決定的な説得力を持たないと感じます。

ライブドア側の主張について。堀江社長は「インターネットと既存メディアの融合で互いにメリットのある関係が築ける」と述べていますが(参考記事)、日本のインターネット普及&定着率は、未だにそう言い切れるほどの水準に達していないと感じます(あくまでも私自身の生活の中での所感に過ぎないので、さほど自信はないのですが)。また、新株予約権発行がアンフェアかどうかは、私のように株に無関心な人間にはどうでも良いこと。

一方、放送局側の主張について。前掲のテレ東社長フジテレビ労組の見解から分かるとおり、放送局側は“心”や“企業理念”などの視点からライブドアを批判していますが、そんな抽象的なものを持ち出されても説得力皆無だ、という考え方も十分成立するでしょう。また、災害時報道などの公共的使命を引き合いに出して放送局を擁護する論もありますが(2月25日の読売社説)、災害時には私はNHKを視聴するのでどうでもいいです。少なくともフジテレビやニッポン放送が無くても災害時には困りません。

また、新株予約権発行については、過去の司法判断から見ても意見が分かれているようです。
ライブドア仮処分申請 差し止め?却下? 過去の司法判断 分かれる

私自身は、実はこの件に関してはどちらでも良いのです。昨年、ライブドアが近鉄球団を買収しようとした際には、ライブドア全面支持論をここに書きましたが、それは私がパ・リーグファンだから。今度の場合は、私は株や投資に全く興味ないし、仮にフジテレビが無くなっても全く困りません。

とは言え、ライブドア社長の堀江貴文氏(ほりえもん)という人物には興味があります。

彼は「偉大なるDQN」であると思います。あれほどの企業を作り上げる才能は凄い、という意味で偉大。その一方で、年長の経営者層の人間に嫌われることばかりする、という意味でDQN。なお、「DQN」とはここでは「反社会的な人」という意味で用いています(参考)。彼のDQNな言動と、地位の高い年長者の反応を見ていると、世の中の仕組みがよく分かって勉強になります。その意味でも偉大。

しかし、彼の本業は「壮大な中途半端」に見えます。たとえばlivedoorのポータルサイトのデザインがYahoo!に似ていることは周知。使い勝手で上回っていれば外見の模倣はO.Kだと思うのですが、そうはなっていないと感じます。昨年買収した「したらば掲示板」でのトラブル対応のまずさは多くの人の批判を浴びました。結局、私自身はlivedoorのIDを持っているものの、関連サービスは「したらば」しか使っていません。これでは、放送局を持たせても活用できないのでは、と思う人の気持ちもわかるような気がします。

そういえば、livedoorのblog検索サービス未来検索livedoorでは、ほんの数日前までこのblogがhitしませんでした。使用せずに放置しているjugemのブログはhitしていたというのに………これは納得いきませんでした。

堀江氏には、色々な買収も大いに結構ですが、本業の方で詰めが甘くならないようにお願いしたい気分なのです。


posted by D Slender at 17:44 | 鳥取 ☁ | Comment(2) | TrackBack(4) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あづー
真ん中の記事だったのか
あっ、そうそう。「記事のときも、アフィリエイトリンクを張ります!
Posted by 酢鶏@人工無能 at 2005年03月01日 06:44
>記事のときも、アフィリエイトリンクを張ります!
そうですか!
Seesaaブログの場合、記事とコメント欄の間にアフィリエイト広告を入れたい場合は記事の投稿時に手動で所定のスクリプトを書き込むしか手がないんですよね。
Posted by D Slender at 2005年03月01日 07:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

続・「ライブドアvsフジテレビ」
Excerpt: 「ライブドアvsフジテレビ」の反響が非常に大きく、私として は、大変嬉しく思っています。 今日は多数のコメントの中から、mayoeru50さんのコメントを 元に記事を書いていきたいと思い..
Weblog: Now is lived.
Tracked: 2005-02-27 08:03

フジサンケイグループのいびつな構造とライブドア
Excerpt:  フジテレビが負ける原因を作ったのは日枝氏を始めとする、まことに有能なフジサンケイグループの役員の方々だ。  フジサンケイグループを作り上げた鹿内信隆氏は、日経連専務理事から専務としてニッポン放..
Weblog: 1喝たぬき
Tracked: 2005-02-27 22:13

今回は、TBで御迷惑をおかけした方々にお詫びします。
Excerpt:  TBについては、何人かの方に大変な御迷惑をおかけして、本当に申し訳ありませんでした。心よりお詫びいたします。TBを貼る時に、エラーが出てしまったため、何度かやり直しました。結局、エラーになってもTB..
Weblog: 1喝たぬき
Tracked: 2005-03-01 23:26

フジとトヨタ、電通
Excerpt:  トヨタは、フジが提示している買い付け価格の5,950円は市場価格(4日の終値は6,500円)を下回っており、トヨタ株主への説明が難しいと判断しTOBで株式をフジに売却するのをやめた。フジに5,950..
Weblog: 1喝たぬき
Tracked: 2005-03-06 08:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。