2006年07月27日

怒り心頭に達するでも良い

正直、「怒り心頭に達する」が「誤用」だとは知りませんでした(私自身がこの表現を文章中で使うことはまずありませんが…)。

国語調査:「怒り心頭に発する」を「達する」と誤用多く(毎日新聞)
調査結果の数値の部分だけ引用します。
 ◇文化庁 国語世論調査◇

■どっちを使う?(◎は本来の言い方)
◎あいきょうを振りまく  43.9%
 あいそ(う)を振りまく 48.3%

◎怒り心頭に発する    14.0%
 怒り心頭に達する    74.2%

◎腹に据えかねる     74.4%
 肝に据えかねる     18.2%

◎言葉を濁す       66.9%
 口を濁す        27.6%

■重複した言い方(気にならない人の割合)

 あとで後悔した     54.4%
 一番最後        50.5%
 従来から        74.4%

■誤った言い方(同)

 元旦(元日の朝)の夜  40.8%
 白羽の矢が当たった   35・3%

そもそも「誤用」という言葉が適切かどうかも少し疑問です。「昔から慣用的・習慣的に使われてきた言葉が正しい」という価値観に立てば「怒り心頭に達する」「愛想をふりまく」は誤用ですが、「多くの人が正しいと認めれば正しい」という考え方を採用すれば、「誤用」でも何でもありません。

言葉というものは、相手に意図が伝わることが何より大事。伝わりさえすれば、文法的または慣用的に少々誤りがあっても、咎められるべきではないと思います。

過去エントリ合理的な誤用(「ら抜き言葉」など)にも書きましたが、私自身はできるだけ「誤用表現」を使わないように努めていますが、他人の「誤用」を注意するような真似は決してしません。

そういえば、2chなどの掲示板で「的を得る」のような誤用を使う人に対し、「的は射るものだ」のような指摘を書き込む人を時々見かけます。他のレスのついでに指摘するならまだしも、指摘だけの一行レスって非常に趣味が悪いと私は感じています。

【後日追記】なお、文化庁の報告書では「怒り心頭に達する」などを“誤用”とは呼んでおらず、“本来の言い方ではない”いう感じの表現になっています。ですから、“誤用”というのは一種のマスメディア用語だと言えると思います。
タグ:誤用表現
posted by D Slender at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(3) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

生き延びるために言葉も変化する
Excerpt: 文化庁が国民の言葉の使い方の実態を調べるため95年度から毎年実施している「国語に関する世論調査」で、今年も言葉の誤用が増えていることが指摘されている。こうした調査が行われるたびに「正しい日本語の使い方..
Weblog: ただいまに生きる
Tracked: 2006-07-27 19:23

怒りは心頭に「達する」ものではない
Excerpt: 先日、ニュースで「怒り心頭に発する」を「怒り心頭に『達する』」と誤用するケースが目立っていることが文化庁の調査で明らかになったことが報道されていました。 このような傾向に対して、「言葉は生き物だから」..
Weblog: 電波で GO!
Tracked: 2006-08-15 17:52

マスメディアの「ティッシュ」
Excerpt: こんにちは。1974年のオイルショックの記憶はないけれど1975年の細川たかしレコ大最優秀新人賞受賞は覚えている世代のD Slenderが、本日1個目のエントリを書きに来ました。 ティッシュ 10%値..
Weblog: dslenderブログ
Tracked: 2007-05-26 12:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。