2010年10月31日

2010日シリ第1戦雑感

昨日のNPB日本シリーズ初戦はロッテが勝ちました。

ロッテ012001100 5
中日 020000000 2
(勝)成瀬 (S)小林宏 (敗)吉見

感想を箇条書きで書きます。
(1) 中日の先発投手が吉見であったことに驚き。今シーズンはチェンの方が勝数・防御率ともに優れていたというのに。第2戦重視采配でしょうか?
(2) ロッテが成瀬を5イニングだけで変えたことにも驚き。とは言え、結果的にその後の中継ぎがきっちり抑え、シリーズで中継ぎ陣が使える目処がたったのはロッテにとって良かったと思われます。
(3) 一方の中日はリリーフ陣の目処が立っていません。今日の第2戦は全力で勝ちにいく必要があるので、リリーフ陣の「テスト」も思うようにできない可能性があるでしょう。この状況を打開するには、中日打線の復調が必要だと思われます。
posted by D Slender at 09:40 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。