2010年08月31日

iPod touchとau IS02レビューその1(概略)

奥の右から順にiPod touchとIS02とD25HW

今年に入ってから、いくつか携帯情報端末の類を購入しました。

まずは6月頃にiPod touchを購入。当初はムービーおよび音楽プレイヤとしての利用を主目的に考えていましたが、内蔵Webブラウザ(Safari)の使い心地が想像以上に良いことに感動し、現在ではほぼネット接続マシンおよびゲーム機と化しています。寝ながら片手で操作でき、かつほとんどのPC用Webページを閲覧できるのもGood。そのおかげで、家でのPCの起動頻度がめっきり減り、たとえば2chなどは専らiPod touchで閲覧しています。逆に音楽機能は殆ど使っていません。

私と携帯情報端末(PDA)類の関わりを振り返ると、往年のシャープの電子手帳やHP200LXに遡りますが、いずれも私にとって快適とは程遠い使い心地であり、それ以来、この種のマシンを敬遠してきたのです。しかしiPod touchに触れ、技術の革新を痛感しました。これならずっと使い続けられそうです。iPod touchに音声通話・カメラ・GPS機能が付いたiPhoneが世界的に大ヒットしたのも頷けます。

さて、その後、家以外の場所でもiPod touchでインターネットに接続したくなり、7月にイーモバイルのD25HW(Pocket WiFi)を契約しました。数年前のe-mobileの出始めの頃はエリア的にまったく使い物にならない感じでしたが、今は首都圏や地方の大都市なら全く困りません。エリア内であれば接続も安定しています。1日に366MB以上通信すると夜間に300kbpsに速度規制されてしまいますが、在宅時は固定光回線にWiFi接続する私の使い方ならば問題ありません。外出時に動画サイトに接続して重い動画を閲覧するようなことをしない限りは引っ掛からないでしょう。

イーモバイルの問題点は、エリアが極めて狭い地方へ旅をするときです。その場合に備えてドコモ回線のSIMが使えるWiFiルータを購入する手もありますが、これ以上回線契約を増やすのも気が引けるし……と、考えていたところで目に留まったのがauのスマートフォン(IS01 or IS02)です。私は従来からau携電ユーザなのでauには馴染みがありますし、新規申し込みで通話とネットの基本使用料が無料になる「ISデビュー割」が2010年9月末まで行われているので維持費も最小限で済みそうです。また、調べてみたところ、通常の月額接続料金の範囲内でWiFiルータ化(いわゆるテザリング)できる模様。そこで私にとって2回線目のau携電回線の契約に踏み切りました。IS01にしようかIS02にしようか少し迷いましたが、本体のサイズのコンパクトさと、iPod touchのOS(iOS)とは対極にあると思われるWindows Mobileを使ってみたかったこともあり、今月の始めにIS02を購入しました。IS02はiPod touch(またはiPhone)とは使用感が大分異なると感じます。それぞれ一長一短があります。通常の操作はiOSの方が使いやすい面が多々ある一方、iPod touch(またはiPhone)にはできないことがIS02ならできるケースもあります。

次回以降、iPod touchとIS02を比較しながら、もう少し詳しく書いてみたいと思います。
posted by D Slender at 13:23 | ムンバイ ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | IT技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。