2006年03月18日

油モノで脳内麻薬?

高油脂の食物を摂取すると脳内麻薬が分泌されて止められなくなる,という説がどうやら有力のようです.

摂取直後に「脳内麻薬」=つい油もの…快感感じてやめられず−仕組み解明・京大(時事通信)
 ついつい食べてしまうラーメンやフライなどの油もの。高カロリーの油脂を多く含む食べ物がやめられない原因として、摂取直後に大量の「脳内麻薬」が分泌され、快感を感じる仕組みがあることを、京都大大学院農学研究科の伏木亨教授らの研究グループが18日までに、突き止めた。
 同じ快感レベルの低カロリー油などができれば、肥満防止や改善につながる可能性もあるといい、注目を集めそうだ。26日に京都市で開かれる日本農芸化学会で発表される。


これ,ポテトチップスなどの揚げスナック菓子にも通用するのでしょうか? だとすれば,私がポテトチップスを食べ始めると止められない一方で,ノンフライスナックの明治カールだと全然あとを引かない理由が科学的に説明されたことになります……と断定するのは余りにも早計.単にカールの食感が私の好みに合わないだけかも知れないからです.  
posted by D Slender at 12:02 | Comment(1) | TrackBack(2) | 科学・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

この内容ですが、魚柄仁之助という方の著書で数年前から
とりあげられています。

ポテチがやめられないのも食感と油脂の快感、そして塩分やスパイスが
舌に与える刺激が繋がって止められなくなるとの事でした。
そういう意味ではカールよりもポテチの方が食感が
ある分、より中毒性は高いと思います。
(たとえノンフライでも)

ちなみに魚柄さんは脳内麻薬が分泌される理由については
「大昔はなかった油脂というものが体内に入るとそれが
生命維持の為に必要な熱(カロリー)だと判断して
本能レベルで快感を起こさせるからだ」と推測しています。

さらに、ゴマ油1滴つくる為に大量のゴマを使う事などから
通常の食材よりも濃縮された成分が快感をより引き起こす
のでは。とも書かれていました。

以上、長文失礼しました。
Posted by USHIZO at 2006年03月19日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

脳内麻薬、お前のせいかよ!!
Excerpt: おいしい食べ物ってどうしてカロリーが高いんだろう。おいしいご飯ってどうして油ものが多いんだろう。おいしいものをお腹いっぱい食べたいって願望はあるけど、やっぱりカロリーとか気にしちゃうから、なかなか辛い..
Weblog: まどかだでぃ
Tracked: 2006-03-20 17:17

摂取直後に「脳内麻薬」?
Excerpt: 同記事関連でトラックバックさせてもらいます。トラックバック返し歓迎です。
Weblog: 福岡の出張専門の整体院 院長の雑記帳
Tracked: 2006-03-20 18:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。