2006年03月11日

東工大が来年度から数学だけ入試を実施

東京工業大学理学部が来年から後期日程入試を廃止し、その代わり11月に数学だけの試験で20人を選抜するそうです。

数学だけ5時間…東工大「究極の1科目入試」今秋から
 センター試験の結果は参考にせず、面接も行わない。国立大学の入試の中で最も長い1教科試験になるとみられる。

 東工大によると、2007年度入学予定者に対する試験で、実施時期は今年11月。午前と午後に2時間半ずつの制限時間を設け、それぞれ2問程度を出題する。定員は20人。

東工大の従来の後期日程の数学は1時間半で2問なので、これよりは明らかにハードな問題が出題されそうです。

現在の大学入試で最も気合が入った難しい出題をするのは東大理1後期で、制限時間2時間半で3問。東大と比べて難易度や問題の質がどうなるか、大学受験業界の皆様は興味津々でしょう(と、他人事のように書いておきます)。

 物事を深く考え、じっくり課題に取り組む能力が落ちているとの見方から、公式や知識を問う難問ではなく、考える力や解き方が重要な問題を出す。

 大学側は、物理や化学などの能力も数学の試験で類推できると判断している。想定問題や解答例は、5月ごろ公表。合格水準に達する者が定員に満たない場合、欠員は2次試験前期日程の募集人員(165人)に加える。後期日程は廃止する。

大学側には、普通なら東大や京大を目指すような数学エリート層を早めに獲得したいという思惑があるのではないかと推測します。5月頃に公表されるという想定問題を楽しみにしておきます。
posted by D Slender at 17:05 | ムンバイ 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 科学・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然のコメント申し訳ありません。
私はブログランキング<Bootan>管理人の佐々木と申します。
この度、総合ブログランキングを開設致しましたので、
ご連絡させて頂きました。
今なら貴ブログに多きなアクセスを差し上げられると思いますので、
この機会に是非ご登録下さい。よろしくお願いいたします。
http://koya.gaii.net/bootan/
Posted by ブログランキングBootan at 2006年03月11日 17:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。