2010年01月04日

JR東日本券売機に払戻機能

JR東日本券売機
JR東日本の自動券売機に「買いまちがい払いもどし」機能が付いているのに気付きました。いつから付いているか定かではありませんが、おそらく最近のことでしょう。便利な機能ですが、最近の首都圏居住者のSuicaまたはPasmo所有率は相当に高いと思われるので、恩恵を受ける人は多くないと推測されます。

個人的には、使わなくなったSuicaの払い戻し機能も実装して欲しいと思います。券売機に不要Suicaを投入すれば自動的に残額とデポジット代の500円が出てくるのです。そうすれば、窓口に赴くのが面倒で不要Suicaを返却していない私のような人間にとって恩恵大です。Suica定期券の払い戻しを自動化すると本人確認等の問題が生じるのかも知れませんが、期限切れSuicaのみ自動払い戻し可とすれば良いでしょう。不要Suicaの回収率を上げることによって消費者に「エコ」をアピールできるメリットもあると思います。

最近は「エコ」さえアピールしておけば企業宣伝は十分という感じの風潮がある(←もちろん若干の皮肉をこめて書いてます)ことを考えると、私のアイデアは結構良いのではないでしょうか。JR東日本のご担当者の皆さま、是非ご検討ください。
posted by D Slender at 23:49 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。