2009年07月20日

7/19走行ルート(戸塚→境川アプローチ入門)

ローカルな話題ですみませんが、横浜市の戸塚近辺の自転車乗りは起伏に悩まされることが多いと思います。柏尾川沿いを除いては、どこに行くにも上り坂を回避できない感じです。

戸塚周辺から境川サイクリングロード(藤沢大和自転車道)に出るにはどのルートがベストなのか? これは私にとって昨年来の宿題でした。距離的には長後街道を行くのが断然有利なのですが、長後街道は踊場の坂がきつい上に交通量が多めなので、できれば回避したいところ。

昨日走ってみたのはこのルート。

まず、平坦な柏尾川沿いに戸塚→藤沢を走ってみました。戸塚から飯島橋までは自転車専用道がある(ただし環状3号線付近で一般道と一時的に合流)ので無問題ですが、大船駅の前後は道が狭い割に交通量多めの区間(平坦路で回避するのは難しそう?)があるので少し神経を使います。しかも、境川にアプローチするだけが目的なら明らかに遠回り。とは言え、平坦であることは大きなメリットではあります。

その後、境川沿いにいちょう団地(緑橋)まで行き、いずみ野→弥生台→西田橋→不動坂のルートで戸塚に戻ってきました。このルートは最近の私のお気に入りです。都市計画道路の権太坂和泉線(一部開通)は弥生台で標高70m近くに達するので坂道は避けられませんが、長後街道の踊場の坂に比べると一気に上る感じではないので若干楽に感じられます(きつい区間は押して上るのも手だと思います)し、長後街道に比べて交通量が少ないのもGoodです。西田橋〜不動坂は阿久和川沿いの遊歩道(?)をのんびり走るのが好きです。
posted by D Slender at 12:00 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。