2009年05月23日

八街(やちまた)市ひき逃げ事件の件

今日のニュースで一番印象に残ったのはコレです。千葉県のニュースですよ。

八街でひき逃げ 自転車の男性死亡(産経)
 22日午後11時40分ごろ、八街市文違(ひじかい)の国道409号で、同市八街のパート、海老沼和夫さん(58)が道路の中央付近にあおむけで倒れているのを、通りかかった男性会社員(53)が発見、110番通報した。海老沼さんは全身を強く打っており、間もなく死亡が確認された。佐倉署がひき逃げ事件として捜査している。

 同署の調べによると、海老沼さんから約60メートル離れた路上に壊れた自転車があり、自転車に乗った海老沼さんが車にはねられたとみられる。現場にブレーキ痕はなかったという。


まだ犯人は捕まっていないようです。

もし犯人が八街市民でなかったとしたら、今頃「八街でやっちまった……」と思っているかも知れません。ひき逃げは物的証拠がほぼ確実に残る犯罪なので、逮捕は時間の問題でしょう。犯人は今すぐにでも自首した方が良いですよ。

ところで、八街って知らないと読めない難読地名だと思いますが、この事故現場は更に追い討ちをかけるかのように「八街市文違(ひじかい)」ですか! できれば一度行ってみたいものです。そして、肘を掻きながら「文違で肘カイイ」と言ってみたいものです、というのは嘘です。
posted by D Slender at 23:04 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。