2004年12月02日

心臓ペースメーカについての覚書

電車内で携帯電話を用いると心臓ペースメーカが誤作動を起こす恐れがあるので危険、とお思いの方が多いかも知れません。確かに危険性は存在しますが、実はそれほどでもないのです。最近の鉄道会社の中には“ペースメーカ誤作動の恐れ”を携帯電話規制(?)の理由から外している所も多いはずです。

【資料1】
 医薬品・医療用具等安全性情報179号(厚生労働省)
この中の実験結果によると、植込み型心臓ペースメーカの場合、長い機種でも11.5cmまで携帯電話を近づけないと誤作動が起きないことが分かります。11.5cmというのは結構近いです。普通に耳に当てて通話する分には安全なのです。

最近の医療機関の中では、病院での携帯電話使用規制を緩和している場所もあるようです。先日、私の身内が心臓を悪くして入院し、正にペースメーカ植え込み手術を受けたのですが、携帯電話使用O.K.でした。

【資料2】 以下のpageを見ても、携帯電話の危険度はさほどではないことが分かります。
 ペースメーカーを付けてる人は携帯持てないんですか?(2004年6月・NAVER)
 電車と携帯マナーとペースメーカー2(2003年10月・探偵ファイル)

とは言え、仮に安全だとしても、絶対に安心できる場所を確保するためのマナーには存在意義がある、との主張も傾聴に値すると思います。
【資料3】医療現場と携帯電話(医療関係者さんのblog)
posted by D Slender at 23:35 | パリ 🌁 | Comment(8) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮沢章夫のエッセイか何かで得た知識なので事実なのか判りませんが
ペースメーカをつけたままの遺体を火葬するとペースメーカが爆発するそうですね

……"ペースメーカー 爆発 火葬"でググったら出てきました
爆発事故が結構おこっているようです
Posted by モノベ at 2004年12月03日 17:39
知りませんでした。情報ありがとうございます。

http://www.omakase-sougi.com/yougo_na.html
によると、
>故人がペースメーカー等を使用していた場合には火葬のときに爆発する恐れもあるので病院ではずしてもらいましょう

これは携帯電話による誤作動よりも危険かもしれません。
Posted by D Slender at 2004年12月03日 22:29

来る12月9日(金)、10日(土)に大阪グランキューブ大阪
(大阪国際会議場)で開催されます。奮ってご関係の先生の
ご参加およびご関係会社のご出展を期待申し上げます。
学会主催は国立循環器病センター内科・外科。
http://jca19.umin.jp/
http://www.kuronowish.com/~davinci333/

Posted by メディカルテクニカ at 2005年10月11日 16:28
【資料3】医療現場と携帯電話(医療関係者さんのblog)
に書き込めなかったので。

>議論の仕方として、携帯以外の電波を問題にしないのはおかしいと言うのを、携帯は安全だという結論に摩り替えておられる方を散見します。これはおかしいですよね?。

電磁波を発するとされるその他の家電製品を自らが使用しておきながら「他人の携帯電話は許せない」という態度なのだとしたら、それは筋が通らないということでしょう。
実際問題、携帯電話が出現してから誤動作による悪影響の起こった事例は一例も報告されておらず、極端な環境で「誤動作するかも知れない」という報告があるのみなのです。
なんだか、故事に言う「杞憂」と変わらないですよね。

それはさておき
「逆にそんなに目くじらを立ててまで、携帯電話の電源を入れておくことに固執する意味がわかりません。」
というのには同意できません。うっかり忘れてしまうことだってあり得るからです。
つまり「逆にそんなに目くじらを立ててまで、携帯電話の電源を切らせることに固執する意味がわかりません。」というのと同義なのです。


恐怖心を持つ人がいることも事実なので(アナウンスがそれを誇張している面もあるので)、優先席付近で電源切れというのはわからなくもありません。
札幌地下鉄みたいに「とにかく乗ったら切れ」というのはうんざりです。
Posted by at 2006年03月09日 20:28
日本心臓血管内視鏡学会のホームページをご案内します。
Posted by メディカルテクニカ at 2006年11月11日 23:37
Aerobic Exercise is Best Fitness Program for Patients with Stable Heart
Failureエアロビック運動が、慢性心不全疾患患者にとって、
2007年平成19年6月11日付け米国循環器学会で発表。

散歩と自転車ツーリングは、心臓の大きさと駆出能力を改善する。繰り返す運動リハビリで、太ももや殿部をすっきりさせ、たるんだ心臓を再成形すると言われている。最新の研究によれば、エアロビック運動が、以下のような作用を育成すると報告している。
つまり、慢性心不全患者の拡張性心が、全身に血液を駆出するすっきりした、より効率の高い臓器に変身させられたと述べている。2007年6月19日付けに出版された、米国循環器学会誌の記事は、結論付けて
発表した。心不全患者の812人でデータを収集し、分析している。ここで、エアロビクスに焦点を当てていることと、かつ、ウエイトリフティングを加えた点が最も評価される。この研究によれば、心不全疾患の患者が週に何回かエアロビクスをすれば、拡張した心臓が顕著に縮小し、血液の駆出が目だって改善することができたと報じている。研究者が、筋肉力を向上させる為、定期的な運動として、ウエイトリフティングを行った患者の心臓の大きさと機能は同じように改善しなかったことを発見して驚いたことである。
カナダのアルバータ、エドモントンにあるアルバータ大学のリハビリテーション医学の助教授 マーク J ヘイノウスキイ医師は、このエアロビクス方法に賛同している。 米国の推定5百20万人は、心不全症状で、毎年何百万日の入院をしている。
その直接および間接の費用は、40億円を超える費用が費やされている。殆どの場合、心不全は、慢性高血圧や心筋梗塞発作によるダメージの結果である。
繰り返しで、心臓は拡張し、変形し、血液駆動が極端に衰弱し、リモデリングの状態に入る。その結果、患者は、典型的症状として、わずかなの動作で息苦しくなる。何年も、医師達は、そのような心不全の患者に運動を控えるように指導してきた。あるケースでは、患者は余分なストレスを心臓に与えないようにベットで安静にされてさえいた。しかし、ここ数十年の間に、運動が心不全患者にとって効果的であるのみならず、患者をより活発に生活させることが日々明らかになってきた。そして、更に、人体は、弱った心臓を修復する時に起きる、害あるホルモンの逆作用が起こることが判ってきた。ロスアンジェルスのUCLA大学の医学部教授で、外来循環器科主任のスタンレイ A ルビン先生によれば、この新しい研究の重要性は、運動方法を設計する指標を示している点であると述べている。まもなく全米で、運動トレーニング法の基準を定めた試行調査が、自発的参加患者に対し実施される。上記心不全患者には、術前、術後、投薬治療などの患者が含まれる。詳細は、上記ACC誌の文献をご参照下さい。
本邦にて初めて認可された、12誘導ワイヤレス、ストレス対応心電計 を用いて、より正確な、この方面でのご研究が開始されることを期待します。
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/duna2/
http://homepage2.nifty.com/medicalteknika/remoterunning12ecgs/
Posted by メディカルテクニカ at 2007年07月26日 16:10
負荷心電図検査において、重要な臨床的データをご案内します。これは、
米国心臓病学会のガイドラインで示され、世界的に評価されたものです。

引用は、March 14 2002 N Engl J Med Vol 346 No 11 793-801
 運動試験による男性の運動限界と生存率
ビクター エフ フロエリヒャ 博士、米国 スタンフォード大学、
心電図負荷試験及びメタボリック指標の父、ACC及びAHAのガイドラインの原案作成者
図解は、縦軸 相対的危険度、横軸 危険度の原因で、
左から、高血圧、慢性的閉塞性肺疾患、糖尿病、喫煙、体脂肪率、コレステロール、

Posted by メタボリック at 2007年09月25日 11:07
12誘導心電図をDICOMに変換するソフトウエア
■医療画像製品
今ご利用の医療機器(例えば心電計など)の出力をDICOM
に自動変換医療画像情報の共有化をお手伝いします
《DICOM》フォーマットへの変換・運用作業が
ストレスなく完結

製品の特徴
操作画面は直感的でわかりやすいインターフェイス採用
≪DICOM≫タッグ情報の簡単入力
スムーズで簡単、連続的な操作が可能
簡易ビューワーの機能搭載
画像のサムネイル表示・拡大・削除が画面操作で可能
複数の≪DICOM≫データをサーバに同時送信
レポートなどのPDF ファイルを≪DICOM≫化し、サーバに
送信が可能モダリティの種類や環境に応じたきめ細かい
カスタマイズ対応
■ サーバー格納
■ ≪DICOM≫をサポートしていない画像のアナログデータ
■ デジタルカメラやフイルムディジタイザなどの画像
■ 様々なデータ形式(BMP やJPEG やTIFF など)画像
■ ≪DICOM≫画像
様々な画像データ
医療機器メーカー・レセプト・電子カルテ会社と医療機関の
ご利用者間の橋渡しを適したDICOM 変換の方法で
お手伝いします。なお、DICOM 以外のシステムも承ります。
※本リーフレットは予告なく変更される場合があります。
Posted by パソコン心電計 at 2007年11月04日 18:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1177970

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。