2009年02月24日

乳幼児からの花粉症予防法(?)

Yahoo!トピックに興味深い記事が載っていました。

子どもを花粉症にしないための9か条(医療介護CBニュース)
 将来、子どもが花粉症で苦しまないようにするためにはどうすればよいか―。理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センターの谷口克センター長が「花粉症にならないための9か条」を紹介した。

 2月23日に横浜市の理研横浜研究所で報道関係者を対象に開かれた「製薬協プレスツアー」(主催=日本製薬工業協会)で、谷口センター長は「スギ花粉症ワクチン開発」と題して講演。この中で、▽生後早期にBCGを接種させる▽幼児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる▽小児期にはなるべく抗生物質を使わない▽猫、犬を家の中で飼育する▽早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす▽適度に不衛生な環境を維持する▽狭い家で、子だくさんの状態で育てる▽農家で育てる▽手や顔を洗う回数を少なくする―の9か条を紹介した。

要するに、交通量が少なく適度に不衛生な環境でヨーグルトを食べるのが良いようです。

当ブログでは、近年の日本人の多くは衛生面で潔癖過ぎるのではないかと主張してきました(主に食の問題に関連してですが)。そういえば、花粉症問題が注目され始めたのは割と最近です。少なくとも私が幼い頃は花粉症という言葉は広く知られていませんでした。ここから先は推測の域を出ませんが、1970年代以降の花粉症患者の増加と、日本人が過剰潔癖になったことは、因果関係があるのかも知れません。
posted by D Slender at 00:00 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。