2009年02月16日

Comment Te Dire Adieu動画

2つ前のエントリでフランスの話題が出たついでということで…

フランスの大衆音楽(日本では「フレンチポップス」と呼ばれます)の中で世界的に最も有名な曲は、「Comment te dire adieu」かも知れません。私はこの曲を戸川純のカバー「さよならをおしえて」(原題の忠実な翻訳のようです)で知りました。先日、ふと思い立ってYouTubeでオリジナルのFrançoise Hardy(フランソワーズ・アルディ)の歌唱動画を探して観てみました。

私はFrançoise Hardyという人を知りませんでしたが、歌手本人も曲のアレンジも実に格好良いではありませんか(もちろん私の主観)。1968年の楽曲ということで、くしくも私の生年と同じです。

名曲だけに、世界各地でカバーされているようです。たとえばスウェーデンの有名なグループABBAのメンバーFridaによるバージョン。

原曲では「サビ(?)」の部分がセリフになっていますが、Fridaバージョンでは前半の該当箇所が歌になっています。

日本人によるカバーもあります。まずはLe3(レ・トレ)というユニット(現在は解散したらしい)によるバージョン。

Jazzyでスタイリッシュなアレンジ。「サビ(?)」の部分は歌になっています。

そして、何といっても1985年の戸川純バージョンを外すわけにはいきません。ちなみに2007年のDS裏紅白ではトリを務めています。

今回改めて聴いてみると、編曲の和声は原曲にかなり忠実だと思います。サビの歌詞も原曲と同様にセリフになっています。にもかかわらず、全くフレンチポップス風に聞こえないところが凄いと思います。おそらく、インパクトや迫力の点では世界一のComment Te Dire Adieuだと思います。
posted by D Slender at 21:48 | ムンバイ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。