2008年11月17日

ユニクロCMなど

とりとめのないエントリでございます。

ユニクロダウンのテレビCMと言えば、例年通好みの音楽を用いることで個人的に定評があります。昨年の工藤慎太郎「願い」はDS裏紅白のトリ前を飾った佳曲でした。

今年は外国語の曲を使っていますが、これまた私のちょっとしたお気に入りになっています。曲名などは不明です。
ユニクロ公式page
このような凝ったハーモニーを持つ音楽は私の好みに合致するのです。

ところで、日本の大衆音楽の中で、和声的な意味で私が最も好きなのは谷山浩子「風になれ〜みどりのために」(1983年)かも知れません。高校生の頃、FMラジオからカセットテープに録ったものを頻繁に聴いていました。昨日たまたまYouTubeで動画を見つけ、懐かしいと思いながら何度もリピートしました。
谷山 浩子 「風になれ〜みどりのために」(YouTube)
サビの「お前の名前を呼」「明日の空を駆け」の部分の和声進行は独創的かつ傑作だと思っています。何度聞いても痺れます。そう言えば、私が昔カセットテープで聴いたバージョンは動画とは異なり、もっとシンセの音を前面に出したアレンジでした。シンセバージョン(?)の方の動画は出回っていないようです。
posted by D Slender at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。