2005年12月16日

仰木彬さん死去

驚きました。つい先日までユニフォームを着てグラウンドに立っていたというのに。体調を理由に監督を退いたわけですが、相当に悪かったのでしょう。

訃報:仰木彬さん70歳=前オリックス監督(毎日新聞)
 福岡県中間市出身。東筑高卒業後、1954年に投手として西鉄に入団。すぐに野手に転向し、名二塁手として名をはせた。67年に現役を引退するまで、通算成績は1328試合に出場し、70本塁打、2割2分9厘の打率を残した。

私は勿論現役選手時代を知りません。客観的に見ても、この方のキャリアの真骨頂は監督時代ではないでしょうか。
 現役引退後は、西鉄で2年間、コーチを務めた後、三原脩・近鉄監督(当時)の要請を受けて70年に近鉄入り。5人の監督の下で18年間、コーチを務め、87年オフに監督に就任。「トルネード投法」の野茂英雄投手(元ドジャース)らを育てた。89年にリーグ初優勝を飾ったが、巨人との日本シリーズでは3連勝後の4連敗。92年に勇退した。

仰木さんが近鉄監督の時代、私は森西武のファンでした。ですから、私にとって仰木さんは“敵将”だったわけですが、これほど手強い敵将はパ・リーグには居ませんでした。采配は“仰木マジック”と呼ばれることもありましたが、一見意表を突いているように見えて、実は選手の能力を正確に把握し、適材適所で使っていただけではないかと思います。後年、オリックス監督時代にイチローを積極的に使って見事に開花させたのが一つの証拠です。
 94年にオリックス監督に就任すると、振り子打法の鈴木一朗外野手を見いだし、登録名を「イチロー」として開花させた。96年には、長嶋・巨人を破って日本一に輝き、01年に勇退した。

 04年に野球殿堂入り。がんとの闘病生活を克服し、昨年オフ、近鉄と合併した新生オリックスの監督を引き受け、球界史上最年長監督に。今季の成績は4位。体調を理由に今オフ、監督を退き、シニアアドバイザーに就任した。監督通算成績は988勝815敗53分。

監督勝率.548は、300試合以上の監督としては総合14位。勿論良い方です。たとえば長嶋茂雄氏や王貞治氏よりも(現時点では)上。滅多に大負けしなかった印象があります。

1980〜90年代のパ・リーグを盛り上げた大功労者。パ・リーグファンの一人として、心から冥福をお祈り申し上げます。

【参考サイト】監督勝率(プロ野球データライブラリー)


posted by D Slender at 01:33 | ムンバイ 🌁 | Comment(1) | TrackBack(2) | 運動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼致します。
私は「e-アフィリ」と言うサイトの運営者で御座います。
現在「e-アフィリ」のアフィリエイトプログラムに参加してくれる方を探しているのですが、まだバナー登録が少ないので、すみませんがもし宜しければこちらのバナーを登録していただけないでしょうか。アクセス数はかなりありますので、ネットサーフィンの足止め役としてもご利用頂けますよ。
是非一度覗いて見て下さいね。では失礼致しました。
Posted by e-アフィリ at 2005年12月16日 05:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

仰木彬さん、死去
Excerpt: 私も深夜のニュースで知りました。心からご冥福をお祈りします。
Weblog: 電波で GO!
Tracked: 2005-12-16 03:52

仰木彬さん天国へ
Excerpt: 近鉄バッファローズやオリックスなどで監督を務め 仰木マジックと呼ばれた仰木彬さんが昨夜に死去した
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-12-16 11:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。