2008年06月24日

難病に7疾患追加

幼い頃,一番の愛読書が「家庭の医学」だった私にとっては見逃せないニュースです。

難病:7疾患を追加指定 HAMや魚鱗癬など 厚労省(毎日新聞)
 厚生労働省は23日、国が研究予算を出している難病(難治性疾患)の対象に、来年度から「HTLV−1関連脊髄(せきずい)症(HAM)」や「先天性魚鱗癬(ぎょりんせん)様紅皮症」など7疾患を追加することを決めた。難病は過去10年で5疾患しか追加されていないが、既存の研究班が類似疾患を取り込んで大幅な増加につなげた。

 難病に指定されると、画期的な診断法や治療法の開発、大規模な臨床研究が公費で可能になる。特に治療が難しく患者側の負担が重いとされる「特定疾患」に指定されれば、国と自治体の治療費助成を受けられる。現在の対象はパーキンソン病など123疾患。

 新たに指定されるのはHAM(患者約1400人)、魚鱗癬(150〜300人)のほか▽下垂体機能低下症(約7000人)▽クッシング病(約1000人)▽先端巨大症(約1万人)▽原発性側索硬化症(約150人)▽有棘(ゆうきょく)赤血球舞踏病(約100人)。


私が幼い頃の「家庭の医学」では,「先端巨大症」は「末端肥大症」と呼ばれていました。いまは「先端巨大症」の方がメジャーな呼称なのでしょうか。

なお,現行の123個の難治性疾患と45個の特定疾患に関しては,難病情報センターのサイトが詳しいと思います。
posted by D Slender at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学・教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。