2008年06月15日

駅社員

先日紹介した南武線運休予告ポスターの右下に書かれていた文面が目に留まったので,クローズアップ撮影してみました。

詳しくは駅社員におたずねください
「詳しくはJR東日本の駅社員におたずねください」と書かれています。どうやら現在のJR東日本では駅に勤務する職員を公式に「駅社員」と呼んでいるようです。

国鉄時代は「駅員」と呼ばれていたと記憶しています。その後「駅係員」の時代もあったはずです。現在でもJR以外の鉄道会社では「駅係員」のところが多いのではないでしょうか。

マスメディアや一般人の日常会話では現在でも「駅員」を用いることが多いようですが,言葉の変化に敏感かつ柔軟な当ブログでは,今後はJRの駅務正職員のことを「駅社員」と表記することにします。よろしくお願いします。

JRが「駅係員」ではなく「駅社員」を用いるようになった理由は何でしょうか? 以下は勝手な推測ですが,非正規雇用職員である指定席券売機案内係員やグリーンアテンダントなどと区別するためではないでしょうか。それならば一応合理的な理由だと思います。


posted by D Slender at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。